2006年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:will-always
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
一週間で・・・ / 2006年02月18日(土)
こんなにも落ちることがあるのか。
でも、まだ落ちようがある余裕があるから怖い。
あまりの落胆に思考回路もストップ・・・本当にショックな時は以外と強くなれるのかも。
すべてをなくしてしまってるわけじゃない。
自分の決意とは裏腹に人生は皮肉。
でも、初めて自分を変えたいと思った。
動いてみる。
 
   
Posted at 09:39/ この記事のURL
コメント(0)
好きだから / 2006年02月06日(月)
好きだから別れる。
好きだからつらい。恋愛に不安はつきもの。
好きだから不安になる。同でもいい人だったら悩まない。
なのに、私は結局自分が一番好きだから。傷つくことから逃げて自分を守ろうとしてきた。
何ごとも長続きしない。
そうやっていつも自分に負けてきた。

彼が電話にでないとき、連絡がとれないとき、何してるんだろうって
夜眠れない。いろんな妄想が浮かんできて。
一人でお酒を飲んでふらふらになってようや浅い眠りにつく。

もうそんな毎日は終わりにしたい。酒はやめないけ(^^;)ど、そんな惨めな考えを
少しずつ捨ててみる。
そんなこと考えなくてもいいくらい忙しくしてみよう。楽しき生きてみよう!
毎日葛藤。些細な出来事に一喜一憂して今日も過ぎていく。

明日は雪かな。
 
   
Posted at 23:59 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
危険な橋 / 2006年02月05日(日)
私は悩むのが趣味なのかもしれない。
そして自らがトラブルの中へ突っ込んでいく習性があるようだ。
今までの人生を振り返ると悩むためにトラブルへ突っ込んでいるのか、
トラブルに突っ込むから悩むのか。。。まあ どちらにしろそういうサイクルができている。

それは週末の出来事。
彼にはさんざん誠実さを求める癖に 私自身ガードが甘かった。
飲み会のメンバーの一人から2ヶ月限定で(とある事情で)付き合おうという軽い提案に乗りそうになってしまった。
普通なら期間限定のお付き合いなんてありえないと思うが、
そこが私には魅力だった。
わかっている。この危うい橋を渡ればそこには誠実さのかけらもない
暗闇しかないのは。
彼氏もいる。なのに、どうなるんだろうという好奇心と
スリル感からまた飛び込んでしまいそうになってた。

ああ。危険すぎる。

しかし、今回はしっかりと踏みとどまることができた。
ここでまた突っ走っていたらまらブログのネタはできたかもなぁ。。
 
   
Posted at 23:15 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
恋愛マスターへの道 / 2006年02月04日(土)
結婚詐欺に間違いない!!


といつもの妄想力が働いた。

だけど、1ヶ月たって、2ヶ月たって・・・彼を見てるかぎりどうやらそうではなさそう。
うーん。しかし彼の言動はいつも理解不能なところがある。
ぶっとんでいるとゆうかなんとゆうか。
まあそれが彼の魅力でもあるんだけどね。
いろんな価値観の人がいるし、そんな展開もありかもしれない。
なにより彼は彼の今までの経験とか気持ちとか全部直球でまっすぐにゆってくれる。(と思う)
すべて本当ならこんな正直な人はいない!!
彼をとことん信じようっ!!って思えたの。


なのに・・・



この間、彼の家に遊びに行ったら女の人のお泊りセットを発見。

頭パニック

今までの彼とのやり取りが走馬灯のように頭をかけめぐる。
彼の行動すべてが疑わしく思えてきた。
そのときは私の性格上やっぱり聞けなくて、でも今回はさすがに見てみぬふりできず
後で電話で問い詰めたわよ。
なんて言い訳してくるのかって思ったら
案の定、お母さんのだって。それしか言い訳のしようがないだろうけど。
ありえない!即別れるメールを打ったわよ・・・

だけど、送信はしなかった。

私は彼を信じることにした。
・・・いや。本当はまだ疑ってる。
でも、別れたくなかった。
もし、他に女がいるとしても、私がもっともっと魅力的になって彼をとりこにしてやる!

と決意した今日この頃。
果たしてこの選択は間違っていなかったんだろうか。。。
後で泣くことになったとしても、後悔はしない。

きっとそのとき私は成長してるはず。

私は恋愛マスターになってやる!

心得 その1
       素直になる
 
    その2
       相手を信じる

    その3
       自分から感情的になって別れると言わない。

    その4
       自分を磨く
 
   
Posted at 17:36 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
自分の恋愛分析 / 2006年02月04日(土)
私は結構疑り深い。
とゆうかそれはすでに妄想の域にはいってる
日常生活に関してはまったくないんだけど(とゆうかむしろ信じすぎて騙される)
恋愛においては、なぜか相当疑ってかっかってしまう。
彼に騙されてるんじゃないか、実は結婚詐欺じゃないか、
浮気してるんじゃないか、私が浮気相手なんじゃないか などなどなど
友達に相談しても飽きられるくらい自他ともに認める妄想癖の女。
だけど、つきあってる相手には絶対それを悟られないようにしてる。
彼の行動が怪しくても心の中ではめっちゃ疑ってても何も気づいてないふりして。
内面ではまさに小早川伸木の奥さん状態なんだけど、表面上はあくまでクールに。
(できてないかもだけど・・・
それに、そういう自分を見せないのはお馬鹿なプライドもある。
私はいつも余裕があるのよっ、あなたがいなくても平気なのよって
相手に思われたくて。逆に嫉妬してほしくって。
だから、相手に素直に気持ちを伝えられなかったり、気になることがあっても聞けなかったり。
怪しいって思うところがあってもいえなくて
それが自分の中で妄想と化してどんどん不安がおっきくなって、ある日突然別れを言い出してしまう。
今までずっと(数少ない恋愛経験の中で)その繰り返しだった。
相手とまっすぐに向き合うのが怖いんだと思う。
自分のいやなところを見せるのも自信がなくて嫌われたくないから。

そんな私も2ヶ月前に彼氏ができた。
でも、彼は知り合ってすぐ付き合うようになって結婚まで言い出してきて・・・
なんか怪しい・・・こんなトントン拍子にことが進むわけがない。
すべてが早すぎる。
これはこれは、

結婚詐欺に違いない!   
                                  つづく・・・
                                               
 
 
   
Posted at 16:28 / 恋愛 / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!