ゼブラノコギリクワガタでヲルバ

July 09 [Sat], 2016, 7:55
介護士になるための手段として、一般的に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した介護士の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。それに対して、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習をすることに重きを置いているのですぐに戦力として使える人材になれることだと思います。能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。

近年ではだいぶ行なう介護施設が増えてきました。介護士の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。
そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。

介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、人によっては介護士としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。
こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職そのものが危ぶまれます。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立介護施設が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった介護士としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。数年ほど、介護士として働いているのですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。


それから、たまにあるお酒の席などで見られる、介護士たちの酔い方、といいますか、酔態はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。

あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。



介護士として働く人は女性が大部分を占めているため、人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。
それから、勤務時間がばらばらであることや、労働環境の大変さによって結果的に離婚してしまう方も多いようです。

自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。



転職活動の場面においては、介護士であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けなければならないことがあります。注意すべきこと、それは特に履歴書の中の志望の理由の書き方です。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。日夜、介護施設で働く介護士は休日がどのようになっているのか気になりますよね。


実際には勤めている現場でそれぞれ異なるようです。特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトに沿っての仕事になりますから、休日や出勤日が変則的なことも普通です。
大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。

介護施設という場所で働く介護士は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、心にも大きな負担がかかるということになります。
そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを探し出せるかどうかというのは、この先も長く続けたい場合はかなり重視するべき点ではないでしょうか。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それなりの額を受け取ることができるようになっています。
翻って個人介護施設の状況ですが、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。

決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。
笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、介護士は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。
具体的に調べてみると、介護士の結婚年齢は一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が判明しました。結婚が遅くなる人に多い理由は、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。


病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、介護士は絶対に夜勤が必要になる職業です。具体的な勤務時間でいうと、2交代制か3交代制かでまた違っています。
2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。
対する3交代勤務の夜勤では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。

就職しようとしている介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、前もって知っておいた方が良いでしょう。

なぜ介護士をやるのかといわれたときに、欠かせないものに「給料が高い」ということがあります。

卒後間もない介護士の場合も、同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。

ただ、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに返していかなければなりません。

介護士の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、もしも離職している期間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。



これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、働き手が足りていない現状が大きな原因といえます。

転職先も雇用形態も特に希望しなければ極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。長く介護士として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。せっかくのお休みにもデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みを抱えている方も多いようです。
他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。
規則正しい勤務時間がいいのなら、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、介護士で多いものは、職場での人間関係のストレスや交代制による不規則な勤務形態があります。


一般的に介護士の多くが女性なので、複雑な人間関係がつくられているところも多いのです。
勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。



問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも間違いではありません。
介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。


それに加えて外来勤務においては、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。

例外を除いて、夜勤ももちろんありません。
忙しいかどうかは、介護施設や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。
勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは診療科や介護施設によってもかなり違ってくるでしょう。



言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。
二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、介護士の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、つくづく、身体に負担がかかっていることを自覚したりします。
激務で知られる介護士ですが、どんな時に介護士としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。

それと、患者さんの家族や関係者の人に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、最高にやりがいを実感できます。
世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。



ですから、やりがいを覚えなくなったら、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。

スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。
どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった単純な業務とは言えませんから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。
人によっては、介護士としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。
大学介護施設など、高度な介護を行なうところでさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。

介護士を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、決められた労働時間以外の業務もあったりして仕方なく残業することも日常茶飯事です。
ですが、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。


直前まで愚痴を言っていてもすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士はさながら女優だなと感じます。

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、介護士として役に立ちたいという考えを持った介護士の方が増えています。

現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。



海外においては患者との円滑なコミュニケーションのために英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。
もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。
介護士は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。介護施設以外の働き口も介護士には多く、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。しかし、メインの方の職場でWワークを禁じていることがあったり、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。

入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。


そこで、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代しながら働く形になります。



夜勤のある仕事ではどうしても、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。

免許が必要な専門職である介護士は介護や介護など、様々な場面で求められています。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。
しかも、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。
近年においては、ウェブ上のサービスとして転職や求人を介護士に特化したサイトがたくさんありますから、そういったところを利用してぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。


介護士の仕事はその他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。

そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。
そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。
勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというのは珍しくありません。



給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのがベストな形だと思います。


少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護施設利用者も増加して、介護士もますます大変になっています。その労働環境は厳しく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、結果として過労死を迎えてしまった介護士もいました。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに介護士の需要は高まっており、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。

でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。

多くの覚える事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。
このような仕事のストレスで、こころの病に侵される介護士も多いそうです。


責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。


介護士も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと階級も上がっていきます。
例えば、婦長という階級は比較的想像がつきやすい役職ですよね。

でも、他にも役職があるのです。

一口に介護士といっても、学生やパート介護士が珍しくありませんので、正介護士であれば役職的には上の立場に立っているという訳です。
収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。皆さん介護士というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「介護士」と言えば「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、他の仕事と同様に、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドが適切に配慮することが重要であるということに疑いの余地はありません。介護士の仕事と言っても多岐に渡りますが、中でも注射や採血は介護士の代表的な仕事ではないでしょうか。好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、注射の必要があるのならば、上手な介護士にお願いしたいですよね。
とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hinata
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる