知っておきたい、生理が来ない、遅れる理由

October 21 [Mon], 2013, 15:12
のすごく広く感じる。美春がいるのが当たり前みたいになったから」
「ひとりだと広すぎるよね。新しい部屋はまたワンルームの方がいいかもね」 
「……そうだな」
 少しだけ切なそうに細めた目が近づき、唇が重なった。

腕時計 アンティーク
  
 翌日のWEB事業部。同僚たちは和久井南が放った一言を忘れてはいなかった。連休中も矢のように届いていた真偽を問うメールに、すべて《何のことでしょう?》で返信していた私を今日こそは逃すまじとお姉サマ方が取り囲む。
「あんた、いつの間にそんな人できたのよ」
「どこの誰?」
 しかしこれは「まったく身に覚えがございません」の一辺倒でかわした。達也さんのせいで窮地に陥ったのだから何とかして、と苦情を言ったら対処法を教えてくれたのだが、あくまでも爽やかな笑顔で押し通せと助言され、いよいよ私も腹黒の一員になった気分だった。
 しかし中には気づいた人もチラホラいて、手塚さんや大森さん、男性では山本さんが、《係長でしょ。どうも最近妙に浮かれた顔してると思った》といった内容のメールを送ってきて、藤田さん同様いつ周囲にバレるかを面白がる側に回った。
 何がそんなに面白いのかと藤田さんに改めて尋ねたら、『WEBのペットに手を出した』男が焦れ焦れする様を見たいのだと言う。

 こういう意地悪さはWEB事業部の特質のようで、他にも面白がられている男女が一組いる。
「佐久間主任、お待たせしました〜。お昼行きましょ」
「俺は待ってねえ! ひとりで行け!」
「えー、ひとりなんて嫌ですよー、主任と一緒がいいですう」
「その両手のグーは何なんだよ!」
……佐久間主任と和久井南。
 現在営業部で研修中の和久井南は、時間が許す限り昼を誘いにWEBまでやってくる。主任はそれに応じようとはしないのだが、同僚たちが同行する昼食に彼女を連れていくのだ。彼らは『苦手なタイプの女から言い寄られて対処に困る佐久間佳祐』を見るのが楽しいのであり、いずれほだされるだろうとの推測の下、ほだす側にせっせと協力し始めたのである。
 今日もまた哀れな主任は同僚二人から左右をがっちりと挟まれて部屋を後にした。
「離せよ、斎藤、石津! 俺はひとり静かにメシを食いたいんだ!」
「往生際が悪いんだから、もう〜。ホラホラ行くよ、和久井チャン」
シチズン 腕時計
「はあ〜い」
 こうしてWEB事業部の一部と全部から、含みをもたせた笑いの目で見られる瀬尾越智組と佐久間和久井組という図式が出来上がった頃、その案件は舞い込んできた。 

「え? 川嶋常務の?」
 佐久間主任の訊き返した名前を耳が捉えて、ラフスケッチをしていた手を止めた。
「うん、奥さんの会社、株式会社ジュラーレ。会社創立二十周年を機にした全面リニューアルなんだけど、前のときは佐久間は担当じゃなかったな」
 秦野主任がモニターにすでに開いてあったらしいその会社のホームページを指し示す。
「課長の結婚式を仕切ったやり手の奥さんスね。打ち合わせに行ったら会えますかね」
「担当はまさか奥さんじゃないだろ、忙しい人らしいから。まあ運が良ければ会えるかもしれないけど」
 そこで話を聞いていた斎藤さんが混ぜっかえした。
「佐久間さん、熟女にまで守備範囲広げるつもりですか」
「俺はもともと守備範囲広いんだよ」
「浮気したら和久井が泣きますよ」
「あいつの名前を出すな!」

 主任の守備範囲はさておき、この案件に関われば川嶋社長と会える可能性がある。先日白川さんから聞かされた『格好いい女性』という社長の姿が、同時に常務夫人でもある彼女への好奇心以上に、憧れを伴う偶像となった。
 この案件、デザインは誰が担当するのだろう。 
「大きな仕事だし、やっぱり山本さんかな」
「やってみたい?」
 私のつぶやきからそれとなくニュアンスを感じ取ったのだろう、藤田さんが尋ねる。
「はい。常務の奥さんて、仕事も家庭も両立して社長もやってるんですよ。そういう人の会社の仕事してみたいです。……あれ、そういえば藤田さん、結婚式
http://www.8sgo.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wud88kam
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wid88kam/index1_0.rdf