はじめまして。 2005年の8月に私達の初めての子供が天使となりました。8ヶ月間、ママのお腹にいてくれた双子の男の子と女の子です。そして、一年後に宿ってくれた、新しい命が、2007年2月に無事誕生しました。 彼らへの思いや日々の生活を綴っていきます。

■プロフィール■
■代替テキスト■
■お名前■ちいママ(ちいちいのママ)
■趣味など■ウインドウショッピング、お散歩
■家族構成など■夫とちいママ(私)とちい太とちい子との4人家族
■住まい■Asia
■出身■夫婦とも関西出身。
2007年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像こけし
言われた言葉 (2008年10月21日)
アイコン画像汁大臣
言われた言葉 (2008年10月01日)
アイコン画像松岡奈緒美
言われた言葉 (2008年07月02日)
アイコン画像ちいママ→さくらさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→ひかりママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→葉菜さんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像ちいママ→かのんママさんへ
言われた言葉 (2007年06月30日)
アイコン画像さくら
言われた言葉 (2007年06月27日)
アイコン画像ひかりママ
言われた言葉 (2007年06月19日)
アイコン画像葉菜
言われた言葉 (2007年06月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:with-tenten
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
言われた言葉 / 2007年06月13日(水)
天使になった我が子に対する言葉には敏感。
今は心がかなり強くなって、そのことに対して、その都度、泣いたり、落ち込んだりはしないけれど、かなり心にひっかかります。
いくら、悪気がないとはいえ、私たちの気持ちがわからないとはいえね・・。

最近、言われた言葉ですが、赤ちゃんをみにおうちに来た人(その人は私の天使たちのことを知らなかった)に、「実は、天使になった子がいるの・・。」って勇気を出してお話をしたときのこと、その人から、
「いいじゃない、これで、チャラで。」と、言われました。
チャラ。つまり、プラスマイナスゼロってこと。
今回、無事に生まれたからそう言っているのでしょうが、そんなものじゃないでしょ!って、思わず、びっくりです。

今まで言われたことで他にも色々、強く印象に残っているものをお話すると、

我が家のちいちいコーナーに骨壷があるので、私のちいちい妊娠時代から知っている人が、おうちに遊びに来たので紹介をしたら、
「あら、あなたの子供なんて忘れてたわよ。」
「そんなこと、いちいち言わないほうがいいんじゃなーい。」
その人は私はあのときのことを気にしていないということを、私に気を使っていったのかしら?
でもその気の使い方が・・!?。

骨壷を見たとたん、
「こんなこと、していいの?」っていきなり言う人も。
お墓にいれずに、ここに置いておいていいのかってことだろうけれど、開口一番で、それはね・・って。
他に、先に言う言葉はないの?

海外に住んでいるけれど、日本人のカウンセラーさんとお話がしたかったので、メールで数ヶ月カウンセリングを受けていたときがありました。
自分の気持ちや今までのこと、色々と書いて、何回か、メールをやり取りをしたあとのことです。
私の前回の妊娠、死産のことを、
「あなたは失敗をしたのです、でも失敗は若いからやり直しが出来る。」
って、返答がきたときには、信用が急落。
失敗?って何?。この人、カウンセラーなのに、こんなこと言うの?
私が失ったのは、大切な命なのに。
その後、その人にカウンセリングをしてもらう気がなくなりました。

私の子供のことを聞いていた人が、そのあと、「私もね・・。」って、自分の話をし、それが、的を外れていたりすること。
”も ”が気になるのよね、私はね・・。の”は”でしょ!って。

我が子が天使になってから、1年くらいは、赤ちゃんを避けていました。
特に、同年の子を。
会社のある奥さん(年配の方)が一緒に食事をと誘ってくれたのですが、そのなかに、同年の赤ちゃんをお持ちの奥さんがいました。
5人ほどの集まりだったので、行ったら、近くで赤ちゃんを見ることになり、それは、私には、まだ、出来ません。(泣いてしまうかもとの思いから)とお断りをしたときのこと。
「あなたね、亡くした事ばかりにこだわっていないで、その子たちを、授かったことに感謝しないと。それに、いいかげん、慣れなさい!」って。
私、ずっと、ずっと、妊娠したときから、あの子たちに感謝をしています。
それと、会うのがつらいのは別ですよね。
私のこと、ちゃんと知ってから、話をしていただきたい!!って。
慣れていくのも、自然に無理をしないでいいと思うのだけれど・・。

ほんとうに疲れる。
以前の私は、こういったことを言われる度、家で1人で泣いていました。
でも、今は、”これは、ちょっと・・!!”って思うのは、反論させていただくかも。

天使ママの皆さん、多かれ少なかれ、ありませんか?
 
   
Posted at 00:41 / ちいちいのこと / この記事のURL
コメント(11)
スピリチュアル / 2007年06月12日(火)
今、日本では江原さんの人気もあってスピリチュアルブームだそうですね。
私は、天使ママになる前から、興味があって江原さんの本、いくつか読んでいました。
我が子が天使になってからは、よりいっそう、あの子たちがいったところを知りたくて、こういった関係の本を取り寄せ、色々読みました。

私は、あの世があると信じているし、生まれかわりもあると思っています。
幾度でもこの世へ色々な経験をしにやってくると・・。
霊感はないのですが、小さい頃からなぜか自分がとても長生きをしていると感じていました。
そして、私の母が誰と結婚をして子供を持とうが、「必ず、私が産まれてきていた。」という意識もありました。
どうしてそう感じるのかが、とても不思議だったのだけれど、私たちは、肉体ではなく、魂の存在と考えれば、私が小さい頃、そう思っていたことも納得ができますよね。

たくさん読んだ中で、こういったことを書いてある本の一部を紹介します。

・「生きがいの本質」   飯田 忠彦 第1章 生まれるということ
・「生きがいの創造U」  飯田 忠彦 第3章 第4節 死産した子供からの激励
・前世療法へようこそ   奥山 輝美 第2章 亡くなった人と会える

あの子たちが、今、どこで、どうしているのかを知りたい・・。
あの子たちに、又、会えるのだろうか・・。
当時の私はそんなことばかり考えていました。
占いをしてもらったり、そういった人にみてもらったりもしました。
「あの子たちは、お空で幸せですか?」が、いつも聞いていたことです。
幸せですよ。あなたのことを心配しているくらい。と、いってもらえたからよかった。
私は良いことだけを信じるから、こうった占い関係に見てもらうのも怖くないんだろうな。
気休めにしかならないのかもしれないけれど、あの頃は、ワラにもすがる思いでした。
 
   
Posted at 21:06 / ちいちいのこと / この記事のURL
コメント(0)
お知らせ / 2007年06月12日(火)
私の愛しいちい太とちい子の弟が、無事に誕生してから、今日ではや4ヶ月となりました。
地上にいる子供のママにもなることが出来ました。あの頃、こんな日が来るとは思いもしませんでした。

お空のちいちゃんたちへのあふれるような想いをいっぱいお話したい。私と同じように悲しい思いをした人たちに、「一緒に歩んでいこうよ!」の願いも込めて、このプログを作りました。
たくさんの素敵な天使ママさんと出会うことが出来ました。
いつも暖かいコメントをくださり、感謝をしています。

私は、今、日常が育児中心となっています。
育児となると、あの当時の私には、遠い夢の世界のことでした。
天使ママの先輩として私の日々の暮らしが、少しでもお役に立てたらと思っていますが、お子さまを亡くしてまもない方であれば、地上の赤ちゃんのことは、つらいのでは・・、色々考えて、これからの私の生活、育児関係は、パート2として新しいプログにてお話をすることにしました。

ここは、私にとって、とても、とても、大切な場所。
ここであの子たちのことをお話したくなったとき、すぐに、いつでも、また来ますね。

そして、もし、天使ちゃんのこととか、私と直接、お話をしたくなった方が、いらっしゃれば、お気軽にメールをください。

新しい場所でもお話が出来たらとても嬉しいです。


新プログ 「地上の天使と いつも一緒に パート2 


                         ちいちいのママ
 
   
Posted at 15:55 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
お空のお兄ちゃん、お姉ちゃんの月命日。 / 2007年05月27日(日)
先日、ちい子とちい太の1年9ヶ月めの月命日を迎えました。

あらためて、時がたったことを感じました。
初めて、弟と一緒におうちで迎える月命日、なにかしてあげたいなって思っていました。
考えたのは、
「私のお乳をあげること。」
もう、あの子たちは大きいけれど、友達のお子さんはかなり大きくなるまで飲んでいたらしく、それなら、大丈夫だよねって。
あの当時は、薬と注射で強制的に止められたので、出ることはありませんでした。
だから、ちいちいは飲んでいなかったから・・。
たくさんのお花とともに、お供えしました。
この子たちがいたから、ゆうちゃんを授かれた、頑張れたんだってね。
ちいちいコーナーで皆で一緒に記念撮影もしました。
私の心の中では、あの子たちは仲良く一緒に保育園に通い、お友達をいっぱい作って遊んでいる姿をみています。
スクールバスで帰ってくるあの子たちを玄関まで迎えに行き、
「楽しかった?今日は何をしたの?」って話しかけながら3人でお手々をつないで家に入る。
お昼を笑顔でいっぱいで食べ・・、そんな日々が浮かびます。

あの子たちのこと、今も一日も思わない日はありません。
ゆうちゃんをみながら、目を開けたらこんな感じだったの?とかね。
育児の本で、新生児は、生後、胎便を出す。と書いてあるのを読むと、あの子たちはお腹に入ったままで可愛そうだったな・・とか、「もっともドラマチックな発達を遂げる1年6ヶ月を目のあたりにできることは、親になったあなたの特権です。」なんてあると、私はあの子たちの成長を見れなかったわ・・とかね。
でも、涙・・ばかりではなく、「お空にいる可愛い大切な我が子たちなんだ。」って思って、暖かい気持ちにもなります。
最近は、あの子たちと同年の子を、可愛いね。って抱っこをしたり、絵本を読んであげたりできるようになりました。
以前は考えられないことだったのにね。
そんな私をみて、あの子たちもきっと喜んでくれていると思っています。

ちいちゃんたち、これからもよろしくね。

 
   
Posted at 19:32 / ちいちいのこと / この記事のURL
コメント(8)
バタバタの日々 A / 2007年05月15日(火)
ユウちゃんがおうちに来てから、バタバタとした日々を送っています。
 
 続きを読む…  
Posted at 14:44 / 新しい命 / この記事のURL
コメント(8)
本の紹介(天使ママ妊婦さん編) / 2007年05月14日(月)

・おなかの中から始める子育て
胎内記憶からわかるこれだけのこと
池川明
サンマーク出版(1200円)

・赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て
胎内記憶からわかった子育ての大切なこと
池川明
学陽書房(1400円)



ともに、これから出産される妊婦さん向けの本なのですが、悲しいお産のことも書かれています。
ぜひ、天使ママ妊婦さん、そして天使ママさんにもおすすめです。

おなかの赤ちゃんとお話しようよ
葉 祥明
サンマーク出版(1500円)



とても綺麗な絵で、文章も素敵で癒されます。

わたしがあなたを選びました
鮫島浩二
主婦の友社(880円)

赤ちゃんのこと、思いながら読みました。

結晶物語 水が教えてくれること
江本 勝
サンマーク文庫(700円)

人間の身体ってほとんどが水分だから・・。
優しい気持ちでいつもいたい!



おなかの赤ちゃんとのおしゃべりBOOK
森本義晴
PHP文庫(495円)



具体的でわかりやすい。
ユウちゃん出産前、この本を参考に話かけていました。
 
   
Posted at 20:48 / おすすめもの / この記事のURL
コメント(0)
本、CD、リンクの紹介 / 2007年05月14日(月)

・あとに残された人へ 1000の風
ポケットオラクル(971円)

・千の風にいやされて
講談社(1300円)

・千の風になって(CD)
荒井 満(1000円)

千の風は、去年のNHKの紅白以来、かなりの人に知られるようになりましたね。
私は、3年前、カルチャーセンターで知り合った50代の方が、これから迎えるかもしれないからと、そのために、死生学を学んでいらしゃって、いい詩があるのだと教えてくれました。
その時は、ピンとこなかったけれど・・今は、とても心に響きます。

空への手紙 雲のむこうにいるあなたへ
ポプラ社(1000円)

あの子たちが亡くなってから、空を見るのが好きになりました。
私もお手紙を出したい。



亡き子へ 死別の悲しみを超えて綴るいのちの証言
若林 一美
岩波書店(2200円)

子供たちへの想いが、あふれるように綴られています。




・誕生死
三省堂(1300円)

亡くしてまもない頃、何度も繰り返して読んだ本。
泣きながら共感しました。
自分の言葉に出来なかった想いを表現してくれていました。

・誕生死 想
三省堂(1000円)

第2弾となります。読書カードを本にして画期的。
その分、素直で飾らないそのままの言葉で書かれています。
世の中にはこんなにも悲しい思いをした人がいる・・。
それをあらためて感じた本です。
私の子供達もこの中にいれてほしかったな。



赤ちゃんの死を前にして
竹内 正人
中央放規(2800円)



医療従事者向けの本です。
が、読みやすいです。
こんなにも患者のことを考えてくれるお医者さんがいるんだ・・が、正直な感想。
そして、思い出作りがなかった私としては、ただただ、羨ましい!!
経験者の声もたくさん載っています。

上記の先生のプログ
いつか、お話をしたいと思いつつ・・。
時々、覗いています。

ショートアニメーション。

亡くしてまもない頃、掲示板で知って、よく見ていました。
作った方は、悲しいお別れの経験者なのかな?
音楽も素敵です。

愛する人を亡くした人の為の100の言葉
 
   
Posted at 19:56 / おすすめもの / この記事のURL
コメント(0)
会う事が出来ました。 / 2007年05月14日(月)
以前、記事にした、同じ住まいの奥さん、おうちに呼んでお話をすることが出来ました。
 
 続きを読む…  
Posted at 12:33 / 新しい命 / この記事のURL
コメント(4)
無事につれて帰ってきました。 / 2007年05月03日(木)
無事につれて帰ってきました。
すごく幸せです。
1年前8ヶ月前、私は、Singaporeで、死産し火葬をし、骨壷を膝の上に抱き、国境を越え家に帰りました。
何も言わない、小さな骨壷、その冷たさも何ともいえず、悲しくてたまりませんでした。
ほんの数週間前はお腹の中で生きていたのに・・。

私にとっては、悲しい思い出のSingaporeでありました。
けれども、この子が産まれたことにより、喜びの地ともなってくれました。

膝の上でスヤスヤと眠る暖かい我が子、どんなに幸せだったことか。
夢のようでした。

「生まれてきてくれて、生きてくれて本当にありがとう。」

写真、アップしました。
もし、よければお顔をみてやってくださいね。
 
 続きを読む…  
Posted at 00:19 / 新しい命 / この記事のURL
コメント(19)
歩いて通った日々 / 2007年05月02日(水)
一日、多いときは5回も、行っていました。
最後の1週間は練習で沐浴しに、それと、体力づくりのため、プールで泳いでいました。

コンドミニアム


お隣にあるホテル

ここは、ちいちいと一緒に泊まった事のある思い出のホテルです。
今度は、ユウちゃんとも泊まりたいな。

このホテルの中庭を通らせていただいていました。
近道です。


住宅街を通り、この先にあります。


プールからみたお空。

ちいちいと、つながっている気がするのね。


で、問題が・・。
かなり日焼けしてシミを作ってしまった私。
美白のアドバイス、ご存知の方、くださいな。
 
   
Posted at 21:57 / 新しい命 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!