ステキな出会いがつまった☆富山その2

July 06 [Fri], 2012, 1:10

公園から少し歩いて、
富山城の前で地図を見ていたら
新潟から旅行中だという50代くらいの女性2人に
写真を頼まれた。

「どちらからいらしたんですか?」
と聞かれたので
「東京から、旅に来ました!」
と答えたら、
一人の方が息子さんが学生の頃
北海道を自転車で一周したときのことを話してくださいました。


息子さんは、大人になって社会に出たときにも
そのときの経験がすごく活きてると言われていているようで、
(しかも現在は京セラの部長さんらしい!!)

「あなたの旅もきっとこの先いい経験になると思うわ!」
と温かなな笑顔で言ってくださり、とても嬉しかったです


午後になって今度は商店街の方をぶらぶらすることに。

1時間ほど歩いて荷物が重くて、地図みながら休んでいたら、
向かいの靴屋のおじいちゃんが声を掛けてきてくれた☆

おじいちゃんは、商店街の繁栄期と現在の衰退期の歴史を話してくれて
かなりローカルネタも入り若干ついていけなくなってきた頃に
銭湯の場所を尋ねてみた(笑)

ついでにおすすめのご飯屋も聞いたら
また話が振り出しに戻ってしまったので
「じゃ、銭湯行ってきま〜す☆」と行って逃げた(笑)


銭湯の場所を地図で見ながら少し歩いていたら、
おじいちゃんがいきなり後ろから声を掛けてきて

「ここで休憩できるからコーヒーでも飲んできな!」
と言って200円くれた

びっくりしたけどありがたく、メロンソーダを頂くことにしました。

そこの休憩所は地域の方がやってるみたいで
みなさん気さくに声を掛けてくださいました。


歩き疲れてしまったのでホテルでひと眠りしてから
おじいちゃんから教えてもらった銭湯に行くことに

中に入ったらおばあちゃんも入ってきて
目が合ったので挨拶したら、話しかけてくださり
背中まで流してもらっちゃって

旅してること言ったら
「いいね〜羨ましいねぇ!」
と言っていた。


おばあちゃんは3歳でお母さんが亡くなり
後妻の方で育ったからわがままも言えず、
当時は父親という権力が強い時代で
女学校に行きたいと言っても許してもらえず
17歳でお嫁に行って、いろいろと苦労されてきたらしい。


時代が違うとはいえ、
やっぱり私がこうやって旅ができるのも
周りの環境のいろんな許しがあって、
というのもやっぱりある。

だからこそ今このときに挑戦したいと思うし、
だけど私が旅をする意味って…?
とふと思うこともたびたびあった。

なんだか、まだ自分に何もなくて。できなくて。
それが悔しく感じていて。

無理に旅というものに答えを当てはめようとしているんじゃないかって。
本当の答えややりたいことは、実は旅じゃないんじゃないかって…

そんなことぐるぐる考えてきたけれど、
旅先くらい、ありのままの私で
ありのまま旅の時間を受け入れようと
ただそれだけ思えた。



お風呂から出ると、先に出てたおばあちゃんが寄ってきて

「これ、よかったらお弁当代に使って。
 これも一期一会だし、あなたは孫みたいなもんだから。」

と言って千円を渡してきてくださって。

初めての展開にかなり戸惑ったけれど
おばあちゃんの気持ちをありがたく頂くことにした。


見ず知らずの旅人にも、気さくに話しかけてくださったり
本当に良くして頂いて、富山の方の温かさに胸がいっぱいになりました。


銭湯のおばちゃんから、おばあちゃんのお店を聞いて
次の日お礼の挨拶に行くことにした。


次の日の朝、おばあちゃんのお菓子屋さんに行ったけれど
まだ開いてなかったので、近くの紙屋さんで便箋を買って
手紙を書いて、シャッターの郵便入れから手紙を入れておいた。


もう、おばあちゃん読んでくれたかな。。

最後に会えなくて残念だったけれど
富山で素敵な出会いができてよかった。
たくさんの人の笑顔と触れ合えてよかった。

また、富山に来たときは
ぜひおばあちゃんのお菓子屋さんを訪ねてみるつもりです。


素敵な出会いを、ありがとう☆


ステキな出会いがつまった☆富山その1

July 06 [Fri], 2012, 0:13

7月2日(月)


さて、この日は金沢から富山に向かうのですが…
まだヒッチハイクができていないわけでありまして、、

この日もまた一歩踏み出せず
電車を使って富山まで結局行ってしまう

10時前に富山に着き、お店も開いてなかったので
富山城前にある大きな公園で時間を潰すことにした。


公園に着くと、なにやら中国風な音楽に合わせて
ラケット持って踊ってる?人たちがいて、
興味を持ったので話しかけてみた

どうやら太極柔力球(後調べ)という球技らしく、
私もさせてもらうことになった。


中国のお母さんたちに教えてもらいながら
(もちろんオール中国語なので
何言ってるかはさっぱりわからないけれど、)

ボールをラケットに乗せながら一回転させたり、
ボールに足にくぐらせてキャッチしたり、
うまくできたら、お母さんたちが
すごい拍手してくれて嬉しかった

だんだんと打ち方のコツを掴めてきたところで
お母さんたちと球打ちをすることに
これが慣れなくてなかなか難しかったけど
すっごい盛り上がった☆


一緒にいた小さい男の子が私の寝袋を枕にして寝ていたので(笑)
何歳?と聞いたら「スーサイ!」と手で3を作って笑顔で答えてくれた!
その笑顔が、本当に可愛い

スータ君というその子は、アンパンマンが大好きで
スケッチブックにアンパンマンの絵を描いてあげたら
すごい笑顔で喜んでくれて、たまらない気持ちになりました(д`*)

スータ君もアンパンマンの絵を描こうとするんだけど
うまく描けなくて、お母さんたちが楽しそうに笑っていた☆

お父さんがやってきて、お母さんたちが笑顔でさよならを言ってくれて、
でもスータ君は手を引かれながら、寂しそうにずっとこっちを見ていた。

短い時間だったけど、とてもステキな交流ができて嬉しかった



ベンチで日記を書いて数十分たったころ、
今度は小学生くらいの男の子が自転車で近寄ってきて
「こんにちはー!」と声掛けてくれた☆

男の子はせいじ君というらしく、
小学2年生で今日は振り替え休日で学校は休みらしい。

ブランコで遊んでいた同級生の女の子
りんちゃんと、みずきちゃんから追いかけられて
めちゃめちゃパンチ食らっていた(笑)

せいじ君曰く二人はライバルなんだそう。
あるよね、あの年代の男子と女子のやりとり(笑)


でもせいじ君は優しい子で
絶対本気でやり返したりしない。
礼儀正しくて、本当にいい子。

でも、せいじ君が“武器”と称してバネの力を使って
石を投げる道具を見たとき、
「この子ただもんじゃないな」と思った(笑)

「どうなってるの?」
と聞いたら、ちゃんと構造の理屈を教えてくれた。


自分で考えて作ったみたいで、
まだ理科も習ってないのに、こんな発想ができるんだ〜
って素直に感動してしまった。

聞けば、やっぱり理科系が好きみたいで
他にもいろいろ自分で発明しているみたい。
将来は発明家になるのが夢なんだって☆

きっと、将来はビッグな発明家になってるだろうね


《つづく》

サガワデイズ☆金沢

July 05 [Thu], 2012, 23:37

7月1日(日)


次の日、みんなすごい遅くまで語っていたらしく熟睡中の中、
私はバスの時間があったので、一人起きてパッキングしていた。

うるさいかな、と思ってベランダで整理していたら
ケイスケ君という男の子が起きてきて、
「そんな気ぃ遣わんでいいのに」と言ってくれ、
私が家を出て行くまでずっと見ていてくれていた。

初めての参加だし、大阪メンバーからしたら
絶対影薄いだろうと思っていたから(笑)
わざわざ一緒にいてくれたことが、すごく嬉しかった。

誰であろうと、出会ったらもう繋がりなんだね。
だから今度は私が、誰かが旅立つときは見送ってあげよう!
と思ったよ☆
ありがとう!!


2日目は、SAGAWAマイミクさんに会いに金沢に

知ってる人は知っていますが、
私は佐川急便マニア(?)で、街で佐川トラックや
シマシャツお兄さんが走っていく姿をみかけるたびに
ハァハァ(д`*)してしまうのですが(笑)

今日会うマイミクさんも私と同じような病気にかかってる方で←
まぁ、その、マニア同士が集まるとかな〜り話題が
マニアックに盛り上がってしまうのですよね
金沢の佐川マンはイケメンが多かったです


マイミクさんと、武家屋敷や茶屋街、
忍者寺(←すごく面白かった!おすすめです☆)に行って、
佐川急便の金沢店の営業所に行ったり(笑)

金沢は町並みがすごくきれいで
どこか京都の風情を感じさせる洗練さがありました。
雨がちょっと降っていたので、それがなお雰囲気がよかった!


昼は金沢名物らしいハントンライスを食べ、
(オムライスの上にまぐろの揚げ物がのってるもの)

夜は北陸地方にしかないという8番ラーメンという
チェーン店に行って、野菜ラーメンを食べてきました♪


お腹もココロもたくさん満たされた金沢での1日でした(^^)


素敵な1日に、ありがとう☆

Deepな旅初日☆名古屋

July 02 [Mon], 2012, 0:21

6月30日(土)☆旅1日目


旅初日

ヒッチハイカーが集まるイベントに行くために
東京から名古屋へ。
ただ、時間的に間に合わないため高速バス。。

19時名古屋駅にて待ち合わせ。
そこで主催者のジョー君と会った。


ジョー君は現在20歳で、
19歳のときママチャリで日本一周していて、
今は地元大阪で、旅人や夢をもった人が集まる
Free☆Peaceというコミュニティーを全国に作ってて
7月には大阪で本格的にお店をオープンさせるんだって

その後FREEHUGS組と合流☆

FREEHUGS(フリーハグズ)とはその名のとおり、
街頭で見知らぬ人とハグをする活動。

もとはアメリカ発祥らしく、
お互いにハグすることによって
温もりや愛を感じあうというもの。

仲良くなった、さやちゃん曰く
「すごい幸せな気持ちになった」って!

見知らぬ人との間でもHugを通して
お互いの心がつながりあって温かくなれるなんて
とても素敵だね(´U`*)


20人近く集まって(大阪勢、多数)
中華屋で飲み会をした。
関西のノリ、若いしテンション高い

みんなだいたい20歳前半で
旅してる人が多いからすごく面白かった。

なかでも印象的だったのは、
大阪からヒッチハイクで、無銭で旅している
19歳コスプレ旅人(?)のルフィ君。
この日ルフィの格好をしていたので(笑)
かなりぶっ飛びすぎてて、色々と衝撃的でした…(笑)


そしてみんなから、私の荷物の多さを批判された

「こんな荷物いらんて!まずは寝袋から捨てよう!」

「お金も持たない!その方が絶対おもしろい!!」

確かにその方が面白いかもとルフィ君を見て
一瞬だけ思ったけど、今の私にそこまでする勇気はなかった…


で、その日はメンバーのご友人の方のお部屋にお泊り☆
2DKに約15名(笑)
初対面なのにこのフランクな感じ!
すごく面白かったー☆

そしてDeepな旅初日の夜は更けていくのでした。。


ラブ・ラプソティー

June 29 [Fri], 2012, 21:25


暮れから半年間お世話になったバイト先の居酒屋。

店長に今までのお礼ということで
希望されていた、さばの味噌煮定食を作った。

普段ラーメンとソーメンとカキフライしか食べてないから
家庭の味が恋しくなるのは当たり前です(笑)






店長はお正月以外休みなしで、毎日店を切り盛りしている。

年も年だし心配したら、
「楽しくやってるから、趣味みたいなもんだよ〜」
と、閉店後に一杯飲みながら話していたことがある。


私はキッチンもやっていたから、
店長と並んで調理場を回していたのもあって
時には衝突もあったり、 ケンカもたくさんしたけれど、
それよりもずっと、笑い合っていることが多かった。


私が旅に出る話をしたとき、半年間しか居られないにも関わらず
反対どころか、ちょっと見直されて(笑)応援してくれた。


私と同じ誕生日で同じAB型。
そして昔は自分も放浪していただけあって
偶然すぎるほどの共通点がある私に、
「他人とは思えない」ってよく言われた。


私も不思議と年齢や時間を越えたものを
店長にはすごく感じていて、

「きっと前世はゆきずりの恋人だったんだろうね〜」

なんて冗談言い合っているけれど、
きっと前世でも何か縁があったんだろうなって、
とても感じてる。


そんな娘のように可愛がってくれた店長は、
私の作った料理をそれは嬉しそうに食べてくれて。





なんだか私も幸せな気持ちになりました(^^*)


そして最後は恒例の指相撲(笑)






毎回、閉店後に腕相撲やら指相撲やら
くだらないことをやってますが(笑)


こういうくだらないことやって笑い合えたり、
ケンカしたり、いたわり合ったり、

本当に店長は私にとって大切なお父さんのような存在です。


だから旅からいろんな経験して無事帰ってきて、
ちょっとでも成長した姿を見てもらえるようにしたいな(^^)


半年間、本当にお世話になりました!

この出会いに、ありがとう☆


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wica
読者になる
2012年夏・ヒッチハイクで北海道の旅に挑戦☆
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像wica
» ステキな出会いがつまった☆富山その2 (2012年07月12日)
アイコン画像wica
» サガワデイズ☆金沢 (2012年07月12日)
アイコン画像wica
» Deepな旅初日☆名古屋 (2012年07月12日)
アイコン画像takahisa
» ステキな出会いがつまった☆富山その2 (2012年07月09日)
アイコン画像takahisa
» サガワデイズ☆金沢 (2012年07月09日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wica/index1_0.rdf