てん・てこ・舞い 

2006年06月16日(金) 19時51分
  
キャパシティ・オーバーっす


実はもう論文を書き始めなきゃならない時期なんですが、トラブル続きで満足に進んでません

それに加えて、ワールドカップは始まるし、それに伴った企画を管理しなきゃいけないし、新しい友達にパーティに誘われるし、昔からの友達がカールスルーエを去ることを知るし。

おまけに、瞬間でしたが、日本に一時帰国しそうになりました


実際に旅行代理店まで行ってチケットの値段と空き状況まで確認したんですが、この予定は結局流れてしまいましたけどね

こんな感じに、ここ最近のプライベートに関しては、充実著しいっす。はい


昨日、友人たちと食事していた時に「もう一回高校生くらいに戻りたいよね〜」なんて話で盛り上がっていたんですが、私1人だけ「戻りたくない!」と言い張っていました。

だって、あの頃より、いつかの昔より、今が一番楽しいんだもん。


もし今どらえもんが現れて、「タイムマシンを1回だけ使って過去に戻らせてあげるよ♪」って言ってくれたら、私はきっと、その権利を誰かに30万円で売り払います

今一番欲しいものは、新しいパソコン

だから、30万円



ちなみに、カジノで30万円負けたから、では、決して、ない。

いや、まじで



カジノの結果も、近々ちゃんと書きますね〜。

カールスルーエは、すっかり夏だなぁ




   

どうせなら、伸るか反るかでやってみます 

2006年06月05日(月) 7時25分
  





いきなりですが、これが何の表かわかりますか?
この表を、あと2日で丸暗記しなければならなくなりました・・・。


☆ ☆ ☆


私が今住んでいるカールスルーエから電車で20分くらいのところに
Baden-Baden(バーデン・バーデン)という街があります。

街の名前を直訳すると、「お風呂・お風呂」

日本でいうと箱根のような保養地なんですね


ここにはドイツだけではなく、ヨーロッパ各国から
癒しを求めて観光客がやってきます。

だからBaden-Baden は実に様々な施設が充実しているんですね


そして、そんな街に、私は明日
クラシックのコンサートを聞きに行きます!

コンサートのコンセプトは、ベートーベン・ナイト

しかも指揮者はベルリン・ドイツ交響楽団首席指揮者のケント・ナガノ
そしてピアノには児玉麻里という豪華な顔ぶれ


こんな素晴らしい組み合わせのコンサートが、
末席とはいえたったの22ユーロ(3千円ちょっと)で見れちゃうんです

まじでヨーロッパ最高!って感じですね



で、ですね


ヨーイ、ドン!で躓いて 

2006年06月01日(木) 8時13分
  
今日から6月。
予定では、今日はドイツでの修士論文を書き始める日

面談を受けるために、意気揚揚と朝の9時に指導者のオフィスに向かう。
以前に渡されていた資料もしっかりと読み込んである。準備はばっちし


んが、


ドイツでは、書き始める前に
論文のタイトルを決めなければならないそうです。

タイトルとはもちろんその論文の顔であり、
それがどういう内容かを端的に表してるものでなければなりません。

よって、どういうトピックで、どういうアプリケーションを使って
論文を書いていくかということを事前に決めなければなりません。


で、今日はトピックを決めるための面談でした。

今回で現状を伝え課題を浮き彫りにしたので、
次回以降で内容を詰めていきます。


つーわけで、まだ論文を書き始めることができてません
スタートを切れるのはもう少しあとになりそうです。やれやれ。


☆ ☆ ☆


カールスルーエ大学の修士論文の期間は半年です。
日本と比べれば半分以下です。正直、短すぎます

でもこうして始める前に担当者と打ち合わせしたりする時間は
この期間に含まれてないんですね。それがわかって、少し安心しました


ちなみに、開始が遅れたことで私のドイツ滞在が少し伸びそうです。

少しでも長くドイツにいたいと思っているので、
今回の変更は怪我の功名かもしれません


下手すりゃ、来年の正月はドイツかもしれんなー。

でもこんな機会は生涯で何度もあることじゃないだろうから
一度くらいドイツで新年を迎えてみるのもいいかもしれないね


さてさて、どうなることやらー。


   

何気ない日常の中に 

2006年05月28日(日) 21時38分
   
更新再開、2回目。


早速ですが・・・


コップ1杯の酒 

2006年05月26日(金) 22時00分
  
5月某日。

父からこんな内容のメールが届いた。


「最近は体調が悪いので、お酒も飲めず、好きなこともできず、
寂しい毎日を過ごしています

(中略)

そんな中では、晃からのメールはコップ1杯の酒に値します



う〜む。



私からのメールが1杯の酒に相当するのかぁ・・・。

お酒をこよなく愛しているあの人にとっては
とても大きな意味を持っているのかもしれんなぁ。



父の体調を考えれば、お酒はほどほどにして欲しい。
でも辞めろとは言えないもんなぁ( ̄〜 ̄)


それなら、私ができるだけブログを更新してあげればいい


酒を減らす一助になるし、読んでりゃ寂しくもないだろし


っつーわけで、父の酒依存脱出のために、ブログ再開♪

(って、こう書くとなんだかアル中な感じですが、さにあらず


まぁ相変わらずの気まぐれなのでまたすぐに途切れるかも知れんけど
今度は父の酒依存脱出(しつこい?)がかかっているので
少しでも長く続けばいいなと願いつつ


おとうさーん。

もしすぐに更新が途切れたら、思う存分飲んでもいいぞ
でも続けてる間は、ほどほどにな




地球脱出 

2006年04月14日(金) 4時50分
 
今日で今期5つ目のテストが終わりました

今までにすでに15回ものテストを受けたので、さすがに慣れてきましたね。
なんだかんだ言ってプレッシャーはあるし、直前は怖くて逃げ出したくもなるんだけど。

それでも今までに落ちたのは1つだけとまずまずの成績を残していると思うので、あと少し、このままのペースで突っ走りたいと思います


☆ ☆ ☆


今期のテストは残り2つ。あと2週間で2つです。
まぁまじめにやれば充分な時間があるといった感じか。

でもなー。ドイツは今週末からイースター休みなんだよなー
計画では事前にテストの準備をして、この間にチェコに行くつもりだったんです



でも予想以上にテストが難しく準備に時間がかかってしまっているので、地球の歩き方まで買ったのにチェコ旅行は流れそうです


で、チェコに行けなくなった代わりに、こんな所に行ってきました













宇宙〜



私の今の専門分野である情報通信における大きなプロジェクトの一つとして、惑星間でのテレコミュニケーションシステムの構築というのがあり、アメリカのマサチューセッツ工科大学と共同での実験に参加してきました。



ちなみにこれは月面の写真なのですが、いやー、月でもデジカメって使えるんですね




って、まさか信じてる人はいないですよね?(100%ウソですので)



この写真をどうやって撮ったかは次回にタネ明かし


あけおめ 

2006年04月05日(水) 9時04分
 
どもども。お久しぶりです。
ついでに、新年、あけましておめでとーごぜーやす

(ま、こーゆーのは形が大切ですからね


すっかり更新するのがめんどくさくなってしまって放置プレイをかましていたのですが、今日は両親の結婚記念日ということで、プレゼント代わりの更新です。


なになに?なんとも安いプレゼントだって?

こーゆーのは、気持ちが大切


☆ ☆ ☆


つーわけで、先日行ってきたミュンヘンの写真をUPしまーす






これは新市庁舎なんですが、これはドイツ最大の仕掛け時計で有名です

って言いながら、わたくし、仕掛け時計が動いているところを見そびれましたけどね


とりあえず、止まっているけど仕掛け部分のアップを





手前の金色の像は・・・え〜っと、なんだっけ??

こんな感じに、今回の旅は、かーなり気合入っていません
(だって3月の真ん中でクソ寒かったんだもん。それに1泊2日だったし)





これはフラウエン教会といって、てっぺんが玉ねぎの形をしているミュンヘンのシンボル。

でも、わたくし、写真を撮っただけっす


あと夜の市庁舎はこんな感じー





市内観光については、他になんも書くことがねぇ!

んじゃあお前は何しに行ったんだ?と言われそうですが、その答えは以下の記事

らいおん 

2006年04月05日(水) 7時32分
  
読んでない人は、まずはこちらからどーぞ


ミュンヘンにはニンフェンブルク城とか女神バヴァリア像とか英国庭園とかいろいろと見るところがあるにも関わらず、「寒い!」という最大にして最強の理由により見に行ってません。


なんとも気合の入ってない旅ですね。

ま、列車で3時間ちょっとで簡単に行けるのでまた今度でいいや〜といった感じでした


で、そんな今回の旅で得られたものとして、ライオンがありました(←ライオンの絵がねーっす)








今ミュンヘンに行くと、漏れなくこうしたライオンたちに会えます。

もーいるわいるわ。道端、公園、店頭、屋根・・・


街中のいたるところにごろごろいるライオン。

その数、ゆうに数百匹の単位だと思います


これは、2006年ワールドカップで訪れる人々の歓迎のために作られたそうです。

つーわけで、このライオンにはそれぞれスポンサーがついていて、スポーツ用品店の前では








こんなライオンが見ることができるし、時計屋の前では時計を抱えたライオンを見ることができます。


でも、やっぱりミュンヘンといえば・・・





やっぱりビールでしょー

ライオンの左手のビール、見えますか??


次の記事に続く・・・)


大集結! 

2006年04月05日(水) 5時10分
  
読んでない方は、まずはこちらからどーぞ


みなさんは「ドイツ」と聞いたら何を思い浮かべるでしょうか?


バッハ、ベートーベン、ブラームスに代表される偉大な音楽家を生み出した国?

ダイムラー・クライスラー、BMW、ポルシェなどを擁する車大国?

それとも、サッカーの古豪?


ま、それらのイメージもはずれてはいないんだけど、でも、やっぱり、ビールですよね?

で、ミュンヘンは、そんなドイツの中でも特にビールが美味しい街として有名です


(余談ですが、私はビールが嫌いです。それはドイツに来ても変わらぬ事実でした)


つーわけで、ホーフブロイハウスに行ってきました!





ホーフブロイとは「宮廷ビール醸造所」を意味し、ここはバイエルン王室の醸造所だったんですね。

さらにはあのヒトラーがここに民衆を集めて演説を行っていたとして有名でもあります。


ここに一歩入ると、人々の熱気とざわめきが飛び込んできます。

歴史を感じさせる壁や天井の模様。

民族衣装を身にまとい両手で10杯のビールグラスを運んでいるウェイトレス。

タバコをくゆらせながら陽気におしゃべりに興じるおっちゃんたち。

バンドが奏でる生演奏にあわせて踊る若い男女。


断言します。

ここが最も「ドイツのビアホール」を実感できる場所です。


さて、空いている席にとりあえず座り、まずはビールを注文・・・って



目標3・カンプ・ノウ 

2005年10月06日(木) 10時03分
  
ただいま試験1週間前で、あまり時間がありません・・・


☆ ☆ ☆


今回の旅行に先立って事前に掲げた5つの目標(←クリック)の3つ目、カンプ・ノウでバルサの試合を見る、について。


バルセロナ市内でチケットセンターを見つけ、バルサvsマジョルカのチケットをゲット

ちなみに今回が初めてのカンプ・ノウだったんですが、チケットは代理店を通して買ったのでコンフェデ時と比べてもかなり高くついてしまいました


☆ ☆ ☆







スタジアムの収容人数は9万8千人!!

へぼい市の人口よりも遥かに多いですね




バルサにはデコ・ジュリ・エトオなど素晴らしい選手がそろっていますが、なんといっても目玉はロナウジーニョ





フリーキックを蹴る直前のロナウジーニョですが、この試合は彼は不発

替わりにエトオが2得点と全開でした


ヘディングシュートの際の彼のジャンプは、そのすごさが一番ヘボイ席までも充分に伝わるほどの大迫力。

アフリカンの身体能力は驚異的で、これを見ただけでももとは取れたんじゃないかなって感じでした


でも、マジョルカには我らが大久保選手が所属しているわけですよ!

バルサがリードしてからはずっと大久保選手を応援してたのですが、バルサのディフェンスに簡単にはじき返され、結局は何もできないままに途中交代・・・


アウェイで戦う者同士として、ちょっと感情移入してしまいました