昨春

July 29 [Mon], 2013, 16:26


昨春、旧正月の十八日に、遠州の山奥、水窪町を訪ねて、西浦ニシウレ所能の田楽祭りを見学した。ロンシャン トート田楽とは言うても、編木ビンザヽラを使ふことも、舞ふことも忘れて了ひ、高足をさへ忘れかけて、手に持つて歩くほどのものであつたが、田楽能だけは覚えてゐた。ロンシャン バッグ此点で極めて、古色蒼然たる感じを与へたが、とりわけ暗示に富んでゐると思つたのは、番毎に「もどきの手」と言ふことがくり返されてゐる事であつた。ロンシャン 折りたたみまじめな一番がすむと、装束や持ち物など稍、くづれた風で出て来て、前の舞ひを極めて早間にくり返し、おどけぶりを変へて、引き上げるのである。我々は此を見て、日本の芸能が、おなじ一つのことを説明するのに、ロンシャン トラベルバッグいろと異つた形であらはし、漸層的におなじことを幾つも重ねて来た事実を、よく感じることが出来たのであつた。併し、かうした事のくり返されるのは、何故であつたらうか。ロンシャン プリアージュ根本は、日本の宗教が極めて象徴的なものである為に、其を説明するのに、いろと具体的な形で示す事が必要であつた。さうしてそれには、いろな現し方があつた。ロンシャン 刺繍 バッグいろな現し方で、一つの事を説明して行く中に、姿・形が変ると同時に、だん大きく育つても行つたのである。そこに、日本の演芸の発達があつたので、主たる一人が発言し、動作したことを、いろな方法で説明して行つた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whok159
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/whok159/index1_0.rdf