成海璃子×北乃きい、対照的な役を演じたふたりは実際も対照的? / 2010年04月23日(金)
成海璃子と北乃きい。実力派ティーン女優のふたりが対照的な女子高生役で共演する『武士道シックスティーン』が、4月24日(土)から公開される。幼い頃から剣道一筋で、休み時間には鉄アレイ片手に宮本武蔵の「五輪書」を読む磯山香織と、「剣道は楽しむのがモットー」のお気楽少女・西荻早苗。まさに“剛”と“柔”のふたりが、剣道を通して友情を育みながら成長していく王道の青春映画だ。

【写真】因縁の2人がついに対決?剣道シーンに大興奮

だが、これほどタイプの違う女の子同士の間に、果たして友情は成立するのだろうか? と香織を演じた成海に疑問をぶつけると、「私はあんまり友達がいないので(笑)。でも、こういう相手には(タイプに関係なく)なかなか出会えないんじゃないでしょうか」と困惑気味。そこへ年長の北乃が「やっぱり、この年代だからじゃないですか?」と助け舟を出した。

「大人になると“類友”みたいになっちゃいますが、高校生はクラスの中だけでお友達を作っていくわけだから。狭い世界の中でキャラクターの違う者同士がくっついても、普通って気がする。演じていても違和感なかったです」。対照的なふたりの間に芽生えた友情は、“青春時代”の特権というわけだ。

ふたりの友情について、成海が付け加える。「最初は西荻が磯山を追いかけますが、途中で逆転して、磯山が西荻を追いかける。それで磯山が変わっていく。そこが面白いですよね」。そうなのだ。剛と柔。ふたりの性格が正反対なだけに、友情にもどこか男女の恋愛に近い甘酸っぱさが漂う。ラブストーリーとして楽しむ見方もできる映画というわけ。

また、友情とともにポイントとなるのが、剣道。「部活みたいで、お芝居をしている意識があまりなかった。会場も体育館を使ったりと、リアルでしたから」と北乃は振り返る。常に部員たちの輪の中にいる早苗に対して、香織は先輩といえどもライバル心むき出しだ。演じた成海も「撮影中は磯山でいることで精一杯で、全然楽しい現場じゃなかったです。周り全員対自分、って思ってました」と一匹狼の剣道部員になりきっていた。

そんな彼女は、5月15日から公開される『書道ガールズ!! わたしたちの甲子園』にも主演している。このところ、若い世代が日本古来の伝統的なものに関心を持ち始めている気がするが。「どうなんでしょう? 現場では、剣道とか日本の伝統なんて考える余裕がなかったですから」。

すると、「私はくノ一になりたかったです」と北乃が引き継いだ。「お父さんが空手をやってたんで、小さい頃から武道に親しんでいたんですよ。私はバレエを習ってたんですけど、本当は極真空手の方をやりたかったくらい。だから剣道も、たまにやりたくなりますよ」。まさに、取材の応対も役柄どおり剛と柔。対照的なふたりだった。【取材・文/外山真也】

【4月23日10時7分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000005-mvwalk-movi
 
   
Posted at 10:18/ この記事のURL
こだわりの銃器を見よ!『メトロ2033』解説付きプレイムービー公開 / 2010年04月23日(金)
スパイクは、2010年5月13日(木)に発売を予定しているXbox360ソフト『メトロ2033』の解説つきプレイムービーを公開しました。

画像4枚:『メトロ2033』

今回公開されたプレイムービーは公式サイトにて配信中。テロップにて解説が行われており、再生時間はおよそ12分。もちろん実際にゲームをプレイしている映像です。

クリップボードや武器の解説から始まり、薄暗い通路で照明を消しながらのの隠密活動、さらにはグレネードで敵を木っ端微塵にしたり、マシンガンで強引に突入したりといった、臨場感溢れる内容となっています。銃器などに関するこだわりが印象的です。ぜひご覧になってください。

『メトロ2033』は、2010年5月13日発売予定。価格は7,770円(税込)です。

(C) THQ Inc. Developed by 4A Games. 4A Games Limited and their respective logo are trademarks of 4A Games Limited. Metro 2033 is based on a book by Dmitry Glukhovskiy. THQ and the THQ logo are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All Rights Reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. Marketed and distributed in Japan by Spike.

【4月23日9時15分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000001-isd-game
 
   
Posted at 10:17/ この記事のURL
次世代iPhoneの中身はこんなでした(詳細分解写真) / 2010年04月23日(金)
次世代iPhone、分解してみました。


【次世代iPhoneの中身はこんなでした(詳細分解写真)】


解剖してみて、いろいろと有意義な発見ができました。一番の発見は、やっぱりこれはアップルが作ったものだ、と確認できたことです。ケース内に3ヵ所、アップルロゴがはっきり確認できました。

底のふたつのネジを外すとiPhone 3GSと同じように、吸盤を使って背面のパネルを取り外すことができます。iFixitがiPhone 3GSを分解したように前面からではないです。開けるとバッテリーが全体の50パーセントを占めていることがわかります。

中を見ていくとさらにややこしいことになります。合わせて40〜50本のネジがあり、いろんな角度ではまっているのですごく外しにくいです。部品同士がパズルのように密接に組み合わさっています。

組み合った部品がいくつもあるのですが、どれは外して良くて、どれはダメか、マニュアルがないのでわかりません。ネジを全部外して、micro-SIMやカメラ、オン・オフスイッチ、ボリュームボタン関係の部品を外すと、次世代iPhoneの頭脳に迫る準備ができました。

メインのロジックボードは、とても謎です。ドックコネクターのそばに大きなロジックボードがあったiPhone 3GSに比べるとサイズは3分の1くらいで、外側にひとつふたつパーツが付いています。基本的に、ドラスティックに小さくなりました。

残念ながら、アップルはこの部分を秘密にしたいようです。ボードには何のマークもありません。さらに、ボードはすっぽり金属に覆われていて、壊さない限り分解はできなさそうです。このパーツを取り外したら回復不可能になりそうです。この金属の上にはサーマルペーストみたいなのが付いていて、その上には黒いテープが貼ってあります。アップルは本当に中を見られたくないようです。

回復不可能になるのを避けたかったので、この部品をさらに分解することはやめました。なので、これが壊さないで分解できる限界です。そしてこのためにA4プロセッサを(iPad同様)使っているかどうかを確認できませんでした。また、他の多くの部品に関しても、金属の中にあるために確認できませんでした。

中身を確認したら、あとはスクリーンです。スクリーンの背面(内側)は鏡状になっていて、気をつけて扱わないと、背面からスクリーンを傷つけそうです。CDみたいな感じです。

マイクロSIMカードを使っていることでもわかりますが、これはVerizonの電話ではないのははっきりしています。だからといってVerizonが今後iPhone端末を出さないということにはなりませんが、今回入手されたものがVerizon向けではないのは確かです。

バッテリーはケースを開けなければ、取り出すことはできません。


今回の解剖でわかったことがふたつあります。ひとつは、中身が複雑なパズルのようになっていることです。つまり、最終製品と同じように組み立てられたものと考えられます。このケースの中に余分なスペースはありませんでした。ケース自体をもっと大きくしない限り、おそらくはこの形が、これから発売される次世代iPhoneでしょう。

アップルは全ての部品をここに入れてテストし、実際に使えるかを確認したのでしょう。ただ、最後の最後で、アップルが部品を取り除く可能性はあります。契約関係とか、製造上の問題とか、コストとか、理由はいろいろありえます。

ふたつめに、アップルは次世代iPhoneのパーツを本当に小さくしたということです。全体はiPhone 3GSより3グラムほど重いかもしれませんが、バッテリーは19パーセント大きいのです。つまり、他の部品は全て、小さなケースに収まるように小さくなっているのです。

このバラバラの部品を元に戻して組み立てていて、中国の工場で1日中これをやっている皆さんに、なんだか申し訳ない気持ちになりました...。


Jason Chen(miho)

【4月22日16時0分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000308-giz-ent
 
   
Posted at 10:15/ この記事のURL
自動ブレーキで衝突を回避、スバル レガシィに搭載 / 2010年04月23日(金)
 富士重工業(スバル)は4月22日、ステレオカメラを用いて衝突回避や自動走行を行う運転支援システム「新型EyeSight(アイサイト)」を発表した。5月中旬に発売予定のスバル レガシィに搭載する(非搭載車両との価格差は10万円程度)。

【拡大画像や画像認識イメージの紹介画像】

 新型EyeSightで追加された機能は、「プリクラッシュブレーキ」「プリクラッシュブレーキアシスト」「全車速追従機能付きクルーズコントロール」の3つ。既存の機能と合わせて8つとなる。

 プリクラッシュブレーキ機能は、先行車や前方障害物との距離が一定の車間距離より短くなると警告を発し、ドライバーの回避操作がない場合には自動的に減速して衝突の回避、被害を軽減を図る。自車と対象物の速度差が時速30キロ以下の場合、自動ブレーキによって制動がかかる。

 一方、プリクラッシュブレーキアシスト機能は、先行車や前方障害物に衝突する危険性や、ドライバーの急ブレーキ操作を感知した場合に、自動的にブレーキアシスト機能が働くものだ。

 新型EyeSightでは、渋滞状況では難しかった低速度域の追従走行(全車速追従機能付きクルーズコントロール)が可能になった。これは、従来0.25G(重力加速度)だった自動ブレーキの最大減速度を0.4Gに強化した結果で、先行車が大きく減速することがある都心部の自動車専用道路でも対応できるという。例えば、先行車が止まりかけた場合は、それに応じて減速し、先行車が止まらず再加速した場合は追従、止まった場合は自動的に停止する。

 EyeSightは、2008年にレガシィ(3代目)に搭載したプリクラッシュセーフティ(衝突被害軽減)システム。他社がミリ波レーダーを使うのに対して、スバルは2つのカメラ(ステレオカメラユニット)を用いる。スバルでは、1999年にEyeSightの前身となるステレオ画像センサーを用いた運転支援システムを商品化。新型EyeSightは数えて5世代目となる。

 ステレオカメラの画角は前方25度、1秒間に30枚の画像を処理する。35センチ間隔の左右のカメラの視差により、近いものほどズレが大きく、遠いものほど小さくなる特性を利用している。

 映像を利用するため、画角外からの飛び出しや悪天候など、カメラ撮影できない状況では性能が発揮できないこともある。スバルの担当者によると、「夜間の場合、前走車のテールライトや、ヘッドライト、街灯などで浮かび上がったシルエットなどは認識可能。ナイトビジョン化はコストとの兼ね合いで検討したい」とのこと。

 ステレオカメラ映像を利用する理由について、常務執行役員でスバル技術本部長の宮脇基寿氏は、「人間をサポートできるのは、人間の目と同様の仕組みのステレオカメラではないかというところから開発が始まった。新型EyeSightでは、レーダーセンサーでは認識できない歩行者や自転車の動きも感知できる」という。

 スバルの安全性能の追求は「視界が安全の基本としてスタートし、走りを極めれば安全になるとしてABS(アンチロックブレーキシステム)を国産AWD車で初めて導入するなど、先進的な取り組みを行ってきた」(同氏)。今後は、周囲の状況だけでなくドライバーの状況も適切に把握し、安全な走行を支援する知能化技術の研究を進める方針だ。【岡田大助】

【4月23日8時47分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000005-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 10:13/ この記事のURL
バンコク中心部で連続爆発、少なくとも3人死亡 / 2010年04月23日(金)
バンコク(CNN) タイの首都バンコクの中心部で22日夜、複数の手投げ弾による爆発があり、ステープ副首相によると3人が死亡した。地元救急当局によると、負傷者は50人以上に上った。

爆発を受け、アピシット首相は政府高官らを集めて緊急会合を開いた。現場は、市内を走る鉄道の高架駅付近。手投げ弾3発が駅の屋根を直撃し、少なくとも1発が付近のホテルに着弾したとみられる。

駅の近くには、市内で反政府運動を続けるタクシン元首相派「反独裁民主統一戦線(UDD)」の拠点がある。ステープ副首相はCNNに、手投げ弾はこの拠点から投げ込まれたと述べた。現場には、すでに展開していた国軍部隊に加え、機動隊やヘリコプターが出動しているという。

一方、UDD側は爆発への関与を一切否定している。ものものしいバリケードを横目に、デモ参加者らは音楽を流し続けるなどして「平和的な運動」を演出している。

UDDはアピシット首相に、議会の即時解散と総選挙の実施を要求している。今月に入って起きたデモ隊と治安部隊の衝突による死者は、二十数人に上っている。UDDが市内の金融街で大規模デモを計画したことを受け、国軍は19日、約1500人の部隊を配置し、警戒態勢を強化していた。

【4月23日9時33分配信 CNN.co.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000000-cnn-int
 
   
Posted at 10:12/ この記事のURL
アルパイン、宇佐美専務が社長に就任 / 2010年04月23日(金)
アルパインは22日、宇佐美徹専務が社長に就任する人事を内定したと発表した。6月下旬開催の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

石黒征三社長は代表権を持つ会長に就任する。経営層の若返りとともに、代表取締役を2人体制とし、経営のスピードアップと企業体質の強化を図る。

宇佐美氏は東京電機大学卒業後、1974年にアルプス電気に入社、1991年にアルパインの第一国際部長、2004年に取締役、2008年に常務、2009年に専務に就任した。59歳。

《レスポンス 編集部》

【4月23日8時30分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000003-rps-peo
 
   
Posted at 10:10/ この記事のURL
グーグル、プロセッサ開発の新興企業アグニラックスを買収――クラウド・サーバ向け開発のため? / 2010年04月23日(金)
 米国Googleはプロセッサ技術を手がける新興企業、Agniluxを買収した。同社には、2008年にAppleに買収されたチップ設計のPA Semiや、Cisco Systemsの元幹部たちが名を連ねている。

【関連画像を含む詳細記事】

 近年積極的な買収戦略を進めるGoogleだが、買収の第一報はThomson Reuters傘下の未公開株式情報サイト、peHUBで報じられた。Google側もAgniluxを買収したことは認めたが、詳細は何も明らかにされていない。

 低電力チップ設計を手がけていた米国PA Semiは2008年、Appleに約2億8,000万ドルで買収された。その技術は、現在人気の「iPad」が搭載している「A4」プロセッサに採用されていると言われる。

 しかし、今年2月にNew York Timesのブログに掲載された記事によると、その後多くの元PA SemiがAppleを離れ、新たにAgniluxを設立した。例えば、PA Semiで販売と事業開発を担当していたアマージット・ジル(Amarjit Gill)氏は、SNSサイトのLinkedInで自らを「Agnilux創業者」と名のっている。また、PA Semiでハードウェア&システム・アーキテクト担当副社長を務め、Appleでディレクター職にあったマーク・ハイター(Mark Hayter)氏は、Agniluxの「システム・アーキテクト兼COO」だとしている。

 さらにNew York Timesの記事では、Agniluxの取締役会のメンバーとして、Ciscoの元従業員も複数名加わっていると指摘されている。Ciscoの元副社長で、ネットワーク業界のベテランであるジョン・ウェーカーリー(John Wakerly)氏も、LinkedInに「Agnilux共同創業者」という肩書きを掲載している。

 GoogleがAgniluxを買収した理由について、「Nexus One」の後継モデルとなるスマートフォン向け技術開発ではなく、電力効率の高いクラウド・サービス運用向けサーバを開発するためだとする指摘が出ている。

 モバイル・デバイス関連メディアのRethink Wirelessは、次のような論評記事を掲載している。「Agniluxは、Intelなどの(サーバ向け)プラットフォームではなく、ARMアーキテクチャをベースとした巨大クラウド・サーバ・アーキテクチャの実現を目指すだろう。クラウド・サーバ分野は高い将来性を秘めている」。

(Network World米国版スタッフ)

【4月22日21時39分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000005-cwj-sci
 
   
Posted at 10:08/ この記事のURL
全モデルにテレビ機能を盛り込んだフォトスタンド型PC――「VALUESTAR N」 / 2010年04月23日(金)
 NECの個人向けデスクトップPC「VALUESTAR」シリーズにおいて、主力機種となるのが液晶一体型の「VALUESTAR N」だ。画面解像度1600×900ドット(WXGA++)の20型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、本体厚が約6センチ(設置時の奥行きは約16.9センチ)のスリムなフォトスタンド型ボディを採用する。

【拡大画像や他の画像】 【表:VALUESTAR Nシリーズ店頭モデルの概要】

 2010年夏モデルは、エントリー向けの液晶一体型PC「VALUESTAR E」シリーズを統合することでラインアップを拡充。ボディデザインとPCアーキテクチャを2010年春モデルから継承する一方、全モデルに地上デジタルテレビチューナーを内蔵し、SDXCメモリーカード対応(UHS-Iは非対応)のカードスロットを新設するなど、仕様の底上げが行われた。また、プリインストールOSはWindows 7 Home Premiumの32ビット版から64ビット版に変更している。

 製品ラインアップと予想実売価格は、Core i5-430M(2.26GHz/最大2.53GHz)と1TバイトHDD(7200rpm)、Blu-ray Discドライブを装備した最上位機「VN770/AS6」が19万円前後、Core i3-350M(2.26GHz)と1TバイトHDD(5400rpm)、DVDスーパーマルチドライブ搭載の中位機「VN570/AS6」が16万5000円前後、Celeron P4500(1.86GHz)と500GバイトHDD(7200rpm)、DVDスーパーマルチドライブを備えたVALUESTAR E後継という位置付けの下位機「VN370/AS6」が14万5000円前後だ。2010年春モデルと比較した場合、OSの64ビット化に伴い最大メモリ容量が8Gバイトに増えたほか、VN570/AS6はCPUとHDDが強化された。

 それぞれにクランベリーレッド、ファインブラック、パールホワイトの3色のカラーバリエーションが用意されるため、製品ラインアップは合計9モデルとなる。発売日はいずれも4月28日の予定だ。各モデルには本体と同色のワイヤレスキーボード/マウスが付属する。

 テレビ視聴・録画・管理ソフトの「SmartVision」は、録画番組をケータイに転送して視聴できる「外でもVIDEO」機能にSD画質(640×480ドット)モードを追加したほか、音声付きの早見再生やスロー再生が行える「きこえる変速再生」、本編とCMの間に自動でチャプターを打つ「オートチャプター」といった機能が利用可能になった。

 なお、NEC Direct限定のWeb直販モデル「VALUESTAR G タイプN」では、テレビ機能として、地上/BS/100度CSデジタル放送対応のダブルテレビチューナーを選択することもできる。

【4月23日1時25分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000001-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 10:07/ この記事のURL
複数のサイボウズ製品に、未登録の携帯電話からアクセスされる脆弱性(IPA/ISEC) / 2010年04月23日(金)
独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は4月20日、複数のサイボウズ製品に脆弱性が存在することが確認されたとして、注意喚起を発表した。この脆弱性が存在するのは、サイボウズ株式会社が提供する「サイボウズOffice 7 ケータイ」および「サイボウズ ドットセールス」。これらは、企業内での利用を想定したグループウェア等のソフトウェア。

これら複数のサイボウズ製品には、登録した携帯電話以外から、その携帯電話になりすましてアクセスできてしまう脆弱性がある。この脆弱性が悪用されると、サイボウズ製品に保存されている個人情報が悪意あるユーザに漏えいしたり、書き換えられる可能性がある。サイボウズではこの脆弱性に対し、IPアドレス制限を行う、「サイボウズ Office 8」にバージョンアップするといった対策情報を公開している。


【関連リンク】
情報処理推進機構 複数のサイボウズ製品におけるセキュリティ上の弱点(脆弱性)の注意喚起
サイボウズ製品の脆弱性について 「簡単ログイン」機能の脆弱性【CY10-04-001】 4月22日16時16分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000002-vgb-secu
 
   
Posted at 10:05/ この記事のURL
ASスポーツカート:MIHAMAシリーズ第2戦を前にウエイトに対するハンデを調整 / 2010年04月23日(金)
 オートスポーツMIHAMAスポーツカートシリーズは5月22日に第2戦を迎えるが、4月22日のエントリー受付開始を機にハンディキャップの調整が行われ、公式サイトスポーツカート情報局にて発表された。このハンデ調整は多くの参加者が耐久レースを楽しみつつ、好バトルが期待できるように、MIHAMAサーキットの特性を考えたものとなっている。

 趣味で楽しむことをコンセプトとして行われるオートスポーツ スポーツカートシリーズ(ASシリーズ)は、「コストをかけずにレースをエンジョイ」できるよう、勝つために手段を選ばないようなスタイルでの参加をブロックすることを目的として規則を制定。初年度の2009年は東日本、西日本ふたつのシリーズで全9戦が行われ、多くのエントラントで賑わっていた。

 MIHAMAシリーズは昨年のプレシーズンマッチを経て、今季よりシリーズ戦となった。3月に行われた開幕戦では、AS東日本シリーズをベースとした共通規則を基に、各チーム員の体重、年齢に応じたドライバーストップ回数を設定。
 ただ、MIHAMAサーキットは長い登りのメインストレートがあるため、ドライバーの体重によるスピードの差が大きい反面、2時間が基本となっているレース時間では、1回のピットストップの影響が大きいことから、より実情に合わせたハンディキャップストップ(ドライバー交代)回数をサーキットが算出し決定した。

 あわせて、参加者がカートを用意して出場するGT1クラスの車両規定も変更。前戦出場チームのマシンの状態を確認、またヒアリングを行った結果、マフラーの交換を不可として、交換パーツによる競争に歯止めをかけ、さらにハンディキャップストップとの関連で、GT1クラスの車両重量を出場選手の平均体重との合算して150kg以上となるようにした。

AS MIHAMAシリーズ第2戦からの規則変更点(公式サイト「スポーツカート情報局」www.sportkart.infoより)
☆GT2クラス ハンデピットストップ(ドライバー交代)回数
チーム全員の体重の平均値から下記回数のドライバー交代を義務付け
平均体重 70kg以上 → ピット回数 4回以上
平均体重 65〜70kg未満 → ピット回数 5回以上
平均体重 60〜65kg未満 → ピット回数 6回以上
平均体重 55〜60kg未満 → ピット回数 7回以上
平均体重 55kg未満 → ピット回数 8回以上

※ドライバーの年齢によって体重は計測値に以下の数値を加える
50歳以上→5kgプラス
60歳以上→15kgプラス
70歳以上→30kgプラス

☆GT1クラス ハンデピットストップ(ドライバー交代)回数
ドライバー交代回数は5回とし、ドライバーの平均体重+車両重量=150kg以上をクリアするように車両重量を設定。

★両クラスとも計量したドライバーは決勝中、最低10分以上の走行を義務付け

☆GT1マシン改造範囲
マフラーはノーマルのみ
車両重量は、ドライバーの平均体重+車両重量=150kg以上となること。重量が満たない場合はバラストなどで調整

[オートスポーツweb 2010年4月22日] 4月22日21時13分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100422-00000004-rcg-moto
 
   
Posted at 10:04/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!