七歩 〜ご無沙汰!〜 

2006年10月17日(火) 22時42分
時は10月半ば。
銀杏がにおい始め、葉は色づき、日が沈むのが早く、朝晩は冷えるようになってきた。
またまた日記を空けてしまったね。

まずは報告をしたいと思います。

まずは就職先を決定いたしました♪
『大和証券投資信託委託』という会社です。
迷いに迷って、自分自身がイイと思うほうに決めました。
同期は少なくて(21人)、女子も妥当な人数で(7人)すごくいい環境だと思います。
来年から社会人、心配事の方が多いけれどこの会社で頑張っていくんだ!!

それから大学生活。
サークル活動。
経験者の同期はみな、引退してしまいました。
そして初心者の私たちは来週が引退試合。。
みんな最後の意地を見せた試合をしていました。
心に残ったのは青木板倉の16決めの試合。
転びそうに、、いや、転ぶこと3回繰り返してからエースを取ったポイント。
あれにはすごく感動したなぁ。
私も意地を見せれるような
4年間の集大成が見せれるような試合をしたいと心に強く思いました。

時が経つのは早い。。
早くても変化は確実に遂げている。
あっという間の瞬間でも
変化はゆっくりそして確実に。。。

六歩 〜最高!!〜 

2006年06月04日(日) 0時10分
大好きなスポーツ、野球。
大好きなチーム、阪神。
大好きな選手、鳥谷。

チームは3連勝。
そして、3日連続お立ち台はなんと、鳥谷君。

ホームランを2日連続で打ったり、今日はサヨナラ打を打ったり。
彼はステキすぎる。もう大好きだ。

彼の出身は関東。
ポーカーフェイスな彼は寡黙で多くを語ることはしない。
そんな彼は関西の阪神ファンに兎角たたかれることが多い。
そんな場面を見ているととても悲しくなる。

試合後はいつも残って1時間ほど練習をする。
ベンチで仲間と話す時は笑顔を見せる。

こんな彼のどこに覇気がないって?
勝ちたいって気持ちが見えないって?
若さがないって?

表情に出さなくたって行動で見えてる。
こんな真面目で、努力家で、うちに秘める思いがあること素人目にだって分かる。
いちいち表情に、大衆に分かるように態度で示さなければいけないのか。
言葉にしなければならないのか。

「お金で自分の将来を決めたくない。そんな人間だと思われるのが一番嫌だ。」と、天然芝でのプレーを望み、読売ジャイアンツら他球団の誘いを断り2003年ドラフト自由獲得枠で阪神タイガースに入団した。

こんなに邪心に囚われず野球を心から愛する青年がどこに居るだろう。。

早稲田時代の彼をぼんやりと知り生で見て、阪神に入りプロ入りから見てきた。
だから決めた!!
彼が現役で居る間、ずっと彼を応援していくって。

応援している人はたくさん居るから!!
ファイトだ、おー

五歩 〜復活〜 

2006年05月20日(土) 1時49分
中高時代女子校生活を送ってきた私は少女マンガを読むことが大好きであった。
単行本も月本も月に何冊も買ってきた。
そしてまだ見ぬ恋愛に淡い期待を抱いて居たのである

大学になって、充実した生活を私自身送ってきたためか、マンガから遠のいていた。
読んでいたけど立ち読みで済ます程度。

でも、最近になってまたこのマンガ好きが復活している。

主人公がまさに恋愛にあこがれて、マンガを沢山読んで恋愛に幻想を抱き
でも、見事現実世界でステキな恋愛をゲットするという内容のマンガに今はまっている。

今、私は現実世界に満足していないのかもしれない。

自分でも分からない。
好きなのか。
一つ言えるのは
「昔は確実に好きだった」
ってこと。
現在は明らかに昔抱いていた気持ちから変化を遂げていることは確かであって
それが変わらず好きという気持ちの派生なのか、違う気持ちへと変化したのか
私自身今はわからない。

やっぱり私は恋愛においても未熟なおこちゃまなんだな。

マンガに出てくる主人公の彼氏はかっこよくて女の子にもてて、でも女の子には興味がなく、不器用でぶっきらぼうで…だけどとても優しい男の子である。
すっごくそんな人にあこがれる

貴方は、正反対の人なのにね。。

四歩 〜だらだら〜 

2006年05月20日(土) 1時37分
昨日第一志望群であった会社から内定を頂いた。
私は面接サボり癖がついているため、受ける会社というのはそれ相当の意欲を持っており全てが第一志望なのだ。
しかも一応業界1位。
もう、開放感でいっぱいです。
だけども、今日も面接に行ってきた。
ぐたぐた感満載。しかも3対1という初めての境遇。しかもおエライ人ばかり。。
「やっぱり」なんて言葉も使ってしまったし。。
落ちる覚悟で臨んだ面接。
2週間と言われたのに、即日で連絡が来てしまった!!
どおしよう、、贅沢な悩みである。

数日前までは本気で無職を覚悟し、自分の無力さや、やる気のなさ、真剣みのなさ、実力不足にとても悲しみ、自分自身を責め、本気で寝れない、毎夜泣く日々が続いていたというのに。

悩もう。数日前の地獄のような日々よりかは幸せで、悩んだって堕ちることのない、ステキな悩みのはずだ。

とりあえず、明日は4ヶ月伸ばしっぱなしの髪の毛を切りにいく。

三歩 〜散歩w〜 

2006年05月09日(火) 21時53分
今日は一日中ぐうたらしてた。
昨日の朝に面接受けた会社から午前中に最終に進むよう連絡が来た。
嬉しいけども…今の私は最終面接恐怖症である。

ぐうたらし過ぎだから定期作りがてら街をブラブラしてきた。
本屋のはしごやらパン屋のはしごやらコンビニのはしごやらが私のお散歩コースである。


最近野球が熱い!!
親の影響から私はかれこれ阪神ファン暦今年で15年になる。
何度となくファンをやめようと思ったり、ファンってことを隠してきたが
ここ5年くらいとても頼もしいチームになって、ファンであることを公にしている。
これからもファンはやめない、…ってかやめれないで応援していくんだろうな。

せっかくだから、好きな選手を挙げておこうっと♪
阪神は鳥谷選手。
私が大学1年の時彼は4年生で、早慶戦に出場し私も敵ではあるが神宮で生で見た…はず
名前しか覚えてないのだけど…。
彼は今年3年目、とても頼もしい7番ショートの座を守っている。
あの顔も…私のストライク、好きなんです
ポーカーフェイスでたまに見せる笑顔が大好きです
これからも応援してます

ちなみにパリーグではロッテを応援したりしている。
なかでも注目は西岡選手。
そう、彼は何を隠そう84年生まれの同い年なのだ。
やっぱり同い年っていうのは親近感も沸いて、何かと贔屓目で応援してしまうもの。
今日もヒット3本応援しています。

今日からセ・パ交流戦。
しかも初戦は阪神対ロッテ。
「鳥谷君ー」「西岡君ー」なんて叫びながら、やっぱり阪神の応援。
でも、
「今のは西岡だからしょうがないねー」
なんて言っちゃったりして、どっちを応援しているんだかわかりゃしない。
でも楽しいや。明日からの二連戦も楽しみです

二歩 〜疲れたぁ〜 

2006年05月09日(火) 0時40分
今日は朝9時半からの面接。
何も調べず、志望動機も考えずに望んだ面接。
でも、社員の方がすっごくいい人で、終始笑いながら志望動機なんて聞かれない雑談みたいな面接だった。

でも連絡来ない…(泣)

みん就見ると来た人も沢山居て。
あー、またダメだったのかなぁ。。

午後にもう一つ面接。
今一番行きたい会社。
でも、10分くらいで終わっちゃったよー!!
「就活辞めます」って言ったぐらいだから、通ってて欲しいなぁ☆


自分の将来が漠然とし過ぎてて不安を覚える。

仕事もそう。
趣味もそう。
恋愛もそう。
結婚もそう。

全てにおいて私は成長せずに踏みとどまっている気がする。
一体いつになったらこの壁を乗り越えられるのだろう。
いつになったらそんな勇気と努力を身に付けられるのだろう。

私は分からない。
貴方は知らない。

仕事だけが一生を決めるんじゃなーい!!!
…と信じてる。
決めた!!社会人になったら資格沢山取るぞ!!
目指せ、資格ゲッターだぃ

真の始めの一歩 

2006年05月07日(日) 20時28分
初めてブログというものを書いてみる。
時は5月7日。21歳と7ヶ月が過ぎたとき。
私は大学4年生。世間はゴールデンウィークの最終日。

周りに流されてやり始めた就活。
そんな風には思ってなかったけど、イロイロなことを体験して自分というものがなかったことを知る。
面接ブッチの方が面接回数よりも多いかもしれない。
最終面接。
「御社が第一志望です」
なんて言えなかった。嘘つけなかった。そして縁が消える。
縁が消えたときの焦燥感。ぽっかり穴の開いた虚無感。
もしあの時嘘が言えれば、今はもう消えた縁が消えることはなかったのかもしれない。
私はなにがしたいんだろう。
そんなに打ちひしがれてもがくのなら
なんであの時嘘をつかなかったのだろう。
それって嘘じゃなかったんじゃないのかな。。

そんなんだから、今もまだ就活を続けている。
これでもかってくらい、自分自身を振り返り、嫌になり、でもなぐさめ、勇気付ける。
こんなこと初めてだ。
だから、もうちょこっとだけ自分自身と向き合ってかわいがってやろうと思う。

だけど、もう疲れたから
ホントにもうちょこっとだけね
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:withwithtomoni
読者になる
Yapme!一覧
読者になる