新藤だけどティファ

July 08 [Fri], 2016, 14:34
実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果があるといわれています。約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというプログラムがありました。
私の子供が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。



特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効果があるそうです。
私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、幼い頃は、親の虐待を疑われる程、かなり痛ましい姿でした。

いろいろな治療法を施してみても、効果が出なかったばかりか、家を引っ越したところ、急に肌がキレイになり、あれほど酷かった痒みもおさまりました。
思いきりよく環境を変えるのも、アトピーに効果的かもしれません。身体に乳酸菌が良いことは事実でよく知られていますが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。



これについても事実かもしれません。



それは、個人差があるほか、乳酸菌はあくまでも菌であり、効き目が出る薬ではないからです。自分に合うものかどうか試してから考えてください。
近年は毎年のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。
年々予防注射を実施する人も上昇しているようですが、都市部ではとても多くの人が発症しています。感染経路は様々考えられますが、特に電車や街中、仕事先など、大人数と接触する空間で感染をしているのだと思います。



乳酸菌を必要以上に多く摂取しても特に副作用を心配する必要はありません。
ところが、いくら体に良くてもヨーグルト等で過剰摂取すると、カロリーのとりすぎになってしまう、可能性がございます。
実際、吸収できる量には限りがございますので、常識内の量に保つと確実でしょう。アトピーの角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも少なくて、お肌のみずみずしさやバリア機能が減っています。これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿することがとても重要です。

それ故に、お肌を守って、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を塗ることが必要なのです。インフルエンザに感染したことが判明すると学校などには、5日間出席できなくなります。

インフルエンザに感染した際でも、発熱は2、3日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。



熱がすっかり下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。なので、出席停止の期間を守ることが感染を防ぐのに必要なことです。

何日も大きい方が出なくなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口が臭くなります。


どのように毎食後歯ブラシをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口臭は腸から胃を経ていらないものを取り除こうとし、口が臭い結果となるのです。


そうなると、お通じがよくなると、口臭もあわせて改善されると言われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Anna
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wiltoevwogrcdb/index1_0.rdf