階段落ち&ちょっと腐女子っぽい話。

July 09 [Sat], 2011, 7:12
昨日。地元の駅の階段で、落下正座のまま6段ほど滑り落ち、両足に打撲怪我をしました。現在、地元の駅は、下りエスカレーターを、節電対策の為、止めているのですね。だから、階段で下りていたのですが。飛蚊症で、目がワヤになっている人間に、薄暗い節電の為ね駅は、凶器と知る。てっきり、次に1段あると思ったら、そこは、ちょっと踊り場風になっている広めの階段だった為、勢い余ってすっころび、正座のまま6段一気に滑り落ちましたなのに、誰も大丈夫ですかと声はかけない、流石、東京砂漠まぁ、骨が折れなかっただけ良かったよねってやですよね。叔母は、コレで骨折ったし。って、骨折れてないよね病院に行ったワケじゃないから、折れてるのかハッキリ知らんのだが現在、打撲の部分は腫れてあざになっております。擦り傷もバリバリ沢山。痛い。節電で、薄暗い場所は、皆さんもお気を付け下さい。特に、目が悪い人は、何なら、杖持っていた方が安全かも知れんです。私、今、ガチで杖買おうと思ってます。RAKEだったかなって言うミュージシャンがアルバムを出し、そのCMにサンドウィッチマンが出ているんですね。その設定が謎なのです。サンドの2人と、23歳くらいの子供がいるんですが。アレは、サンドの2人はパパ友って言う設定なのそれとも、2人の間の子供なのだとしたら、どっちが生んだの生んだとしたら、伊達さんよねオイジョイサウンドのくるりの赤い電車のカラオケ映像以来の、頭の中にが沢山く映像です。パパ友にしちゃ、何か、仲睦まじさが半端じゃないし。あの2人の関係は何なのだBGMが万回のILOEYOって言う辺りも、私の脳内のを増やします。いや、アルバムの中に入ってて、メジャーな曲がコレだからってコトなのだろうとは思うのですがサ。無駄に可愛いサンドウィッチマンの2人が堪能出来るので2人が、公園の遊具で遊んだりする、私としては満足ですが。あと、腐女子的に有難うと。あれ作ったCMディレクターの人に真意を問いたい気はします。因みに。くるりの赤い電車は、おそらく、ジョイサウンドだと思うんですが、私、この歌CD持ってるくらい好きで、ずっと東京に住んでる女の子彼女に、遠距離恋愛中の男の子彼氏が会いに来る歌だと思っていたんですよ。でね。カラオケで唄ったら、映像がね。どっちも男の子だったんだよ。東京にいる方も、赤い電車に乗って君住む町へ来た子も、どっちも男の子だったんだよ。私の頭の中状態です。何ですか、コレは君住む町の君って、男の子だったんですかなんすか、この2人の関係は何彼氏なの彼女じゃなくて、彼氏なの何なの唄う人間が腐女子だと、この映像流れるとか、そういう仕組みなのと。でも、家帰って聴いてみたら、確かに、君が女の子か男の子かは言ってないんだよね。来た方は僕って言ってるから男の子なんだろうなぁとは思うケド。男の子が男の子に会いに来た歌なんでしょうかまぁ、それでも良いっちゃ良いですが。因みに、さんには友達かも知れないよ。と言われた。なるほどと思うも、それにしては、彼、会うの待ち焦がれすぎだと思うが笑赤い電車に乗っかって、君住む町へ行くんだね赤い電車は、羽田から、君住む町へ、ひとっとび余談だが。赤い電車は唄いだす、ファソラシドレミファソって言う部分が大好きです。ドレミファインバーターよね。発車する時、ファソラシドレミファソと唄うのです。あれ、どうしても聴いちゃう。何でも、どうやっても音が出ちゃうから、それなら音階けちゃえって、開発者がドイツのメーカーだったかな作ったらしいのだが。更に余談。赤い電車京浜急行のCM。くりぃむしちゅーがやっていたのだが、テレパシーで話してみたり、何だかこっちも、やたら、BLっぽい作りになっていた。何故に好きだったケドね。くりぃむ、確かに2人でテレパシーで話しそうだもんな。松尾スズキ氏が、コラムでガイリッチー版のシャーロックホームズを見たけど、ホームズとワトスンのBLにしか思えなかったと書いてあったのに爆笑しました。松尾さん。大丈夫。殆どの人、そう見えてたみたいだから。てか、ジュードロウに至っては、三角関係のもりで演じていたらしい。だから、あながち間違ってもなかったようです。おそらく、原作ホームズのワトスンにのみツンデレの部分を拡大解釈すると、そうなるってコトなんじゃないのかなぁ。でも、原作ホームズ、あそこまで、女性に酷いコトしないやいっって思っちゃったケドさと同時に、BLボーイズラブと言う言葉は、もう一般名詞になってしまったんだなとも思います。ヲタ用語だったのにサ。松尾さんは、漫画アニメ好きだケド、BLは知らなかったと思うもの。コミケは知ってたみたいですが普通にBLコントとか言うモンね。何だろう。認知されたなと思う反面、本来は、もっと隠されてるべきモだったんじゃないかなと思うと同時に、そればかりではなく、本当は、同性愛文学やら、映画なども、ちゃんとBL読み書きする人は、入れておくべきで、それを、本来は出版社はちゃんと担うべきだったよなとも思います。BL読む人の、どれくらいが、前衛歌人の塚本邦雄の男色短歌を知っているだろう赤江瀑の男色小説を知っているだろう稲垣足穂の少年愛小説を知っているだろうと思ってしまう。分かりやすい方、売れる方に流れるのは、資本主義を考えたら仕方のないコトなんだケドね。それでも、もっとやりかたあったはずなのになって思うんだ。私はとりあえず、どっちも読むし、どっちも好きでありたいなぁと思っています。ハイカルチャーもザブカルチャーも、どっちもあって、カルチャー文化だもんねっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wjfbq5plug
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wjfbq5plug/index1_0.rdf