刑務所

July 22 [Mon], 2013, 12:56


刑務所の塀に沿うた町筋などに軒を並べて来た連中の暮しのほどは、ニューバランス 574およそ推察されるのであるから、急に大きな塀がとりこわされて無くなってしまった後には、むしりのこされたように歪んだ長屋や小工場などが生活の内部を炎暑にさらして現れている。ニューバランス スニーカー雑草が茂って、大きい水たまりがところどころにあり、広いごみ捨場のような眺望の空地は、新製式な工場めいたコンクリート塀の下からはじまって、遠く電車通りのところまで一本の樹木の蔭もなく延びひろがっている。ニューバランス スニーカー レディース道子が同じ路を二時間ばかり前に来た時には、その荒れた広っぱのひとところで数十人の白服が列をつくって並んだり、分列したり、動いていた。ニューバランス996道子は小さくきちんとたたんだハンカチで、ベレーをかぶった額や小鼻の汗をふきながら、むらのない歩調で歩いた。こまかく光る金網のむこうで道子を見て、どうしたい、と笑った啓三の顔や、ニューバランス1400あつそうに片手で単衣の袖を肩の上へたくしあげた啓三の身ごなしが道子の眼へというよりはうち向っている心にまざまざとのこされた。ニューバランス 1500良人に面会した後は単純にうれしかったなどと云い切れない苦しい感情が、いつも道子の気分にのこされるのであった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whok177
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/whok177/index1_0.rdf