teens 

March 26 [Mon], 2007, 15:23
元カレと再会。

今まで思ってたことを洗いざらい話した。

お互いひっかかったままだったカラ。

元カレには彼女がいた。

嬉しいけど複雑。

幸せになってとしか言えない。

お互い話してわかったことがある。

あたしたちは両思いだったってこと。

あたしはあたしなりに彼を愛し

彼は彼なりにあたしを愛してくれた。

その事実が知れたことが幸せ。

やっと友達になれた。

Trust 

January 28 [Sun], 2007, 16:44
叶わない叶わない。

そう言い聞かせていたら

今自分のしてることが疑問に感じて来た。

たまに会いに行ったり、

部屋にグッズを並べたり身につけたり

切り抜きを集めたり

なんでそんなことをしてるのか

なんで好きになったのか

考えたりしてる。

この恋は

究極の自己満足だ。

端からみたら恋ではないし。

ただのオタク。

ただのファン。

そう見られることが嫌ダケド

それが事実なんだ。

あたしにとっての真実はなんだろう。

罪と罰 

January 21 [Sun], 2007, 23:04
うざいうざいうざい。

みんながてめーの思うように動くと思うな。

ってか他に言い方ないわけ?

人を不快にする言い方しか出来ないとか

ホント頭弱い。

ボキャ貧にも程がある。

あたしに非があるのは認めるけど

言い方に絶対問題がある。

本当関わりたくない。

なんであんなのと一緒に暮らさなきゃいけない?

母親だってあたしに愚痴るけど

あんたが選んだんだろと言いたい。

あたしには親を選ぶ権利がない。

権利があったらあんなん絶対選ばない。

冗談じゃない。

こんなの現実であって欲しくない。

自力で逃げなくちゃ。

こんな現実。

あたしにはもう逃げる為のものは揃っている。

後は頑張って手に入れる。

そしたらこんなとこおさらばだ。

あと1年の我慢。

たった1年。

長い1年。

どうにかして耐えるしかない。

ありがとう 

January 11 [Thu], 2007, 4:32
また元気とやる気諸々もらいました。

いつもありがとう。

言えないけど

いつも心で想ってる。

『ありがとう。

誰より何よりあなたが大好き

いつもでもどこにいても
応援してる』って。

ずっと想ってる。

あなたの笑顔が曇らないように

あなたが幸せでありますように。

マイペース 

January 10 [Wed], 2007, 16:42
あなたあなたとうつつを抜かしていたら

いろんなことがピンチに。

ピンチにわをかけついていないがテンコ盛り。

大丈夫大丈夫。

なんとかなる。

いや、なんとかする。

あの人のことでついてないではない限り

あたしは走れる。

あの人のことでついていればそれでいい。

他がどんなに駄目でも。

涙のふるさと 

January 10 [Wed], 2007, 3:52
『会いに来たよ

会いに来たよ

君に会いに来たんだよ

君の心の内側から

外側の世界まで

僕を知ってほしくて

来たんだよ』

あなたに会いに行く日、

機内で聞こえた曲。

あたしはあなたに会いに行った。

あの時距離が少しだけ縮まった気がした。

だけどあれから1ヶ月経ったら

また遠くなった。

前よりずっと。

そうだよね、あたしとあなたじゃ住む世界が違い過ぎる。

分かってるのに、会う度に縮んでは広がる距離に

夢を見てしまう。

あなたともしかしたら一緒に歩ける日が来るんじゃないかとか。

有り得ないことなのに。

またあたしは夢に沈んでいく。

あなたに会いたい。

その声をずっと聞いていたい。

あたしの望みは一生叶うことはない。

(無題) 

January 09 [Tue], 2007, 0:51
傷はいつまでたっても癒えてくれなかった。

今でも頭に鮮明に浮かぶ。

泣くあたしを笑う男や女たち。

腕に書かれた無数の落書き。

教師のやる気のない笑顔。

腕を洗った水の冷たさ。

あれから何年経ったのか分からない。

あの場所を離れ誰も知らない土地にいるのに。

諦めながら生きることがあたしの生き方になった。

期待や希望を持って生きることは自分の傷を増やすことだと知ったから。

でも、

諦めたくないことをみつけた。

あなたに会えてから。

あなたに関すること、何一つ諦めたくない。

あたしの傷が開いてしまった時

あなたの優しさがあたしの傷をなでるから。

いつだって笑顔で頑張るあなたがいるから

あたしは今を生きることが出来る。

あなたが消える日が来たら

あたしも遠くでそっと消える。

ファンダメンタルラブ 

January 07 [Sun], 2007, 15:03
もうすぐ会えるのに

会いたくない…。

会ったらだってその時間が終わる。

次にいつ会えるか分からないんだ。

こんなに大好きなのに

想いはずっと届かない。

ただ会う度に想う気持ちだけ大きくなる。

いつもこれが最大って思いながら会うのに

帰る頃には会う前より確実に気持ちは大きくなっている。

このままじゃいつかおかしくなる。

いつまで続いていくんだろうか…

初恋 

January 07 [Sun], 2007, 1:43
あなたを好きになったことに理由はない。

あなたを好きでい続けることに理由はない。

あなたに会いたいと思う理由は好きだから。

あなたを好きだと言うことを心に強制するつもりはない。

冷めゆく時は見送るつもり。

あなたはあたしを元気にしてくれる。

あなたはあたしの心に優しく広がる。

ささくれた心を治す薬。

染みて痛いはずなのに

痛みはなくて優しさだけ傷を撫でていく。

あなたはもうあたしにはなくてはならない人。

あたしの心の支え。

生き甲斐。

一度でいいからあなたの胸で眠りたい。

This Love 

December 30 [Sat], 2006, 2:09
久々だここ来るの。

更新したって誰も見てないケドw

完璧独り言ですよ。

もうね、誰が好きなのか分からないんだよ。

元彼女なのか

あの人なのか

後輩なのか

はたまた誰でもないのか。

でも心が苦しい。

元彼女だってより戻したケド前よりヒドイ。

誕生日にメールもくれなかった。

後輩はあたしをなんとも思ってない。

あの人には手が届かない。

分かってるケドなんか辛い。
P R
export_start AUTHOR: kurohime TITLE: {$BlogEntryTitle$} STATUS: Publish ALLOW COMMENTS: 1 CONVERT BREAKS: __default__ ALLOW PINGS: 1 PRIMARY CATEGORY: {$BlogEntryCategory$} DATE: {$BlogEntryDate format="%m/%d/%Y %H:%M:%S" language="us"$} ----- BODY: {$BlogEntryBody$} ----- EXTENDED BODY: {$BlogEntryExtend$} ----- EXCERPT: ----- KEYWORDS: ----- -------- export_end e_num_start{$BlogArchiveCount$}/e_num_end