プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wjakalnlergngx
読者になる
2010年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
AMD、クラウド・サーバ向けプロセッサ「Opteron 4100」を発表 / 2010年06月24日(木)
 米国AMD(Advanced Micro Devices)は6月23日、クラウド・コンピューティング・サーバ向けプロセッサ「Opteron 4100」シリーズを発表した。最安モデルは99ドル(1000個ロット時)だ。

【関連画像を含む詳細記事】

 Opteron 4100は「Lisbon」の開発コード名で知られていた製品で、4コア・モデルが2種類、6コア・モデルが7種類用意されている。従来製品と比べて「消費電力は少ないが、同等のパフォーマンスを発揮する」と、AMDのシニア・プロダクト・マネジャー、ブレント・カービー(Brent Kerby)氏は述べている。

 Opteron 4100シリーズで最も安い99ドルのモデルは、「Opteron 4122」。AMDのサーバ・プロセッサが1000ドルを切るのはこれが初めてだ。Opteron 4122は4コアで、クロック周波数は2.2GHz、総キャッシュ容量が8.6MB、消費電力は75ワット。AMDと競合する米国Intelの6月20日付けのプロセッサ価格表によると、Intelの最安のサーバ・プロセッサは167ドルとなっている。

 業界では、簡単かつすばやくパフォーマンスを向上させるために、安価なプロセッサを搭載したクラウド・コンピューティング・サーバを多数使用する傾向が進んでいると、Gabriel Consulting Groupの主席アナリスト、ダン・オールズ(Dan Olds)氏は指摘する。
 「現在では、安価な低消費電力プロセッサを大量に使い、効果的に作業ができるかが焦点となっている」(オールズ氏)

 99ドルで4コアのOpteron 4122は、「Atomプロセッサよりも消費電力が多いが、はるかに高速に動作する」(オールズ氏)。安価なOpteronプロセッサを搭載した従来型サーバのほうが、特殊なサーバよりもスケールアウト環境に適しているかどうかは、まだ答えが出ていない。

 Opteron 4100は、発表と同時に世界中で出荷された。AMDによると、台湾のAcer、米国Dell、米国Hewlett-Packard(HP)などのサーバ・メーカーが、近いうちにOpteron 4100を搭載したサーバを発表する見込みとのことだ。

(Agam Shah/IDG News Serviceニューヨーク支局)

AMD、「Fusion」プロセッサのデモを初披露
AMDのデスクトップ向け6コアCPU「Phenom II X6」の仕様が流出
AMD、12コアのサーバ向け新型CPU「AMD Opteron 6000 Series」を発表
AMDが本格復活を果たすには新市場の開拓が必要――アナリスト
HP、ワークステーションに6コアOpteron搭載モデルを追加 6月24日17時42分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100624-00000003-cwj-sci
 
   
Posted at 18:35/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!