第一話 2nd

April 13 [Thu], 2006, 20:33
「まぁ…だからこその俺の出番なんだが」
逆立ちしようとも勝てる算段のつかない戦に対し、上層部は一つの決断を下した。
真っ当な手段で勝てないのならば、真っ当でない手段で立ち向えばよい、そう言ったのは海軍統帥部の一人だったという。
その手には、かつてヨルスが海軍兵学校時代に提出した一綴りの書類が握られていた。
その表紙にはこう記されている。
「プロンテラ海軍における軍備、将来における海軍航空戦力について」
その結果が、今ヨルスの目の前に広がっている。
彼の指揮する戦力のうち、17隻の巡洋艦は全て長方形の甲板を持ち、本来砲を収めるべき舷側には、甲板を支える支柱のみが見えている
翼龍搭載型巡洋艦、略して「龍巡」もしくはドラゴンクルーザーと呼ばれる全長60メルト余りの艦こそ、アルベルタとの決戦に向け、王国がその国庫を傾けてまで整備した決戦兵器だった。
「司令、全艦異常なし、翼龍、操龍士ともに欠員はありません」
ヨルスを補佐する目的で派遣された副官が、陸軍のそれとは違うコンパクトな敬礼を行いつつ報告を行う。
「わかった。追従する全ての艦に通達、総員第二戦闘配置にて待機、決戦に備えろ」
「了解しました、しかし…」
副官が紙巻を差し出し、ヨルスが咥えると自分も一本取り出し、火をつける
「よく上層部が決断しましたね、あのような艦の建造を」
「なに、これも時代の流れだ」
たしかに、龍巡の形状は異常とも言えた。d
  • URL:http://yaplog.jp/wildwildwest/archive/37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像すかし
» 第一話 3rd (2008年10月21日)
アイコン画像新妻Y
» 第一話 3rd (2008年10月01日)
アイコン画像酢だこ
» 第一話 3rd (2008年09月27日)
アイコン画像ちちち
» 第一話 3rd (2008年09月24日)
アイコン画像らす
» さてどうしようか・・・ (2006年01月27日)
アイコン画像
» さてどうしようか・・・ (2006年01月20日)
アイコン画像片倉
» さてどうしようか・・・ (2006年01月20日)
アイコン画像つきかなぎ
» さてどうしようか・・・ (2006年01月19日)
アイコン画像Vent
» さてどうしようか・・・ (2006年01月19日)
アイコン画像玉鬘
» さてどうしようか・・・ (2006年01月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wildwildwest
読者になる
Yapme!一覧
読者になる