「おばあちゃんの保存食」

June 29 [Sat], 2013, 16:52



祖母は昼食後すぐに「ごはんの支度をせな」と言った。ナイキ スニーカー年に数度しか会う機会はなかったが、祖母の「ごはんの支度」という言葉は何度もきいた。

祖母はいつも台所に立っていた。彼女について思い出すのは、いつも背中だ。NIKE スニーカーその小さい背中を丸めて、台所中を鰹や昆布の出汁の香りでいっぱいにしていた。

しかし彼女らの毎日の食事は老夫婦のささやかな食卓そのもので、質素といってもいいくらいだ。ナイキ エアマックスあとになって知ったのだが、その日食べる数品のためだけに祖母は台所に立ち続けていたわけではなかった。祖母は、ただひたすらに「ストック」を作り続けていたのだ。

それは漬物や果実酒、佃煮、ジャム、それに味噌やケチャップといった調味料にいたるまで、保存がきくとされているありとあらゆる種類のストックだった。

台所の収納スペースには大小の瓶がぎっしりとならび、祖母の手書きのラベルが貼り付けてある。ナイキ コルテッツ祖母は常にその瓶の中身を絶やさないように、またそれらが痛んだりしないように細心の注意をはらって暮らしていた。

一人暮らしをして、数十分で料理を済ましてしまうことに慣れていた私は、なぜ一日のほとんどを料理に費やすのか、祖母に聞いてみた。ナイキ ダンク祖母はそのときもやはり台所にいて、料理の手を休めずに言った。「もし明日私が死んでしまっても、こうしていろんなものを置いておけばおじいちゃんはずっと私のごはんを食べて暮らせるやろ」祖母は笑って、冷凍庫に密閉容器につめた煮物をしまった。

私は夫婦愛への感動と、祖母がいなくなってしまった日を想像して涙が出たが、照れくさくてテレビを見るふりをした。

祖母の作る保存食は、どれも数百円で買ってこれるものばかりだった。便利な現代では、電子レンジであっためさえすれば、どんなに料理が苦手な人で もあたたかい料理を食べることができる。ナイキ スニーカー レディース祖母が言う不吉な「明日」がやってきたとしても、然して祖父が食事に困ることはないだろう。祖母は、それでも、自分の料理を、祖父に食べさせたいのだ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whok6291
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/whok6291/index1_0.rdf