【 更新情報 】

スポンサード リンク

ウィンドウズ7 価格や種類について

ウィンドウズ7 価格や種類について

ウィンドウズ7は、今年発売予定の注目されているOSです。ウィンドウズ7を開発するに当たり、
マイクロソフトは約200カ国、1100万人のユーザー調査を実施し、改良を進めてきました。
動作に必要なメモリー容量を減らし、効率よく使用できるよう開発されたのがウィンドウズ7です。
ウィンドウズ7は、起動時間やプログラム処理時間の短縮やタッチパネル機能、
地上デジタル放送の視聴など、ユーザー調査で希望の多かった機能を加えています。
マイクロソフトが発表したウィンドウズ7の価格は、家庭向け「ホームプレミアム」が15,800円、
ビジネス向け「プロフェッショナル」が25,800円でした。また、6月26日から7月5日まで間に
インターネットで予約をすると、「ホームプレミアム」は7,777円、「プロフェッショナル」が14,777円になる
優待サービスを実施し、好評だったようです。
また、大手パソコンメーカー各社は、3,000円程度でメーカーが指定する
パソコンを購入したユーザーに対してウィンドウズ7の更新キットを提供します。

ウィンドウズ7 旧OSからの乗り換え方法

ウィンドウズ7 旧OSからの乗り換え方法

ウィンドウズ7は、2009年10月に発売が予定されているOSです。
ウィンドウズ7は、優待キャンペーンでネットからの先行予約を
行った時はすぐに完売したそうです。前回のOSであるウィンドウズ・ビスタは、
問題点が多くアップロードをするのを躊躇した方も多かったようです。
ウィンドウズ・ビスタの良い所を引き継ぎ、問題点は改善したウィンドウズ7は、
今1番注目されているOSです。マイクロソフトによると、ユーザーの意見を
反映させたというウィンドウズ7には、タッチパネル機能やXPモードなどの新機能もあり、
ウィンドウズ7に期待している方も多いと思います。
旧OSからウィンドウズ7に乗り換えるには、アップロード版を購入しインストールします。
ウィンドウズ7は多くの容量を使用するため、ウィンドウズ7のスペックをきちんと確認し、
インストールしないと正しくインストールできず、パソコンが故障する場合もあります。
特に、旧OSから乗り換える場合はウィンドウズ7に対応していない場合がありますので、
必ず確認をしてからアップロードしましょう。

ウィンドウズ7 ダウンロード 評判

ウィンドウズ7 ダウンロード 評判

2009年1月9日よりウィンドウズ・ビスタの後継となるウィンドウズ7のベータ版が
ダウンロード可能になりました。無料で、ウィンドウズ7をダウンロードする事ができ、
ウィンドウズ7の性能などを試すことができます。
ウィンドウズ7は、ビスタの技術を基盤としています。ウィンドウズ7の特徴は、
ソフトの安定性や省電力性、デジタル製品との互換性が高いことです。
これまでのウィンドウシリーズは、新しいOSがでる度に高性能のCPUや記憶容量を
必要としてきました。2007年1月に発売されたウィンドウズ・ビスタの記憶容量は、
あまりにも大きく、古いパソコンなどがビスタへ移行できない問題が起きたため、
ウィンドウズ7では使う頻度が低いソフトをそぎ落とし、ユーザの欲しいソフトは
ネットを介してダウンロードするようにしています。
マイクロソフトでは、ウィンドウズ7のベータ版をダウロードしたユーザの評判などを踏まえ、
完了したものを2010年初めの発売を目指すということです。
ウィンドウズ7のベータ版の評判は、ダウンロードした方のブログなどでも見ることができます。

ウィンドウズ7 特徴について

ウィンドウズ7 特徴について
マイクロソフトは、ユーザからの要望に基づきウィンドウズ7を設計し、改善を行いました。
ウィンドウズ7の特徴としては、ディスプレイの画面を指で触れて操作するタッチパネル機能や、
任意のプログラムをタスクバーに配置し、クリックする事で起動することができる機能など、
ユーザが使いやすいよう考えられた機能が特徴の1つです。
パソコンを使用している人は、良く分かると思いますがウィンドウズは大して使用しないソフトや
機能がたくさん入っていますよね。ペイントなどの使用しないソフトや
使用しない周辺機器用のデバイスドライバーなどのことです。
ウィンドウズ7は、不要なソフトは組み込まないように設定することができ、
余計なハードディスクの容量を消費しません。また、ドライバーソフトも周辺機器につないだ時に、
必要なものが自動的にダウンロードされます。ウィンドウズ7は、不要なものはインストールせず、
必要なソフトは使用するときにダウンロードして使うということも特徴の1つです。
人気がいまいちだったウィンドウズ・ビスタの巻き返しを図るため、
マイクロソフトの名誉挽回のOSウィンドウズ7をぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

マイクロソフト ウィンドウズ7 優待キャンペーン

マイクロソフト ウィンドウズ7 優待キャンペーン

マイクロソフトのウィンドウズ7は、今年発売予定のOSです。前回発売されたウィンドウズ・ビスタより、
処理速度も早く、ユーザーの意見を多く取り入れた使い勝手の良いOSとして注目されています。
起動時間が短縮されたり、タッチパネルにも対応するなど、新機能にも期待されています。
10月下旬の発売予定で、発表されている価格は、
個人向けの「ホームプレミアム」はアップグレード版が15,800円、
通常版が24,800円を予定されています。この価格は、ウィンドウズ・ビスタの時より
約1割安い価格になっているようです。発売を前に、優待キャンペーンとして7月5日までに
ネットで先行予約をされると、半額の7,777円で購入する事ができます。
これは、過去に例のない規模の販促と言われています。パソコンメーカーでは、買い控えを防ぐため、
ビスタが搭載されているパソコンを対象にウィンドウズ7へ3,000円程度で
乗り換えられるキャンペーンを開始していいます。
マイクロソフトにとっては、ウィンドウズ・ビスタの不振を払拭し
ウィンドウズ7で名誉挽回をしたい考えです