雪の朝

February 19 [Sun], 2017, 6:15
こんな時間に目覚めてしまった…
おはようございます。
数年ぶりの雪が何度か降り今年はもう雪で疲れてしまった…
そんな毎日。

友達の誕生日に連絡できず、心の中でこっそりお祝い。
こういうとき何も考えずにただお祝いメールを送れればいいのに、
いつからこんな不自由になってしまったんだろう。
いや、前からか。
昔から余計なことを考えて送れなかったんだ。
おめでとう。


さて、最近しなければいけないことが重なり、訳がわからない。
一番厄介なのが資格の更新。
唯一あの民主党時代に期待した制度の廃止だったのに結局なくならなかった。
数十人の枠に受付と同時に申し込んで、お金ふりこんで…と久々にチケットを取っている気になってしまった。
ただ、一応押さえたけど2日間連続で一日行くのは正直しんどい状況で。
後3日は行かなきゃいけないし…
大して興味ある内容でもない。
申し込みがまだ始まっていない3日の方がとれたらいきたいからやっぱり時間に融通が効く通信にしようかな…と考えている。

そもそも、なぜ今年にぶつかるのだ?!

そんな文句を言っても仕方ないので、うまく折り合いをつけながらとっていくしかない。


それより、某歌手のライブに行こうかの方が迷っている。
とれないだろうな〜と思いながら一度聞いてみたい。
いや、大阪か名古屋とれるはず(言霊)

そんなこと考えている状況じゃないけど。
それでも行きたいと思ってしまう問題児。
何やってるんだが…

とりとめもないことを書きたくなった雪の朝。
今日も一日がんばろう。


契約結婚の結末

December 20 [Tue], 2016, 15:53
ご無沙汰しています。前回から1年ぶりに驚いています。
毎日振り回されながらもなんとか元気に過ごしています。

今は、完全にマスメディアの影響により、某ドラマにどはまりしています(笑)
連ドラをリアルタイムで見るのなんか、何年ぶりでしょうか…というくらい。
(火曜は特に必死に寝かしつけ 笑)

そして、普段ドラマを全く見ない夫を説得(笑)
これは面白いからと!
そしたら、見事に「気持ちが分かる。」とドラマを見てくれるようになりました。

そう、私がこれだけはまった要因の一つが、「あの頃の自分たちを思い出す。そっくりだ。」ということ。
もちろん、容姿もスペックも適うはずはありません。
それでも、よく分かってるな〜そうだったそうだった!と共感してしまう。

主人公の相手役は自称プロの独身。
男性の影が見えると壁を作る。
ちょっと気になることがあったら壁を作っていた私。
自分でというより、そういう気持ちがあるのに先に行動されそこに引きずられる後々行動になる夫。
あの肩にちょこんと頭をのせてもたれかかってくるのはぐっとくるらしい(笑)
↑あんまり覚えてないけれど、私もしていたらしい。相当ないい思い出のようだ。

そのため、我が家は完全に「平匡さん寄り」で見ております。

後は、身近に多いのが「百合さん」タイプのキャリアバリバリの独身女性。
そういう方って、結婚したくない人もいると思うけれど、
そうではなくて、自分よりも仕事や他のことを優先していつの間にか…って方が多い気がする。

誤解があるといけないけれど、育児休暇や子どもが病気になって休まなければいけないとき、
そういう周りの人たちが言い方悪いけれど犠牲になる。
そうであってはいけないけれど、そうなっているのがこの世の中。
私もなるべく迷惑をかけまいと思っていたけれど、実際には無理だった。
周りに支えられていたのも事実。
仕事ができる女性が上司にいたけれど、本当にたくさん助けてもらった。
私はあそこまで仕事ができない・・・

みんなそれぞれに役割がある。
「まだこの年で結婚してないの?」
まだまだ言われる世の中。生きていくのって難しいな…と感じます。

他にもいろいろあるけれど、本日いよいよ最終回。
個人的には、籍を入れても事実婚でもどちらでもよいけれど。
みくりさんも家事とは違う仕事をして、
平匡さんは新しい仕事をして、
そして、賃金の発生していた家事は分担するなり二人で乗り越えて生活を続けてほしいな…と思っています。

みくりさん「やってみたら、平匡さんってなんでもできそうですよね。」

最初はこれがSE以外の仕事も選択肢にあるってことだと思っていたけれど。
せっかく資格があるし、36にもなれば新しい仕事ってかなりの努力が必要になる。
それならば、慣れたSEという仕事に就くのではないか、その方が給料面でも有利になると考えます。

では、なんでもできるとは・・・
それが家事なんじゃないかな、と。
料理は作らずコンビニや外食等で過ごしていた感じから、
実は料理をしたらあの生真面目さから上手にできるとか?

最初は休みの日に掃除をするのが嫌だからという理由で2人が出会うことになったけれど。
それでも、大切な人ができたら変わった(プロポーズをするところ)ということが、
実はそういうところも変わっていけるのではないかと。

今から共働きに抱える不安は大きいから。
それでも何とかやっていけるんだ、という未来を見出したいのかもしれない…


とにかく、ハッピーエンドで終わってほしいです。



久々に書いてこの話題かい!と思いますが、
それでも、これは我が家が抱える問題を目に見える形(賃金等)で浮き彫りにしてくれた気がする。
だから、どういう未来を描くのか早く見てみたい。
ロスになるかもしれないけれど、それより最終回が楽しみです。


どうでもいい追加。

最近、平匡さんにはまりすぎたためか、
星野源さんのCD聞き、ライブDVDを思わず買ってしまい、
ANNを聞くようになっています。
こんなこと久しぶり…
確か…コウノドリで一番好きだったのが四宮先生だった気がするのですが・・・
きっと偶然。

決してファンではない…平匡さんが好きなだけ…たぶん…

2016年

January 01 [Fri], 2016, 6:12
年が明けました。
大した振り返りもせず…
振り替えるような1年でもなかったし…。
いつのまにか年が明けていた気がします。

仕事していたときは、期限やイベントにおわれていたから、日々の流れに置いていかれないように過ごしていたけれど、
今は毎日毎日過ぎていく。
今日も無事終わったな…とほっとして眠りにつく、そんな日々。
それは、社会的に自分のためにという生活じゃない。
きっと、こんな生活がずっと続くなら私落ち込んでいるかもしれない。

ただ、今だけなんだよね。
だからこそ、大変でも落ち込むことがあっても、幸せな時間を過ごさせてもらっていると感じます。

なんにもなくてつまらない1年に見えるけど、
かけがえのない一年でした。

さ、年末年始という感じがしませんが、結局生きるってそういうことなのかな、と。
日々何気ないことが幸せなのかな。
さ、今日も一日頑張ろう。

こうやっていつもと一緒の日常を迎えられることに感謝して、今年も頑張ります。

宜しくお願いします。

また1つ・・・

November 17 [Tue], 2015, 13:34
年を取りました。
無事にこうして、誕生日を迎えられるということ。
ずっとなんで産んでもらって感謝せなあかんの?と思っていた10代w
でも、ようやく今になって思う。
誕生日のありがたさが。

誕生日に、今年も一緒にお祝いできたということ。
それが何よりもかけがえのないものだということ。

今年は、相方が休みを取ってくれたので、
家族でお出かけでした。
ま、子ども中心のコースなんですがw
それでも、
仕事の出張先で見つけたおいしいケーキ屋さん。
家からは2時間かかるのでなかなかいけないんですが。
今年はそこのケーキを買って、久々に食べることができました。
おいしかったー

ろうそくを灯して、誕生日の歌を歌ってもらい。
自分が年を取るなんて、何にもうれしくないけれどw
それでも、灯がともったろうそくを不思議そうに、でも嬉しそうに見つめたり、
私のケーキの果物を全部横取りしたりする小さな笑顔。
毎日働いて給料も安いのにw
それでも、ケーキを買ってくれた相方。

それだけで、
今年もこの日を迎えられて幸せでした。


さて、書類で年を書く欄になると、
頭を悩ませるようになりました。
30を超えたところまではいいんですがw
そこからわからない。
あれ?年を取ってこの年だっけ?いや、違う・・・
てな具合に。
これ私だけでしょうか?w

職業柄、早くなりたかった30代。
そこに来たから、年はどうでもよくなったw
だって、20代で保護者と話すってかなーり気を使うもの。
その辺、もう30過ぎたしーと諦めがつくのは個人的に楽なんです。

さ、今年1年、
特別なことがなくてもいいから。
みんなで笑って楽しく過ごせますように。

充電期間

October 10 [Sat], 2015, 22:28
いつの間にか肌寒くなっていた。
明日は勤め先の運動会。
2年間担任した子達の最後の運動会。
去年は自分もしんどくて1時間弱で帰ったんだけど、
今年は、午前と午後1時間ずつくらい見られるといいなーと計画中。
お昼は近くでちょっとランチして〜と。


さて、ここからは、「どんだけ恵まれてるねん!!」というやつの独り言です。
きっとイラッとさせる方もいらっしゃると思うので。
スルー推奨。
ごめんなさい。気持ちの整理場にしています。





もう1年半休んでるんだけど。
いつ復帰するかっていうことで、育休の人たちと話す機会があった。

育休をできるだけ長くとる人。
1年ちょっとたつからと復帰を考えている人。
それぞれの事情があるから、どっちでもいいと思う。

私は、何にも考えなくていいなら、今度の4月には復帰希望を出していたと思う。
なんせ、一番向かない仕事=専業主婦だという自覚が。
ママ友、近所づきあい、すごく苦手。

最近、気づいたんだけど、
私はどうしても自分から
「こんな話題を振ってもいいものか。」
「こんなこと聞いて失礼じゃないかな。」
と考えすぎて、何にも話せなくなるw

毎日、支援センターに遊びに行ってるから、
顔見知りもたくさんできたし、まさかの同級生に出会うこともあるし、
きっと話せばいろいろ話せると思うんだけど。
どうも、プライベートになると、話すのが苦手なんだよね・・・
最近は、センターに行くのも迷うこともあって…



だけど、子どもは2人は欲しい。
それなら、また通院しなきゃいけない。
(いわゆる、不妊治療ってやつですね。)
仕事しながら、子育てしながら片道2時間の通院は無理!!
ということで、私にめずらしく、休み申請は2年半。

(不妊治療ってさ、妻の方に原因がなくても、妻が大変なんだよー
不公平じゃない?
っていう愚痴はおいておきます・・・)


いろいろ考えることもある。
戻ったら、きっと浦島太郎だろうなーとか。
ペースをつかむ前に、いきなり主任になってて、パニックなんだろうなーとか。
そう思うと焦るよね。

できれば、男の人に育休が取れたら。
専業主夫してもらって、働きにでるのも面白いなーと思う。
今の日本ではかなり厳しい。
しかも、真っ黒に近い灰色企業。
そりゃ無理だよね・・・


でも、長い人生。
今は長く感じるこの1年だけど。
この1年がこの後の人生での糧になる。
やれるだけやってダメならいい。
もう大切な宝物は手に入れたんだから。
そう言い聞かせて、我慢しています。


こんな悩みを抱えられるのも、
福利厚生ばっちりのこの仕事のおかげです。
仕事してるときは、なんにもいいことないなーと思っていましたが。
今回ばかりは助かっています。

友達がいろいろ活躍している中。
同僚や後輩がステップアップしていく中。
焦る気持ちはないというのはうそになるけれど。
後で取り返せばいい。(そんなの無理だけどさw)

そんな気持ちで、
自分のやらなきゃいけないことをしっかりやらなきゃ。
そして、働いていたときにはなかなかできなかったことに時間を費やす。

働いてたら、図書館通いだって、
ミシンだして裁縫なんて絶対にしなかったもんなーw


のんびりのんびり。
後5年たてば、追い付いてやるんだからとひそかに野望を燃やしつつ。
そんな自分をそっと一休み。
そんな時間を過ごしたいな・・・

カミングアウト

October 05 [Mon], 2015, 23:10
北斗晶さんのブログが大好きで、時々読んでいたけれど。
まさかこんなことになるとは思っていなかった。

1年に1回の検診をしていた北斗さんなのに、
それでも進行してしまう病気。

自分もそろそろ乳がん検診に行かなきゃなーと思っていたので。
なんか他人事のようには思えない。

最初に受けたのが6,7年前?
特に異常もなく、次は30歳でいいよー。
そこからは2年おきに…と言われていた。
ただ、いろいろあって30歳で受けられず、
授乳が終わって次の治療までに行かなきゃな、と思っているのです。

でも、乳がん検診って、40歳にならないと、地方自治体からのクーポンがないので。
全部自費でかなりの金額。
それでも、乳がんになる要因が0ではないから、
受けなきゃな…と思っています。

子宮頸がんは、自治体からの補助があるから、1000円で受けられる。

この差って大きいなーと思う。

たいていは40からの補助。
だけど、20代、30代でも癌になって亡くなる人がいる現実。
しかも、若い方が進行が速い。
この差はどうにかならないのかな・・・
借金大国だから仕方ないのかな…

健康診断も2年すっ飛ばしてるんだけど(汗)
その間に何か起こることもあるだろうに…


健康であることを感謝しながら、
一度病院に予約を入れなきゃな・・・と思っている。
それを実行に移すために。
ここに書き記しました。


まだ、断乳してないから無理なんですが・・・
終わったらすぐ予約しよう。


どうか北斗さん。
元気な姿でまたテレビに出てくださいね。
勝手な一般市民ですが、応援しています。

20年

October 05 [Mon], 2015, 22:50
10年ひと昔っていうけれど、20年だったら大昔になるのかな。
そんなどうでもいいことを考えながら迎えた10月。

20周年おめでとうございます。
さて、ここで、本当に「おめでとうございます」と言っていいものか。
きっとめでたくない気がする。


さて。ここからはかなり思っていることを書くので。
今も純粋に好きな方は読まないでください。
すみません・・・










活動するっていうことが当たり前だと思っていたわけじゃないけれど。
こんな風に20年を迎えるなんて思っていなかった。
なんか、想定していた中で、一番悪い気がする。

友達がしてくれているbotで言われなければ、気づかなかった20周年。
それくらい、今の私の生活の中からはかけ離れてしまっている。


今彼らがしている活動を批判する気はない。
批判することは、同時に自分がこれまで費やしてきた時間と空間とお金を否定することになるような気がして。
もちろん、過去の自分には必要だったからこそ、今の自分がいると思う。

実際にその活動をしていることで、救われている人もたくさんいると思う。

だけど、私には、必要なかった。
形を変えるくらいなら、あの時終わらせてほしかった。
その思いの方が大きすぎる。


実際に、3人(現在は2人だけど)がしている初めてのライブのDVDも購入したんですよ。
どんな感じなのかな、と思って。
でも、1曲目を聞き終えることなく閉じてしまった。
とてもじゃないけれど、聞いてられなかった。
それがどういう気持ちから来ているものかはわからないけれど。

その日から、大好きだった、あんなにライブに行って歌ったたくさんの大切な曲。
そんな曲も聴けなくなってしまった・・・


きっとかなうことはないと思うけれど、
叶うなら、
また5人で演奏し、歌う様子を見たいなーと思う。

ただ、今はごめんなさい。
大事な思い出を、過去の自分を否定したくないから。
静かに距離を置いています。

こんなこと思うなんて、思わなかったなぁ。
少なくともあの武道館の時は。


考えることさえやめていたけれど。
そんな私に考える機会を与えてくれてありがとう。

あれから1年

August 23 [Sun], 2015, 21:20


ひっそりと息をひそめて生活中w

無事、あの日から1年を迎えることができました。
人生が大きく変わったあの日。
びっくりするくらい天気が悪くて、雷鳴を遠くで響いていた記憶しかない。

今までには経験したことがなくてなんて言ったらいいかわからないけれど、
あー本当に幸せだな。
そして、しばらくはいいやw
と感じたのは、今も思い出せるくらいすごい経験だったな、と。

今年は曇空だけど時折日がさす穏やかな日でした。

あまり目立ったことが好きではないけれど。
人生に一度きりだからと、地元新聞に投稿し(笑)、
それを見た友達から、メールが来るというサプライズが起きたり、
キャラ弁ならぬキャラプレートもどきを作ったり、
お祝いの飾りなんか作ったりして。

あー馬鹿です、はい。

この1年、熱や風邪、アレルギー性の体調不良は何度かあったけれど、
入院するような大きな病気もけがも、事故もなかったのは
本当にありがたいです。

「お昼に産まれると、さびしがり屋って言われることもあるよ。」
そう聞いていたけれど、
一人遊びは得意で母いらず。
だけど、
お兄ちゃんやお姉ちゃんが集まっているところにどんどん突っ込んでいき、
嫌がられて泣かされても、
また向かっていく賑やかな所が好きです。

あの日、時間のちょうど変わり目で、
普段よりもたくさんの人に迎えられたのは、
こんな性格だから、様子をうかがって選んだのかもしれません。

そんなことを考えているあたり、馬鹿です。

さ、少し肩の荷が下り、ホッとした気分ですが。
ここからまた大変だと思うので、
「これは一瞬。そのうち向こうから離れていく。」
そう思いながら、わずかな時間を楽しみたいと思います。

産まれてきてくれてありがとう。
そして、おめでとう。

海の上をドライブ

April 19 [Sun], 2015, 7:05
なんの思い付きか、日帰り淡路島ドライブに行ってきました。
花フェスタちょうどやってたから、花を見に行こうって。

でも、メインの会場は混みすぎてたので、南あわじ会場までドライブ。
天気がいいし、眺めはよくて、走っているだけで楽しかった。

着いたのはイングランドの丘。
動物エリアと植物や乗り物エリアに分かれているらしい。

動物エリアでは、珍しいウサギやミミズク、エミューやワラビーがいた。
もふもふ毛の長いウサギの名前がモップって…笑
そして、コアラもいてびっくり。
ほとんど寝てたけれど、起きているのもいた。

花のエリアに行くのに、乗り物を使った。
結構なスピードでテンションアップ。
ニコニコしていた。

こちらでは、お花畑は見頃を過ぎた菜の花。
そして羊やロバを見た。
結構いろいろあって、もう少し大きくなったら一日遊べそうな感じだった。

当初の予定とは違ったけれど、
それでも楽しく過ごせました。
淡路島まで日帰りできる世の中になって、びっくりだね〜

写真は、器用に寝ていたから撮ってみたけど、ズームの限界でぼやけています。

4月

April 17 [Fri], 2015, 22:16
早いよね、今年もう4分の1終わっちゃいました。
我が子は7ヶ月になりました。
でも発達は3ヶ月くらい早くて、もうつかまり立ちをやってのけます。
ずりばいすっ飛ばしてハイハイ→1週間で高ばい?をしようとしてびびるよ。
検診で、先生にすら「まだ7ヶ月だよね?9〜10ヶ月検診でもいいくらいだよ」と言われました。

…誰に似たのだ?


子どもは親を選んでくるといわれるけれど、
あまり信じないようにしてきた。
だって、この子違う親だったら愛されてるだろうな、
虐待やネグレクトされなかったんだろうな、
違う人生歩めていたんだろうな、
そんな場面に何度も出くわしてるから。

でも、なかなか授かれなかった我が家にとって、
こんなに大きな悩みもない子どもが生まれてきたと言うのは、
ちゃんと育てられるか不安な親のもとに、君なら大丈夫だろう…
そんな感じで来てくれたのかな、なんて変なことを考えるようになってしまった。

これから大変なのかもしれないけれど…


それでも、報われるかわからない、出口が見えない病院がよいの日々を思えば、
子育てで大変だ…と言うことは本当に些細なことだと思う。
それくらい、しんどかったんだな…今思うと。

今幸せだからこそ、話す機会があるとすぐお節介してしまう。
子どもを授かりたいと思ってるなら、早めに検査して。
結婚してなくてもできるんだよ。
そして、35が節目だから…と。

あの頃の苦労があって、
自分がどんどん暗くなる経験をして、
そして落ちていったあの頃。
知らない方がよかったのかもしれないけれど、
知ってしまった世界があるなら、
そんな思いをする人が一人でも少なくなりますように。
自分のできること…なんだろうって考える日々です。
P R
最新コメント
アイコン画像anjyu
» うわーひさしぶり。 (2014年11月13日)
アイコン画像千里
» うわーひさしぶり。 (2014年11月12日)
アイコン画像anjyu
» 暑いー (2010年08月05日)
アイコン画像千里
» 暑いー (2010年08月05日)
アイコン画像anjyu
» SOPHIA@愛知勤労会館 2日目 (2010年03月08日)
アイコン画像匿名
» SOPHIA@愛知勤労会館 2日目 (2010年03月08日)
アイコン画像anjyu
» はまっているもの (2009年10月25日)
アイコン画像千里
» はまっているもの (2009年10月24日)
アイコン画像anjyu
» 眠れない夜・・・ (2009年07月06日)
アイコン画像向日華
» 眠れない夜・・・ (2009年07月06日)
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:anjyu
読者になる
田舎に住む一応社会人。
三度の飯より寝るのが好き。
脱走というなの旅行好き。

好き
SOPHIA、Pafume、平原綾香をよく聞く。


◆出没予定◆
0414 SOPHIA@大阪
0415 SOPHIA@大阪
0328 SOPHIA@大阪


Yapme!一覧
読者になる