夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない

January 27 [Fri], 2017, 19:41
夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、映画やドラマでよく描かれます。
ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというシナリオもよくありますね。



配偶者と浮気相手のいるところへ自分から踏み込むのもやり方の1つでしょう。
離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。

領収書やクレジットカードから浮気の証拠をみつけることもできる可能性があります。
まず、普段は入らないようなコンビニエンスストアのレシートをしばしば見ることが多くなったら、その近辺に普段から赴いている事になります。
そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。浮気を調査を依頼する時には、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の料金設定がなされていないような探偵社が安心安全です。
他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか確認が必要です。違法調査を実施しているところへは浮気調査の依頼をやめておきてください。探偵の場合には、不審に思われることを避けるようきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所の特性として身辺調査や企業調査が多いために、自分の目的を話して公然と調査を行うことが多いです。

すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報蒐集は興信所が上手いと考えることが可能です。

例え、配偶者が浮気している場合でも別れたくなければ浮気相手との逢引現場にむかうのはしないほうがいいでしょう。

浮気が発覚したことで配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。
その上、浮気相手との会話によって精神的に、大聴く消耗することになります。

浮気の裏付けをつかみ取るには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。
でも、探偵へ依頼すると調査料金も安くはないですから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではないでしょう。探偵さんへの浮気調査の依頼には、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所のちがいで調査料は変わってきますから、依頼前に一度見積もりをして貰うとよいでしょう。不倫問題を相談したいと思うなら弁護士がいいでしょう。
離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談してください。もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。
女性の場合、近所の奥さまや知人などに相談してしまう方もいますが、近所の噂のタネになりたくない時は、どんなことがあっても止めてください。

探偵事務所の捜し方として、評判や口コミ(時々、やらせや捏造のものもありますから注意が必要かもしれません)を調べるのが大切です。
当然、あてはまる探偵事務所の公式ホームページにアップされている口コミ(時々、やらせや捏造のものもありますから注意が必要かもしれません)ではなく、全然関係のない掲示板や相談ホームページにある口コミ(時々、やらせや捏造のものもありますから注意が必要かもしれません)をチェックするといいでしょう。
探偵事務所の関係者以外による口コミ(時々、やらせや捏造のものもありますから注意が必要かもしれません)は、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。



不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)しなくても慰謝料をもとめることが可能ですが、金額は低いです。また、不倫の相手が不倫を認めない時には根拠が必要です。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。


離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)も辞さないつもりで、貰える慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。
しかし、単独で行くのは、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。



あなたが信頼する人と一緒に行けば、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵等に頼むことをお奨めします。

浮気調査の費用の節約には、できる限り事前に自分で調査をすることでしょう。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はないでしょう。
毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。
毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅してきた時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきてください。いくら成功報酬制を採用していると言ってもも、たとえば、調査内容が浮気についてだった場合には、その際の調査期間が3日間だった場合、調査を行う3日間で浮気の証拠を掴めなければその調査に関しては成功ということになります。本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけは浮気していなかっ立という状態であったら、浮気の証拠がつかめないまま、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。運転する人の目につかないところにGPS端末を取付して、移動の様子を常時監視し、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して多様な分析をする事も可能です。
車より、公共交通機関などを利用する人には、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。沿うすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。
探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員が何人かによって持ちがいますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当然ですが、調査員が少数なら安く、多くなるほど高くなります。

また、尾行する際に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうがいいですね。
浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)の必要性については考えるべきでしょう。

おこちゃまがいらっしゃる場合だと特に、旦那、妻の浮気が発覚したからといって簡単に「離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)!」とはいかないものです。


養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、ヤクソクをしても支払って貰えないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではないでしょう。同様に、父親が一人で育てる場合も仕事を両立指せることは簡単では無いでしょう。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和真
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる