放置気味でした。

February 08 [Tue], 2011, 15:54
やっぱりを使っていると、やの方が格段にアクセスしやすいので、にアクセスする回数がどうしても少なくなってしまいます。明らかにのは及びガラケー向きで、専用ページはあるものの、スマートフォンにいては軽視してる感が否めません。やる気あるのか疑問に感じます。なぜは専用アプリをくらない就活生として、さんのお話も聞きましたが、まぁ内容は書かないけれどもなんか、色々矛盾しまくりです。今のがやってることは、限られた場、ガラケーで、他の然り、しかり、既存サービスの真似をしているだけに感じます。しかも日本という文化をガン無視でっというログインしなかったことに対する言い訳を書き、久しぶりの日記です。ここ数日の僕の行動はコレビラ配りのバイトです。受験シーズン真っただ中な今、受験生とその保護者に向けたビラをせっせと配るわけです。朝時に起きてね朝時に起きてね朝時に起きてね大学生というものは総じて生活リズムが崩れています俺談起きるのは午後時、寝るのは午前時。この位が相場でしょう。私の場合はもう少しだけ崩れ方に磨きがかかっていて、起床が午後時、就寝が午前時という状態でした。はい。そんな幼気な男の子がいきなり、業務契約に基づく社会的責任を果たすために朝の時に起きようとすると、するともっすごい眠たいわけですね。初日はまぁ良かったんです。なんか、海外旅行から帰る時に時差調整してる程度な感覚でした。あぁ、パン屋さんはもう少し早起きさんなんだろうなってそう思える位。問題は日目からだよ。まず朝食が食べられない。おなかが空いていないわけじゃない。けど、手が動かないし、目の前にある食べ物を認識しない。ただそこに色がある、そんな程度にしか僕は目の前にあるものの存在を感じられなかった、そこには食べ物という人間の3大欲求を満たすそれが確かにあった。しかし、僕はそれをどうしたらいいかわからなかったんだ。それから先は何も覚えていない。気がくと僕は席に腰掛け、周りには幾人ものスーツ姿の男。あぁ僕は今、電車に乗っているんだ。それだけ思うと僕は再び目を閉じていた。なんか文章が崩れてしまいました。日目。もう意識はないです。気付くとビラを手に街頭。帰宅する時はオール明けの気分。日目。知るかボケまぁこんな感じですた。とりあえず、のどが乾いたのでコーヒ飲んできます。追記。海サーの人、写真ください。今日中ね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whrcpmifyn
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/whrcpmifyn/index1_0.rdf