伊豆ツーリング(二日目) 

June 04 [Mon], 2007, 21:46
旭から伊豆まで行きは片道3時間半
こりゃ帰るの面倒くさいと思って、俺一人一泊してきました〜。
ちょうど沼津に大学時代の友達がいて、連絡したらなんと有休まで取ってくれてありがたや
しかも案内までしてくれていたれりつくせりでした

とりあえず二日目のルートは、一日目で箱根の峠は越えてしまったので、予定を変更し芦ノ湖ぐるっとして御殿場方面へのショートツーリング

でもなぜか月曜なのに混んでてなかなか気持ちよく走ることができなかったな
でも海賊船も見れたし、おいしい湧き水ポイントも発見してまた来たいって思いました。

そして今日は早めに帰路へ。。
明日仕事だし、一人だしペース上げて帰るかな〜って思って帰ってきたらとんでもないタイムを出してしまった
まずは御殿場から給油ポイントの海老名SAまでだいたい距離にして45キロくらいあるんだけど、そこまで20分で着いちゃいました!!
20分ってことは平均速度でここまで1○0キロくらいか
しかも御殿場から東金インターまで1時間半で帰ってきた…
空いてたのもあるけど、それにしても…
飛ばしすぎだな。。よくバリオス壊れなかったなぁ

伊豆ツーリング(一日目) 

June 03 [Sun], 2007, 21:43
行ってきました伊豆へツーリング
前日夜に連絡がやっと来て、集合は海老名SAに8:30
いつもギリギリまで連絡が来ないっての分かってたので、とりあえず飲みにはいかず待機してました

海老名まではだいたいこっから130キロ
燃費の悪いバリオス(12キロ/L)ではここから海老名までガソリンが届かないので、東金インターから高速へ。
今回で二度目の高速使ったツーリング
前回はことごとく不調で止まりまくったので、今回はどうかな?って思って早めに出発したけど、もう完全に直ったようで高速乗る前に一度ガス欠で止まった以外は一回も止まらずノンストップでいくことができた!!
かなり感動

みんなと合流してからは、平塚方面で高速を下りて箱根ターンパイプを通って東伊豆へ。
ターンパイプはライダーがいっぱいいて、凄かったなぁ
サイドバックとか積んでなくて一人だったらきっと熱く走ってしまっていた所でしょう。。
でも何とか興奮する気持ちを抑えて抑えてのんびり景色見ながら走れました

その後は、写真三枚目の御土産屋さんみたいな所で蟹汁飲んでお勧めのなんとか寿司っていうのを食べました

久しぶりの寿司は上手かったなぁ〜、そしてやっぱ蟹汁は上手い
前伊豆来たときも蟹汁が一番印象に残ってくるくらい美味しいです。

そして腹ごしらえをしたところで、のんびり温泉
日帰り温泉にしては高かったけど、海底温泉というところで、温泉の壁が水槽になっててサメとか海がめとかが悠々泳いでるところを見ながら漬かってきました
水族館好きにはああいう趣向は堪らないかもね〜(続く

ツーリングin幻の滝 

May 26 [Sat], 2007, 9:47
今日はいつもの通り午前中の教習をこなしてから、幻の滝を見に行ってきました。
何が幻って、その時の天候によって全部見れるとは限らない!!
全部っていうのは一箇所に五つの滝が集中してるんだけど、運が良くないと全部が出現しないらしいんだよね〜
俺らは三つしか見れませんでした
あとは道が崩れて先に進めなくなってた
そう来るとは思ってなかったな

房総ツーリング 

May 01 [Tue], 2007, 12:17
天気サイコー☆
まさにツーリング日和

今回の目的地は「がんこ屋」
今まで何度訪れても、「野良仕事に行ってます」って張り紙だけしてあって幾度と無く玉砕した店


でも今回やっとあいてました!!
雰囲気はほんと昔の茶屋みたいな感じの佇まい
気になるメニューは蕎麦屋やのになんじゃもんじゃカレー
結構前になるけど、ぐるっと千葉に載ったメニューです。

一日10食限定だけど、おっちゃんに頼んでみたら快く作ってくれて、がんこ屋って書いてあるから昭和のがんこ親父風かと思いきやめちゃくちゃ面白いおっちゃんでした!!

お味は米は太古のお米を再現した赤みのかかったご飯(赤飯の原点となったお米らしい)
古代は皇族した食べれなかったんだよなんてことを教えてもらい楽しくおしゃべりしながら頂きました。
カレーは十数種類のスパイスを効かせたパンチのあるカレー、辛いカレーの食べ方なんぞも教わりました


味もおっちゃんもかなりお勧め☆
ぜひ千葉に来ることがあったら寄ってみてくだせぃ

だいたい野良仕事か山に食材調達に行ってるので不在ですがね

三浦半島ツーリング(トラブル編) 

April 22 [Sun], 2007, 23:16
初めての県外ツーリング☆
初めての高速デビューでございます。。

前日の飲みで二日酔い&強風&小雨と悪条件が重なりましたが、色んな意味で一生忘れない思い出ができました。


5時起床
前日というかさっきまで飲んでたので酒臭い。
まずはバイクのある実家まで移動しなければなりません。
バリオスとはこの間修理から引き取り以来のご対面。
相変わらず埃にまみれております。
車で20分ほど移動し、いざ出発♪
集合場所の大黒まで一回の給油で行けない距離なので、東金インターから乗ろうと下道をとことこ走っていきました。
朝は車少ないし、気持ちがえぇね!!
ただ既に雨が降っておりますが…
第一回引き返そうか悩み中
しかも自分のはく息の酒臭さに酔いはじめる

とりあえず中止の連絡もないので、そのまま高速へ乗る。
東金有料いい感じで爆走〜と思いきや千葉手前で1気筒死す
またガソリンいってない(ノ_-;)
千葉東の出口見えたあたりで完全に停止。
押しがけやってもうんともすんとも…
でも出口目の前。
ここで引き返せってか?
第二回悩み中

その後30分ほど足止めくらい、やっとかかったと思ったらまた1気筒死す。
しかも次の出口ぴったりで。。
そんなに帰りたいのかバリオス君?
そんな感じで走っては止まりを繰り返すうちに、ちょっとコツをつかんできた。
走りながらコックを強制供給に変更、でもガソリンどっぷりにならないように数分ごとに走行しながらコックを切り替え切り替えで、騙し騙し湾岸のトンネルあたりまで生きながらえる。

がしかし、エンジン死す。
トンネルど真ん中で動かなくなる。マジこえ〜
ここでも頑張って復活してトンネル抜けたら次は横浜ベイブリッジ中央でエンスト
チェックポイント?
全てでエンスト起こしてます。
しかも今日風強いし、下海だし、橋めちゃくちゃ揺れるしどんでもね〜
貴重な体験☆

ってな感じでトラブルおこしまくりの出発だったけど、なぜかみんなと合流すると元気になるバリオス君。
外ヅラ良さすぎ
たまには言うこと聞いて下さい

番外編(スノボin丸沼) 

February 11 [Sun], 2007, 10:18
群馬県、日光の近くの位置する丸沼高原スキー場
沼田インターから1時間くらい下を走ったところにありました。
暖冬の影響で雪が殆どない状態で、ここは220cmという脅威の積雪量を誇ってました。
標高は1500〜2000m
上級コースは雲がかかっていたりして、なかなか面白いです。

リフトはロープウェーが一基にリフトが数基
雪質はたしょうベチャッていたけど、なかなかグッド♪
ただリフトのつなぎが悪い印象をかなり感じた。
そしてコースが狭い。
混雑してくると、クラシュの危険性がかなりありました。

番外冬、スノボ(in舞子) 

January 21 [Sun], 2007, 17:51
金曜夜から出発し、1泊3日で新潟にいってきました。
今回は、友達の会社の保養所に宿泊なので激安です。

初日、8時からゴンドラ並びましたが、去年は結構待った気がするけど、今年は列が全くない。
ゴンドラもリフトも待ちなし状態で乗れました。
でも待ち時間もない代わりに雪もやっぱしない…
数本滑って、雪山に乾杯(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪


それから全コース制覇しましたが、どこも雪がなくちょっと物足りない。
初日は20本は滑ったのかな?
この調子で晴れられたらきっと明日のコンディションは最悪だなっていいながら初日で思い残すことないよう気が済むまで滑ってきました。
保養所に戻って、先輩が地元の酒屋で調達した日本酒もらって乾杯(*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪


二日目、予想以上の天気の良さに愕然。
絶対もう雪ないよ。ってことで二日目は全員一致でのんびりして帰ろうってことに。
男の味に酔いしれながら早々に引き上げてきましたとさ

番外編、日光車の旅 

November 04 [Sat], 2006, 10:30
亡霊・天使・ウマーの三人でプチ旅行☆ミ

前日遅くまで飲み&カラオケ行ってて本当に行くのか?って誰もが疑問に思いつつも翌朝5:00にウマー宅へ集合。
ちゃんとみんな起きたところがすごい

目的地は日光へ狩りに。
でもいろは坂へ激混みらしいので、そこは通らず竜王峡たるスポットへ向かう。
当初かなりの渋滞を覚悟してた割には目的地に到着する直前までほとんど渋滞なし!
結構穴場か?

雑誌には竜王峡自然研究所とか書いてあったから、どんな施設があるんだ?とか思って行くと、通りすぎます。
そんなものは一切なくただのハイキングコースでした〜。

途中省略

川がとてもきれい
空気がうまい


そして事件は折り返し地点で起きた。
山と言えば川、ハイキングと言えば川沿いを歩くべし。
という考えもってる亡霊。
ここの唯一の欠点は、落差がありすぎて川に降りれない!!
綺麗だけど高すぎるのですよ!
見るだけじゃ満足できないのですよ!自然は肌で直接触れて感じたい!

ってことで、比較的高さがないところを捜し求めて川に下りるチャンスをうかがう。
下まで3〜4メートルってところかな?
さっき遠くから見たけど、人っぽいのがこの辺り歩いてた気がする。。
この辺降りられるんじゃないかなぁ・・・
と思い、天使とウマーにちょっと待っててもらって、コースを外れ一人茂みに入り探す。
そして発見

ここなら降りれる気がする!
ちょっと切り立った崖になっているが、俺なら行けるって思い一歩二歩。

「あ・・・ドサッ!!!!!!!!!!」

今思えば、なぜあんな急斜面を普通に歩いて降りようとしたのだろう?
斜面の角度はほぼ90°。そのまま歩いて降りられる角度ではない。
当然体は崖下に持っていかれる。

「やばい!こんな切り立ったところに落ちたらただじゃすまねぇ、かなり高いが飛び降りるしかない」
って落ち体制入ってる途中で考えがめぐる。そしてジャンプ

イッテェェェェ!!!!!

着地に失敗し左側から落ちる。
しかも落下速度が速すぎて足でスピード吸収できず、膝に顔面直撃。

数分動けず・・・

やっと痛みがひいてきたけど、冷静になってくるとかなりの緊急事態なのでは?
足痛くてびっこ引かないと歩けないし、しかもここまでくるのに1時間以上険しい山道。
帰れるのか?

でも当然助けは来ないので、今落ちた崖をロッククライミング!
の前にせっかく落ちたので川でピチャピチャ♪
気持ちいいが痛い・・・
痛いが気持ちいい・・・

とりあえず川を満喫したところで上る。
落ちた現場↓

上に上って改めて見ると、結構高い。
普通だったら絶対飛び降りようなんて思わない高さ。
俺よくここから落ちて平気だったなぁ

とりあえず仲間と合流してみな疲れていたので引き返すことに。
しかしかなり足痛い
ちょっとペース落としてほしい
でも間抜けすぎて言えない・・・
つか行きは一人で黙々進んでいたのでここで遅れをとるわけにはいかない
痛いけど先頭引っ張る
そんな葛藤を繰返し出発地点まで戻る

続く

番外編、日光車の旅(続き) 

November 03 [Fri], 2006, 11:20
出発地点に戻ったところで時刻は14:00くらいだったかな
二時間以上は歩いてたんだね。
そりゃほか二名は疲れるわな。

とりあえず腹も減ったので、ここで昼食をとることに。
俺が食ったのはゆばうどん↓

さっぱりしてるよとか言われたけど、さっぱりしすぎ!
あんましうまくねぇ

その後は近くのなんとかダムを見に行き温泉入って帰路につくことに。


温泉↓

って写真撮ろうかとおもったけど、ありえない。無理、撮れない
だって道から丸見え
フルチンのおっさんらのオンパレード
シャワーもなし、お湯もぬるい
極めつけは混浴
20代のおねーちゃんが同じ風呂に・・・
下手に写真撮ろうものなら通報されそう

落ち着かず早々と出ることに。
結果温泉はしご。

俺は脚も腫れてきて傷によくないって思って車でお留守番
今回の旅ははずれが多いな(笑

って思ってたらまだまだこんなものではなかった。。

帰り。
時間も早かったので、埼玉で高速を降りてR16で帰ることに決定。
降りる直前で俺が運転になったが、今日の俺はおかしかった!

R16逆走
しかも何を思ったが八王子まで!
散々ナビに警告されているのにも気づかず、気づいた時には横田基地の前。
なぜ東北道降りて千葉に向かったはずが、中央道のICのって帰ることになるんだ?
ありえない旅だった

初先頭 

October 21 [Sat], 2006, 23:36
今日はいつものFTメンバーではなく、謎のツーリング部の皆さんとツーリング。
集合は姉崎袖ヶ浦ICの近くに11:00。
初対面で遅れちゃいかんと気合いれ、走る。
集合場所まで約2時間の道のり、初対面の人たちと遊ぶって妙にドキドキする。
俺の興奮バイクに伝わったか?ペース激早!
下道なのにほぼ100キロ巡航、当然早く着く。

先方は神奈川方面から来てる方もおり、渋滞にはまり遅れる。
結局40分くらい待つ羽目に(-_-;)

待ちくたびれた頃颯爽と現れたツーリング部の皆さん。

カッチョイイΣ('=';) ハッ!!

みんな皮ジャンまとって、マシンもピカピカ☆
見たことないレアなマシンも拝むことができて最高♪
かなり大型&皮ジャンほしくなる。


11:30頃、全員そろったところで出発。。
とりあえずルートはR410を南下。
そう、魔のR410・・・
この道を使うと一度として迷わずに行けたためしがない。

そして案の定、道に迷う( ̄□||||!!

東京湾に抜けるはずがなぜか養老に行く。
知らず知らずのうちにかなり太平洋に近いところまで来てしまったー。
やっちまったぜ

せっかくきたので千葉県名所粟又の滝を案内。
マイナスイオン浴びて癒される。

癒されたところで腹が減る。
とりあえずそこらで済まそうと山越え海に出る。
「海沿いにきっとおいしい店あるからそこよりましょう」
といっておきながら優柔不断が災いし、タイミングを逃しまくる。
気づけば房総横断、東京湾に出る。

遅めの昼食。
これまた千葉県名所の「ばんや」で飯を食う。
俺は何回か来てるけど、県外から来た人にはやっぱここを案内しないと始まらない。
今日は海に落ちてる親父はいなかった。

その後やっと本日のメイン鋸山に到着。
がすでに4時。
ロープウェーのくだり最終は5時・・・
一時間しかない。俺が道に迷わなければ(~_~;)ま、いっか。

とりあえず地獄のぞきは見なくてはと思い、足早にいってみる。
が、ついてこない。。
普段あまりこういうところは歩かない様子。
うちらが歩きすぎなのか?
意外と往復40分のコースで十分だったかも。