円高

June 05 [Fri], 2015, 22:47
景気低迷の一因としてこの長きに渡る「円高」が影響していると考えられます。
米国の景気低迷が回復してくれば当然この円高傾向も治まってくると思います。
円高状態が続くことはとても危険な状態なのです。
2011年9月上旬で1ドルが約77円という円高水準になっています。
これは日本企業が想定したいたものを大幅に上回っています。
日本経済にとってはよくない状況です。
中長期的に見ていくとそのうち円安がやってくると思います。
しかもかなり怖い状況の中で円安を迎えることになると思います。

現在の米国の景気が底をうって景気が上昇してきたとき、あるいは欧州においても危機的な状況が少し安定してきたとき、世界中の投資家が日本の財政赤字について問題の焦点を合わせてくることが考えられます。
このとき日本の政府が財政を健全化することや景気回復をさせることができないと世界中の投資家が一斉に円を売りに出してしまう可能性があります。
円安によって短期的に日本経済を回復させることができますが、財政の健全化のメドがある程度見えないと円を売られ過ぎてしまって危険な状況になります。
これによって金利が上昇して日本の財政がさらに悪化してしまうことになるのです。
ですから円安に反転したら、それが相場を戻すことができる「いい円安」なのか円がたくさん売られてしまう「悪い円安」なのか判断しなければいけません。
政府はこういった状況を見据えて、的確な状況判断をして乗り切っていかなければいけないのです。


パコパコママ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みほwiyubw3g
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wiyubw3g/index1_0.rdf