ロンの成長 

2005年05月26日(木) 21時25分
ロン、2歳2ヶ月
「ハーモニカ」を「ハーモキナ」という。そして「ハーモキナ」どこ?」と真顔でさがしていた。
最近、ロンの「自分でやる」「イヤ」で一日中すごしているような気がして結構疲れる。
でも、しょうがない。ママの言うことをはいはい聞く子供もなんが不気味だしね。
誰かが、「そーいう生き物だと思ってあきらめるしかないね」と言っていた。名案だ。
にしても、正直言って滅入る時がある。そんな時は…ちょっと休憩、深呼吸に限る。この状態はいつまでも続くわけでなく、変わっていくものなんだ。いいことも、悪いことも(って、この良いも悪いも「自分に都合が」が頭につくような…)だから、その時を精一杯やるしかない。精一杯やらなくても時間は過ぎて行ってしまうものでもある。
それなら…がんばりたいものである。

比較の意味 

2005年05月26日(木) 21時17分
私達は、当たり前のように他人と自分、他人と我が子を比較することが多い。でも、横の比較って無意味どころが害があると思う。人より上だからといって、将来はまた変わるものであるし、下だった場合、やはりあせたり落込んだりする。
それならば、縦の比較はどうか?今まで出来なかったことができるようになる。素晴らしいことだと思う。成長は、当たり前でなく非常にありがたいものだと思う。
・横の比較は幻影。縦の比較をして成長していこう!

スチョオベリィ 

2005年05月22日(日) 19時28分
ロン2歳2ヶ月
ロンと近くの公園へ。朝ごはんもよく食べたので、スナックを何も持たずに行きました。
30分か1時間ほどした頃、「スチョオベィ」「スチョベリィ」と、母は理解できない単語を連発して、それを欲しいといっているようだった。「え?マミー分かんないな。もっかい、…ん〜、もっかい。?…」すると、なんでわからんのじゃい!と言わんばかりに、「スチョオベリィ!」と怒って切れ気味な声で叫ばれた。「あ〜、ストロベリーねぇ。ないよ、今。お家帰ってからね」というと、「なんやねん、使えんわ!」みたいな顔して三輪車にまたがってキコキコと行ってしまった。
え?なんか逆切れだよねぇこれって。マミーもロンの言ってること一生懸命聞き取ろうとしてるんだから、あなたも切れずに付き合ってくださいよ。
なんだか、いっちょ前で嬉しくて笑っちゃいました。

怒ることの効果 

2005年05月20日(金) 21時14分
今まで、子供が言うことを聞かなかったら「怒る」のが当たり前
と思っていた。しかし、色んな子育て、コーチングの本を読んで感情的になることにほとんど利益がないことが分かってきた。確かに!自分が頭ごなしに怒られたら、萎縮はするけど力関係の理不尽を覚え、反発も覚える。
一番、怒ることの不利は親がいい気分がしないこと!怒って、誰が幸せになりますか?子供に言うことを聞かせたいなら、冷静に考えて行動を取るのが一番。論の「いやいや」も、彼の意見を素直に述べてるわけであり、悪いことではないのです。「そー、いやなのねぇ。」と理解を示し自分がロンにして欲しいことをさせるためにどうもっていくか?知恵比べなのです。
だから!冷静であるかとは大切。論がなこうが叫ぼうが、それは彼の勝手なのです。彼が悲しかったり、怒るのは彼の選択であって、私もそうならなくても良いのです。
自分と人との感情を切り離せるこt、すごく大切。不幸も幸せも伝染する。ならば、無効が不幸ならこちらが幸せを伝染してあげようじゃないか!
・怒っても良いことなし。あきらめて冷静に考えよう

Girls, girls. 

2005年05月16日(月) 8時09分
ロン、2歳2ヶ月
雨が降ったり止んだりの天気のこの頃。月曜日はDee Whyの公園に日本人のママが集まるので晴れたら行こうということでまずは買い物へ。買い物中は雨が降っていたみたいだけど止んだので公園へ行ってみると見事、誰もいません。ロンと二人で遊ぶことに。公園には所々カバーがあるので遊具もあまり濡れてませんでした。ロンは三輪車を乗り回しキョロキョロして、"Girls? Girls?"と何回も聞いてきた。「そーだねー、雨止んだばかりだから後で来るかなー。」と何度も言う。2歳にして女の子好きですか、早熟ね。
結構、結構、人を好きになることは素晴らしいこと!恋愛もいっぱいして、色々学んで人の心を思いやれる素敵な優しい男性になって下さい。マミーは恋愛経験少ないからなぁ。残念。まぁ、数が多ければいいってもんでもないけど人を好きになること、愛することは私は人生で最も大事なことの一つと思います。
恋せよ、乙女&青年!

今日のドッカン! 

2005年05月14日(土) 22時05分
本日、夕方ちょっと寝ることが出来たので機嫌は良かったのだが寝る前の歯ブラシの時ドカンとやってしまった。ごめんねー。
原因は、ロンが上の歯を磨かなかったため、何度も"Top teeth"といったのだが、分からないのか嫌なのか一向に磨く気配なし。下の歯はちゃんとやっている。だんだんいらいらしてきて‘If you don't do it, Mommy will do it.”この時すでにマミーはかなりきていた。そこで、"No"といって歯ブラシを遠ざけるロン。マミー、自分の歯ブラシを取って無理やりロンの口の名kに入れ上の歯を磨く。論、倒れて頭をちょっと床でぶつけていた。そして、泣いた。
ことはこれでおしまい。収まったのだが、ロンはソロ後も‘Top teeeth, top teeth.”と独り言をいっていた。かわいそうだった。
冷静にことを伝えるために
・ゆっくりしゃべる
・怒りがこみ上げてきたら、顔を洗う
・"I love you. I care about you."といってから行動を起こす。
・自分を信じて、絶対うまくいくと信じる。
・果たして怒ることなのか?怒ればことはことはうまくいくのか?考える

日本語も 

2005年05月14日(土) 21時54分
ロン、2歳2ヶ月
今日は、ロンが結構日本語をしゃべっていた。使い方としては、日本語を英語文にいれたり、短い文はそのままいえる。状況にも適していて面白い。
ロンがおならをしようとして、いきんでいる時に「頑張れー!」といっていた。かなりかわいかった。
後、「壊れちゃった」「やぶれちゃった」「かっこいー!」など。この調子だと、もうちょっと私が日本語を徹底すればちゃんと話せるようになりそう!
さて、このみ幼稚園も検討してみようか?

言葉 

2005年05月11日(水) 17時00分
ロン、2歳2ヶ月
最近、ロンは色々しゃべるようになった。オウム返しだったり、短い文を作ったり。
かなり、面白いこともいってくれる。昨日は、"Mommy is cooked."と私が料理をしている時にいっていたし、今日は、ソフィーという女の子に"Bye, Saucy"(ソーシー)と言っていた。
こうやって、無邪気にたくさん話しながら、きっと上手にしゃべれるようになっていくんだねぇ〜。
すでに、英語の方が上手なロン、日本語の発音、ちょっと外人日本語っぽい。
しかも、旦那が私とロンとの会話から覚えた日本語を使ってみようとするのはいいが、めちゃ、オージーアクセントあり、、、。「おっはぁよ〜お!」と、「は」にアクセントをつけてロンに言っていたなあと思いきや、その怪しい外人アクセントでロンまで私に「おっはぁよ〜お!」と…ちょっとショックだった。日本語教育、もうちょっとしっかり考えて一貫しないときっとロンは
英語しかしゃべれなくなっちゃうだろうなぁ。それでいいのか?母?う〜ん…

記憶力 

2005年05月07日(土) 18時24分
ロン2歳2ヶ月
今日、ロンに絵本を読んでいてびっくりした出来事があった。
よく読む本"Misty goes on a picinic"を読んでいた最中、私がしゃべるのと同じタイミングで
彼も単語や文をしゃべっている。「あれ?もしかして覚えてる?」と思って、ゆっくり読んだり途中で読むのを止めたら、一人で続きのストーリーをしゃべってる。
すごいな〜!と思ってしまった。
私は読んでるものの、気持ちがこもってなかったり集中してなかったりする時もあるのに、ロンはしっかりストーリーを覚えてる!賢いんだなぁ。
驚いてしまいました。尊敬!母も、頑張ります。楽しく一緒に成長していこうね!

Enjoyment 

2005年05月05日(木) 7時49分
子育てコーチングについて知りたかったので"The Coach -Parenting" という本を購入した。
その中に"What do you enjoy about parenting?"という質問があって、一瞬「は?」と思ってしまった。めまぐるしい毎日で、改めて「楽しむ」という視点で考えてなかった。やることといえば、ロンと公園に行く、買い物に行く、本を読む、ボールで遊ぶなど。
私は、ロンと公園に行きたいから育児をしているのか?と考え始め、出た結論は簡単だった。
私は、ただ「ロンと一緒」にいることがとても楽しい♪ロンを見ていること、彼の幸せを願うことが最高の幸せ。最初「楽しい」というと「楽」というイメージがあったけど、決して楽ではない育児。体力も精神もフル活用。毎日、とても充実してます。毎日が新鮮で学ぶことばかり。
ありがとうね、ロン。めちゃ愛してるよ〜
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:with-ron
読者になる
Yapme!一覧
読者になる