白戸と市橋

July 29 [Fri], 2016, 21:24
多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。患者からどう見えているのかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いと思います。

職場の環境によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを知っておいた方が良いでしょう。


働きながら妊娠したら、介護士として特に注意するべきは、まず、絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。



CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、油断は禁物です。
それから、薬についてですが調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、気をつけないといけません。
一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。
仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。

卒業後、介護士の受験資格を取得できる機関には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。

その時点での最先端の介護を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。



比較的、高い給料をもらえる介護士ではありますが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。
介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の介護機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。個人介護施設はどうなっているかというと、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。

公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。


初めて介護士の就職先を探してみても見つからずに失敗が続くという場合、年齢が原因になっている可能性があります。



求人サイトなどには特に年齢制限の記載がなくても、事情によっては介護施設側が独自に何歳以下だけを採用すると設定していることもあります。中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は厳しいケースが多いです。
患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護施設に勤める介護士は見た目にも注意することが必要になります。
女性のケースでは、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わりますよ。



皆さんご存知のように、介護士の職場環境は千差万別で、比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。
他にも、介護施設や保育園に介護士が常駐しているケースがあります。
会社員も会社によって給与が違うように、介護士も同様でしょう。

総合介護施設と町医者とでは給料も変わってくるでしょう。ですので、介護士として働く人の平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。
介護士の勤務先は、介護施設だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の活躍が期待されています。


こういったグループホームに入所している方は、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、気を付けて接する必要があります。
介護の分野に関心があるという介護士は、グループホームへ勤務することも視野に入れてみてください。
もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。
まず、手術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、介護士としての技術が学べることです。マイナス面としては、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、時間をかけて確実に患者のケアを行えないことが挙げられます。最近多い二交代制や三交代制などの勤務形態、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、介護士があります。外来の介護士ならば夜勤がないこともあるようなのですが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻が介護士としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変だった思い出があります。病棟勤務に就いている介護士の勤務形態ですが、介護施設によりますが、2交代制か3交代制で誰もが夜勤を経験します。


なくてはならない夜勤業務ですが、医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。
そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

介護施設の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。

日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患対応も必要で、多くの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。

男性が介護士として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、精神的に疲れてしまったり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも理解できる話です。



介護士がどんな風に思われているかというと、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。
けれども、介護士がどのように働いているかを考慮してみると、収入はそこそこあるとはいっても、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。


良い面だけを見るのではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職といっても年収も企業によって違うように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。

そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。



例えば、公立介護施設の場合、およそ750万円程度だとみられます。

介護士の収入については、労働者全般と比べると、平均収入なら確実に、介護士の方が上回るといいます。介護に関わる職場において一定数以上の需要が常に見込まれるので、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という点も、人気職である所以かもしれません。さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。


第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。

それから、勤務時間の問題もあります。
24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。



それらを承知の上でなお、介護士になろうと選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていて「ローンを組みたい」という時でも大体の場合、スムーズに審査を通ります。

けれども、非常勤で勤務している介護士の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。簡単にローンを組めるのは正規の職員として雇用されている介護士のように、安定している場合なので、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。

日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護に携わる者として何かできる事がないのかと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。
実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、介護士は常に求められているのです。海外で介護士とし働くためには、意思疎通をはかるためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。

海外で介護士として活躍したいのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。収入の話になりますが、介護士という職業は、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。



介護現場という、人命のかかった職場であり、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。
誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、仕事の虫で、残業も苦にならないといった介護士の場合、そうでない人たちより高めになります。

勤務中の介護士というのは常に神経を使うことになりますし、こうした生活が続くと常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。
自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を探し出せるかどうかというのは、この先も長く続けたい場合は大事な点になるでしょう。

日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には本人が働いている介護機関で違っています。
3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、休日出勤や平日休みも一般的です。


別の見方をすれば、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、そういう意味では働きやすいと言えますね。皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女性がかなりの割合を占めている職業なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、その結果、離職率が高い割合を示しています。それにプラスして、勤務時間がばらばらであることや、労働環境の大変さによって結果的に離婚してしまう方も多いようです。
たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。



皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護の仕事を行う人々というのはまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。



ですから、既に不足している介護士なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、今なお介護士の数が十分でないのはなぜかというと労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一因だといえます。何かと業務が多い介護士ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。
介護施設は24時間休みなく動いていますから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。


そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。他の交代制のお仕事と同様、多少強引にでも時間の調整をしなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。
働く時間を、自分である程度調整でき、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。

ですから、もしも介護士の仕事を探している最中なら派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。
人によっては、介護士としてのレベルをもっと上げたい、として転職を希望する場合があります。規模の大きい介護施設に移って技術を吸収したいと希望する、チャレンジ精神からきた動機です。


入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子育てをしながら働く介護士にしてみると大変な懸念事項となっています。子供の就学前であれば24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。
そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も多数存在するようです。能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。実行している介護施設がほとんどのようです。

介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測ることを目的に、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。



能力評価は、月々に行なう所や、年に一度だけ、という介護施設もあるようです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、高いモチベーションを保てます。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、介護施設利用者も増加して、介護士もますます大変になっています。

お世辞にも良いとは言えない労働環境で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った介護士もいました。


たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてますます介護士の需要は高まり、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、その他報告しておくべきいくつかの事項を口頭で直接、次の人に報告説明する決まりです申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に話す努力が必要です。

あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも重要な点になるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:芽生
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wirgeo6ic8inwf/index1_0.rdf