山に登ろう 

February 25 [Thu], 2010, 19:09
でも山の景色なんてこれっぽっちも覚えていません。
きっと綺麗な景色だったのでしょうが、子供だったからそんなことには感動しなかったんだと思います。
むしろ普段歩かないような、石がごつごつ出ている山道を歩くことの方が楽しかったことを覚えています。

中学生の夏休みにキャンプを兼ねた山登りに参加しました。
そんなに高い山ではなかったと思いますが、のぼってものぼっても、なかなか頂上に着かなかったような気がします。そして頂上にたどり着いた時はクタクタで、下山せずにこのままここにいたいと思いました。
絶景も目に入らないほどでした。のぼりもくだりもただひたすら歩いたという記憶しかありません。

これまで山登りの機会はあったものの、その魅力に気づけなかったのは残念です。

大人になった今、機会があれば、山に登ってみたいと思います。
今ならきっと、余裕を持って周囲を見渡し、素晴らしい景色にも感動できそうです。

山登りの魅力 

February 06 [Sat], 2010, 4:09
山へ登る友人にその魅力を聞いてみました。
私からみれば、ただ黙々と歩いて登っていくだけで、何の面白さも感じられないのですが、やはりそれなりの魅力があるのだそうです。

平坦な道を歩くわけではありません。
山を登るわけですから、キツいでしょう。
しかし山登りには『頂上』というゴールがあります。
ゴールに到着した時の喜びと達成感は何とも言えないそうです。

私は山登りをしたことがありませんが、そういう時って、きっと感無量なんだろうなぁと思いました。

頂上を目指して登っていく間には素晴らしい景色もあります。
同じゴールを目指す人と出会い、励ましあうこともあります。
決して良いことばかりではありません。何かハプニングが起こることもあるのです。
でもそれが山登りの醍醐味の1つだと、友人は言います。

私はその話を聞いて、山登りは人生に似ているのではないかと思いました。
困難に出会うこともあるけれど、自分のペースで頂上まで登り、無事に下山した時の満足度は計り知れません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みちわ
読者になる
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/whymountain/index1_0.rdf