力士や行司など5人がけがをしました

March 10 [Fri], 2017, 17:25
警察の取り調べに対して神田容疑者は「監禁しろと指示したことはない」などと容疑を否認していて警察は仕事をめぐるトラブルが原因の可能性があるとみて捜査しています。(毎日放送) セ?パ交流戦、DeNA11−0ロッテ、3回戦、DeNA3勝、5日、横浜)DeNAは、投打がかみ合い交流戦巧者のロッテを3タテした。先発した山口俊投手(28)が完封。打線も18安打11点とロッテ投手陣を打ちのめした。昨シーズンの交流戦でわずか3勝しか挙げられなかったDeNAだが、早くも4勝目を挙げ昨年を上回ったsalesoftjp.com。(サンケイスポーツ)◎東京?台東区で大相撲の関係者が乗った車と乗用車の事故があり、力士や行司など5人がけがをしました。


5日午後1時10分ごろ、台東区浅草橋の蔵前橋通りで「乗用車同士の事故です」と119番通報がありました。警視庁によりますと、並行して走っていた2台の車のうち左側の車線を走っていた乗用車が何らかの原因で道路脇の縁石やガードレールにぶつかり右側を走っていた小型車も絡んだ事故になったとみられています。東京消防庁によりますと、事故を起こした乗用車には大相撲関係者6人が乗っていてそのうち運転していた20代の行司と30代の幕下の力士が重傷で、20代と19歳の幕下の力士が軽傷です。また、小型車の助手席に乗っていた50代の女性も軽傷です。5人はいずれも命に別状はないということです。


警視庁が事故の原因を詳しく調べています。(テレビ朝日系(ANN))◎熊本地震を受け、地震保険への加入の問い合わせが相次いでいるという。さらに、2017年1月の保険料改訂によって、全国平均で保険料が5.1%値上げになる点も地震保険への注目が集まる一因となっている。しかし、かけこみ加入をすべきなのかどうかについては、一概にいえないようだ。ファイナンシャルプランナーの清水香さんはこう語る。「2017年以降、保険料が上がる人は今年中に入ったほうがトクするかもしれませんが実は保険料が下がる地域もありますし、5年契約では割引もあります。地震リスクは上昇しており今後も保険料はアップする見込み。


いつ入ったらトクか、ではなく確実に契約を続けることが大切です」具体的な疑問をぶつけてみよう。「京都に持ち家に住んでいるが、最も安全な一等地だし地震保険には加入しなくてもいいのではないか?」答えは、「等地に限らず、持ち家のかたは絶対入ったほうがいい」と清水さん。実は、今回大きな地震があった熊本も同じく「1等地」に選ばれていた。つまり、日本中どこにいても大地震は起きうるというのは大前提。その上で気にしなければいけないのは“持ち家である”“ローンが残っている”“貯蓄が100万円以下”“身を寄せる先がない”の4項目。


1つでも当てはまったら、絶対に加入すべきだ。「いちばん必要なのは、住宅を買って間もない人です。残債があるにもかかわらず手元にほとんどお金がない状態。買ったばかりの家が倒壊すると借金だけが残るといういちばん悲惨な状態になります。実際、阪神?淡路でも東日本でも、そういったかたが続出しました」(清水さん以下「」内同)地震保険の必要性の高さは、住宅ローンなどの負債総額と被災後に残るお金を予測し比べるとよい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:win10keys
読者になる
最新コメント