WiFiレンタル.comで国内用モバイルルータをレンタルするメリット

April 10 [Sun], 2016, 18:30
普段は海外で暮らしているのだけれども、
1週間だけ日本に一時帰国。

たった7日間だけども常時ネットに接続できる環境が欲しいから、
国内用モバイルWiFiルータをレンタルしてみようかな、
と考えている方も多いと思います。



確かにレンタルなら、契約期間の縛りもなく、
1日単位で必要なだけ利用できるし、

初期費用や事務手数料も不要なので、
短期間だったら圧倒的に便利でお得です。

でも、実際にレンタルを申込む前に、しっかりと確認しておいたり、
頭に入れておいたほうがいいことがいくつかあるので、
それを簡潔に記しておきます。

知らなかったばっかりに、こんなはずじゃなかったのに、
ということがないよう、注意しておいてください。

まずもっとも大事なのは、申込もうとするルータの
サービ対応エリアをしっかりと確認しておくこと。

モバイルWiFiルータは、キャリアによって、
対応エリアが微妙に異なるので、

日本滞在中の主たる活動地域がちゃんと
エリア内にあるかどうかを事前に確認しておくと安心です。

次に、レンタル開始日と終了日についてです。

レンタル会社により若干の差異はあるのかもしれませんが、
レンタル開始日については、ルータが指定場所に届けられた日
と決めるレンタル会社が一般的かと思います。

ですので、配達されたときに不在だったため、
実際には受けとれていない場合でも、
その日からカウント開始となります。

また、返却日にかんしては、レンタル会社により
返却方法が異なりますが(宅配便や郵送など)、
特に気をつけたいのが宅配便による返却の場合です。

これもレンタル会社により違いはあるかもしれませんが、
返却ルータを宅配業者が受けとった日を返却日と定義する
レンタル会社が多いように思います。

したがって、その日の集荷が終了したのちに
コンビニなどで配送手続きを行っても、

実際に宅配業者が集荷に来るのは翌日となり、
1日分余計にレンタルしたことになってしまいます。

レンタル会社によっては、通知なく返却予定日を過ぎた場合、
超過分の使用料だけでなく、罰則金を請求される場合もあるので、
そういう場合は特に注意が必要です。

以上が、国内用モバイルwifiルータをレンタルするさいの注意点ですが、
私がいろいろ調べたなかでおススメのレンタル会社が
「WiFiレンタル.com」です。

1日あたり400円(税抜)という国内最安級の価格で
4G LTE に対応のルータをレンタルできます。

しかも、他社にありがちな通信制限がなく、どれだけ使用しても
通信速度が落ちることなくスムーズなWiFi通信を満喫できます。

また、土・日・祝日にかかわらず、毎日営業して
電話サポートに対応してくれるので、
万が一のときにも安心です。

気になる方は、下記の画像をクリックして、
詳しい情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓