メキシコ海岸でクジラが

January 14 [Tue], 2014, 15:02

メキシコ海岸でクジラが

メキシコ海岸でクジラが打ち上げられていたそうで、発見された時にはすでに亡くなっていたようですが、何と胴体が結合したクジラという非常に珍しいケースだったようです。

2頭の子供のコククジラが胴体部分が結合しており、頭部と尾が2つある、地元の漁師が海岸に打ち上げられているところを発見したのだそうです。

まだ子供のクジラですから、このような状態だったので長生きできなかったのかもしれませんが、生まれてからある程度の期間生存していたということなのかもしれません。

いろいろ動物でこのように結合した状態で生まれてくることがありますが、鯨でこのようなケースが見つかったのはメキシコでは、初めてなのだそうです。

もしかしたら他の国では前例がある事なのかもしれませんが、あのような状態ですと海の中を自由に泳ぐのも難しそうですし、かわいそうな結果となってしまったようです。

突厥の碑文

July 21 [Sun], 2013, 14:48

突厥の碑文

モンゴル東部で日本の大学のチームとモンゴルの科学アカデミー考古学研究所との共同研究で、8世紀頃の遺跡と思われるルコ系遊牧民の突厥の古代トルコ文字の碑文を発見したのだそうです。

これまでもモンゴルの中西部で発見されているのだそうですが、今回のような東部は初めてなのだそうで、全長約3〜4メートル、幅約30〜40センチと最大級の大きさなのだそうです。

刻まれている文字を解読したところ、「我が家よ、ああ」「我が土地よ、ああ」と家族や故郷からの別れを惜しむ内容だったのだそうで、突厥第2帝国の王家、アシナ氏の一員の墓碑ではないかと考えられているようです。

突厥は中国の隋・唐等の時代の時の中央アジアを支配していた遊牧国家で、後に内紛によって東西に分裂してしまったのだそうです。

その当時の中央アジアを支配した突厥について、どのような国家だったのか、その政治的な制度等様々な面お解明する貴重な資料となることでしょう。

縄文時代の骨

February 04 [Mon], 2013, 15:27
縄文時代の骨

予想していなかったような場所で思わぬ発見があるもので、新宿区市谷のマンションの建設予定地で今から49年前と縄文時代に住んでいた人と思われる人骨が今までのところ11人分見つかったのだそうです。

非常に保存の状態がよいそうで等賞縄文時代のような古いものだとは思われていなかったようですが、国立科学博物館が鑑定したところ4000年前という古い縄文時代のものだったそうで、驚きの発見ているでしょう。

実は関東地方の土は酸性のために骨等が溶けてしまうことから、今回のような状態で残ることは非常に稀なことなのだそうで、大変珍しいことなのだそうです。

今回発見された骨から顔の復元やDNA鑑定を行う予定だそうで、当時の人たちの生活ぶり等を調べる手がかりになりそうだといえるでしょう。

今でこそ新宿は大都市として高いビルが数多くそびえ立っていますが、4000年前の当時は森が広がって水が溢れている生活する場所しとして理想的だったのかもしれません。

マグニチュード10

November 26 [Mon], 2012, 16:38
マグニチュード10

今まではマグニチュード8クラスならば起こる可能性があると考えられていたのが東日本の大震災で見事に覆すられたので、もしも地球で発生する可能性のある巨大地震は最大どこまでなのか研究発表がされていました。

その結果をわずかでも発生する可能性があることを考えてプレート境界の断層の長さなど様々な条件で導きされた数字は、最大でマグニチュード10前後までは発生する可能性があるのではないかと考えられているそうです。

実際に1960年に南米チリ沖でマグニチュード9.5の巨体地震が発生していますし、マグニチュード10が今後長い地球の歴史の中で発生するであろうという考え方は当たっているような気がします。

このマグニチュード10というのは日本で発生したマグニチュード9の32倍も大きな規模になるということで、あまり想像したくはないのですが本当に起こった一体どうなるのでしょう。

実際に発生した場合にはかなり長い時間揺れが続き津波が何日も続くであろうと考えられているのですが、ライフタイムの間には来て欲しくないですね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whorefql
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる