オルフェがいなければダービー馬だった?ウインバリアシオンの証明か

December 23 [Mon], 2013, 9:47
まだアンカツさんがウインバリアシオンに騎乗していたとき、武騎手との会話で、
オルフェーヴルが強すぎるだけで、時代が違えばウインバリアシオンがダービー馬
のようなコメントがありましたよね。それだけ一緒にレースをしていて、力があったと
いうことなのでしょう。その証明を有馬記念で示しましたね。
ちょっと内から強引に外に持ちだして、追ったウインバリアシオンでしたが、最後は
脚色が逆に悪くなっていましたが、それでもゴールドシップ以下には圧勝でしたから
かなり強い馬と考えても良いのではないでしょうか。
オルフェーヴルさえいなければ、完勝でしたからね、ちょっと時代が悪かったと嘆く
しかないのですが、昨年、一年間、走れていれば、G1を2勝くらいしていたのかも
しれません。これからも、屈腱炎との戦いが待っていますが、なんとか無事にG1を
一つゲットしてきて欲しいところです。

阪神カップがやって来ましたね。今年は海老名騎手がこれまであまり良い結果を
残してはいないのですが、ここは負けれらない一戦になってきました。阪神内回り
では、前に出ていた方が有利ですから、しっかり騎乗してきて欲しいですね。
十分勝ち負けになると想定したい。
相手の筆頭は、もしかしたら外から差し切りを狙うエピセアロームです。距離はこの
くらいの方があっているのではないでしょうか。阪神との相性は良いですから、
しっかり直線で追い比べをしてきて欲しいですね。楽しみです。