急性虫垂炎。

May 31 [Sun], 2015, 9:29
昨日、早朝からお腹が痛くなって……
病院が開く時間まで耐えられず、救急車で病院に。

検査をしたら急性虫垂炎でした(盲腸)。

即日手術ー

手術は無事に終了しました。
あとは傷口がふさがってくれれば……




〜余談〜
血管が細い&浮き出にくい私は腕に注射針をブスブスと刺されまくりました。痛い。

言えなかったこと。

April 29 [Wed], 2015, 18:53
沖縄旅行の与太話でも……


普段からガマ口を小銭入れに利用している私は、琉球の染め物である『紅型(びんがた)』の布を使用したガマ口を探して、国際通りを(連れと一緒に)探索していました。

一軒の、ガマ口を扱うお店を見つけ、来店。

『紅型』はないかと店内を見ていると、店員であるアンマー(おかあさん)が、商品説明をしようとやってきました。

「いらっしゃいませ〜
ディス、イズ、沖縄ズ〜ほにゃららら〜〜」


Σ(-∀-;)


どうやら、私のことをアジア系の外国人と思ったようです。
ほぼ英語で(たまにぽろっと日本語で)ガマ口の模様の説明をしてきます。

「あ、あの……
日本語分かるので」(※トーンは標準語です)
と、申し出たきよのこ。


これで日本人と気付いてもらえる――


と。
思ったのは、甘かった。


「あ、そうですかー。
これは人気のガマ口で、中にミラーと櫛……コームが入っています。ヘアーをシュッシュッ(髪をすくジェスチャー付)。
模様は沖縄の長い伝統……ロングほにゃらら〜〜」


Σ(-∀-;)


日本語主体の説明になりましたが、難しい単語は英語に置き換えられての説明となりました。


きよのこ、
むしろ、その、英語の部分が分かりません!!


どうやら、日本語ができる外国人とアンマーに思われてしまったようです。

アンマーの説明は、隣のトートバッグに移ります。

素直に『紅型』のガマ口を探していると言えば、日本人だと言えばよかったのですが……
熱心に説明をされているうちに、言い出すタイミングを失いました。

時々、私の理解の範疇を越える英語混じりの説明を聞きながら、あまり広くない店内の商品全ての説明を聞くことになりました。
「はい」とか「へー」とか、ぎこちない返事になってしまったのは……心中、この状況にどうしようとハラハラしていたからであります。

ちなみに。
連れは長くなりそうと悟ったのか、店の外でスマホをいじっておりました。

( ノД`)…助けてよ!←心の声


話を戻しまして。
ここのお店には『紅型』のガマ口はありませんでした。
探していたものとは違いますが、可愛かったので沖縄によく咲いている『ブーゲンビリア』模様のガマ口を購入することにしました。

「これを、お願いします。自宅用で」
(この言い回しは外国人はしないだろう、気付いてアンマー!)


きよのこは最後の抵抗を試みました。


すると。
会計を済ませながら、アンマーが言いました。

「しかし、日本語お上手ですね。語学留学は長いのですか?」


ガクリ orZ


(だから、日本人だってば!)
(学生って歳でもねーし!)

心中での突っ込み。


( ;∀;)<は、はい。まあ……

実際に言った言葉。


と、いうことがありました。
ちゃんちゃん。


国際通りは、免税店も多く、パッと見では(会話を聞かないと)日本人なのかアジア系の外国人なのか分からない人が多くいました。
沖縄という、そんな土地柄だからこその出来事だったのではないでしょうか。




〜余談〜
きよのこは本土育ちの日本人ですからー!( ノД`)

沖縄二泊三日。

April 28 [Tue], 2015, 22:12
【一日目】

那覇空港到着

昼飯
(沖縄そば)

首里城公園
(無料ガイドさんの話を聞く)

海中道路
(波打ち際まで行く)

イオンモール沖縄ライカム
(自宅用泡盛発送&夕飯に地元チェーン店のステーキ)

ホテル宿泊


【二日目】

朝食
(ホテルビュッフェ)

今帰仁城跡
(石垣すごかった。景色綺麗)

古宇利島
(アイス食べながら浜辺散策)

備瀬フク木並木通り
(まったりおさんぽ)

昼飯
(沖縄そば。前日の店と食べ比べ)

美ら海水族館
(ジンベエザメやイルカのショーに感激)

ホテルに荷物預ける

夕飯、国際通りの食堂
(沖縄料理とオリオンビール)


【三日目】

朝食
(コンビニで地元限定物をチェック)

さーふぁーうたき
(神聖なパワースポットでパワーを貰う)

ニライ橋、カナイ橋
(絶景ポイント。天気でなかったのが残念)

国際通り
(お土産散策)

昼飯
(食堂で沖縄料理)

国際通り
(再びお土産散策とアイスクリーム)

那覇空港出発

羽田空港

帰宅


と。
こんなルートで二泊三日の沖縄旅行に行ってきました。




〜余談〜
明日は仕事です。

沖縄最終日。

April 28 [Tue], 2015, 9:32
三日目は、
『せーふぁうたき』へ。
(漢字がでなかったので平仮名で失礼)

サングーイでパワーを分けてもらいました。




〜余談〜
午後から大雨の予報が気になります。

沖縄2日目。

April 27 [Mon], 2015, 20:56

美ら海水族館に行ってきました。

ジンベイザメ?
ジンベエザメ?
でっかい(*´∇`*)




〜余談〜
明日が最終日です。

いん沖縄。

April 26 [Sun], 2015, 16:39



沖縄旅行に来ております。
『海中道路』に、今います。

海が綺麗(*´∇`*)




〜余談〜
きよのこは海が怖いです。

三度目の……

April 18 [Sat], 2015, 21:57
学生時代、薬のアレルギーにあたり前日キャンセル

社員旅行は、障害者だから行く資格なく


行く機会を逃していた沖縄に行くことになった。

今度はチャンスを逃さない。




〜余談〜
コメントのお返事、もう少しお待ちください。すみませんm(__)m

最近の子供は……

April 08 [Wed], 2015, 12:46
通院のためにバスを利用した。
途中に私立の小中高がある路線だ。
今日は始業式だったのだろうか、午前で学校を終えた小学生でバスが満員になった。

バスが終点に着いた。
ぞろぞろと小学生が下車していくのを見ていた。
一番後ろの席に座っていた、きよのこに二人の女子児童が言う「よかったら、お先にどうぞ」と、先に下車するのを促すような仕草つきで。

きよのこは驚いた。
まだ十才にも満たないだろう、子供の気遣いに。

お言葉に甘え、お礼を言って先に行かせてもらう。
一番後ろの席にいたから、最後まで残ることになるだろうとは覚悟していたが、予想外だった。


家でだろうか、学校でだろうか、
多分……
バスでの乗り方みたいなものを躾られているんだと思う。
一般の乗客と鉢合わせた場合の。


私が幼いときには、そんな気遣いなんて考えもしなかった。自分中心、順番は守っただろうが我先に下車を考えただろう。


最近の若い者は、とか。
ゆとりだから、とか。
昔と今を比べて、若者を卑下するような言葉を聞いたりもするけれど。

若者も、そう悪いばかりじゃないんだということを体感しました。




〜余談〜
こんなことを考えるようになったのは、自分が歳をとったせいでしょうかね。

夜桜

April 07 [Tue], 2015, 16:20

存在感のある花は
この世にどれだけあるだろう
数集まればいい?
香りがよければいい?

どうすれば
誰もが振り返るほどの
花になれるのだろう

どうすれば
あの人が振り返ってくれる
花になれるのだろう




〜余談〜
ライトアップされていて綺麗でした。

プラスマイナス。

April 05 [Sun], 2015, 18:15
このたび新人が三人、入社しました。
少し前に入ってきた社員が一人、下旬に辞めます。

がくんと減っては増えて、どーんと増えては減って……

職場環境が落ち着きません。


本来社員がやるべき、新人教育をやらされている、きよのこです。
人見知りな、きよのこです。


職場で落ち着いていられません。


こんなんじゃ睡眠障害も安定しないのも頷けます。

新人に振り回されるのは、もうしばらくで終わると思うのですが。
それまでが辛抱ですね。


とりあえず。
無早退・無欠勤なのは自分で自分を褒めてあげたいと思います。
「普通」のことなのですが、その普通をこなすのが今は難しくなっています。

本当、早く落ち着いてくれないかなー
なんて、ぼやくばかりの毎日です。




〜余談〜
ぼやぼやー。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きよのこ
  • 誕生日:11月15日
  • 血液型:A型
  • 現住所:東京都
  • 趣味:
    ・詩を書く-私の流した涙
    ・愚痴-鬱憤は溜めません
    ・寝る-現実逃避
読者になる
メンタルヘルス・うつ病・自傷行為・自殺・エロい・グロい・汚い・マイナス思考・愚痴・暴言・痛い発言・厨二病・嘘・フィクション……

上記の言葉に嫌悪を覚えたり、悪い影響を受けやすい方は、閲覧しないことをおすすめいたします。
また、閲覧後のクレームは対応できかねます。
誹謗中傷のコメント等は無視いたします。

以上のことを踏まえた上で、当ブログをご利用下さい。

※ヤプログ!の機能について
『いいね!』
記事全部に共感したとき・記事に書かれた一部に共感したとき・読んだよ、という意味合いを込めて押させて頂いております。

『つぶやき』
私に向けられたものと気付かない場合が多いです。確実に伝えたい・レスが欲しい場合は記事にコメントをするかメッセージをご利用くださいませ。

『パスワード制限記事』
ときどきではありますが使用します。
コメントや記事内には記載いたしませんので、パスワードはメッセージにてお問い合わせくださいませ。
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/with-the-lie/index1_0.rdf