人妻の話題

August 02 [Mon], 2010, 18:42
歌手として先輩であると同時に、アッコは桑田のファンでもある。「昔、『ラブアタック!』という番組で司会をしていた時、出てくる若い男の子たちがみんな、桑田君の曲を歌っていた。それを聴いて、『何て面白い歌を歌うんだろう』と思ってね」。好きなアーティストの一人であることを告白し「彼は容姿で売ってるわけではない。何と言っても魅力は存在感。そういう意味では、万が一、手術で多少声が変わっても関係ないと思う」と話した。

 桑田の衝撃の告白から5日。今も音楽界の話題は“桑田一色”だが、「今は騒がず、落ち着いて(復帰まで)見守ってあげるのが一番のお見舞いになると思う」とアッコ。全国の桑田ファンと同じく、一日も早い復帰を願っている。

 ◆アッコ役の中鉢ケンカ教わった 舞台は和田が半生を記した自著「5年目のハイヒール」が原作。主演は、08年のドラマでもアッコ役の女優・中鉢明子(28)が本人と同じ174センチの長身を生かして務める。「声にドスを利かせる方法や、ケンカの仕方を教えてもらいました。一生懸命やりたい」と意気込むと、アッコは「歌はしっかりやってほしい」と注文した。9月4〜14日に東京・日本橋の三越劇場で上演。

 ◆海老蔵、麻央ほほえましい アッコは“芸能界のご意見番”として、市川海老蔵(32)・小林麻央(28)の挙式について「(海老蔵が)好きだ、愛してるとカメラの前で言うのを見て応援したいと思った。あそこまでやると、逆にほほえましいね」。一方、離婚が成立した酒井法子さん(39)は「お子さんは(離婚を)分かる年頃。あんまり表に出すのは…。(復帰については)本人が決めること。私は自分のことで精いっぱいだから」。また、体調不良のため休養中のナインティナイン・岡村隆史(40)に電話をしたが、返事はなく「少し放っておいた方がいいのかな」と話していた。

人妻女王様

July 12 [Mon], 2010, 18:30
女王様キャラを完成させたと思われる作品のひとつが、江角マキコが坪井千夏を演じた、『ショムニ』(フジテレビ系)。平均視聴率20%という驚異的な記録を叩き出したこのドラマは、「S女」が登場する映像に対する世間の需要の高さを示すこととなった。

 そんな地上波ドラマの「SM傾向」に一層の拍車をかけたのが、良家の家庭という閉鎖的な環境を舞台にした昼ドラ『牡丹と薔薇』(同)の大流行。このとき、悲劇のヒロインを演じた大河内奈々子に対して「役立たずのブタ!」と苛烈に罵った小沢真珠の株価は急上昇し、以降の本人の女優としての路線を決定付けた。

人妻を主役にしてあげる

July 09 [Fri], 2010, 12:54
【3】仕事の悩みについて
仕事の話をするなら、ちゃんと女性を主役にしてあげることがポイントです。「こちらが仕事のグチを言いたい時に、先回りして『最近、仕事どう?』などと聞いてくれると話がしやすい」(20代女性)と、女性は自分の仕事の話をしたいと思っているようです。自分の仕事の自慢話は我慢して、聞き役に徹してあげましょう。

【4】趣味や、今ハマっていることについて
相手が趣味を持っていた場合は、それをとことん質問するのが得策です。「韓流アイドルの話を熱心に聞いてくれて、すごくいい人だと思った(笑)」(20代女性)、「サークル活動を頑張っているので、興味を持ってもらえると嬉しい」(10代女性)という意見があったように、男性には共感しにくい趣味でも熱心に聞いてあげることが大切です。

【5】流行りのテレビ番組、本、映画、グルメについて
「軽くて楽しい話題がいい!」(10代女性)という意見もあったので、流行の情報に強く、瞬発力に自信がある人はガールズトークを仕掛けるのもひとつの手段です。たとえば「昨日あのドラマ観た? イイよね〜! てか、クレープ食べたくな〜い?」と、女子のノリで明るく話せば空気が和らぐはず。ちなみに今回、政治経済の話題を推す意見はひとつもありませんでした。

人妻の飼育

July 08 [Thu], 2010, 16:34
先日、“初孫”が誕生し49歳でお祖父ちゃんになった哀川翔。その初孫が6月4日生まれ(6と4で、“ムシ”)で、「虫が大好き!」の哀川にとってはなによりうれしかったそうだ。『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(日本テレビ系)の中で、楽しそうに“カブト虫”の話をする哀川と、その話に聞き入る番組のレギュラー達。しかし、いつも話題に積極的に参加してくるJOYの様子が明らかにおかしかったのだ。

哀川翔の“カブト虫好き”は、有名だ。
成虫の飼育だけでなく、卵から育てている。現在も、カブト虫の幼虫だけで100匹はいるらしい。実は卵から、成虫にするには知識と手間、時間がとても掛かる。哀川は子どもの頃からカブト虫好きだったが、当時は幼虫から成虫に育てるのに成功したことがなかった。

それが大人になってからも、ずっと心に引っかかっていたという。
哀川にとってカブト虫は、「子どもの頃やり遂げられなかったことを、思い出させてくれた。」という大事な存在なのだ。それを聞いた司会の加藤浩次が、「自分もガンプラ(ガンダムシリーズのプラモデル)を子どもの頃、あまり買って貰えなかった。働いてお金が入るようになったら、大人買いしましたよ。」それを聞いた哀川は、「それと、同じだよ。」と悪戯っぽく笑った。

出演者が楽しく談笑している中で、1人だけ全身が硬直している人物がいた。 JOYである。彼は虫が苦手で、特に幼虫は死ぬほどキライなのだ。哀川が持参した『ゾウカブト』の幼虫(大人の男性の手の平サイズ)を、加藤がJOYの顔面に近づけた。「おいっ、バカッ!」と加藤に向かって叫んだ後、平謝りしていた。あまりにも顔が恐怖に怯えていたので、今回ばかりはJOYが少し可哀想であった。

人妻の背骨

July 07 [Wed], 2010, 12:42
これを見ていろいろ思うところはあるようで、海外サイトのコメント欄も盛り上がっていました。

一部抜粋してご紹介します。

・わお、よもや自分がレントゲン写真で興奮させられるとは思ってなかった…オレはおかしいのだろうか。

・私がポルノカレンダーでポーズをとれる方法は、これだけだわ。

・カメラマンはどっちにしても全部見られるんだろう?

・モデルが長生きしたかったら、しょっちゅうレントゲン撮らないほうがいいんじゃないのか?

・おおお、いえーい、彼女の背骨を見ろよ!

・きっとスリムで超ホットに違いない彼女に一票。

・オレの股間は今混乱している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:why767
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
  • seo
あわせて読みたいブログパーツ
PVランキング
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/why767/index1_0.rdf