ねんがじょー 

January 06 [Fri], 2006, 22:38
申し込んでいたシンレイ年賀状が今日届きました。
1日〜11日の間に届くとか説明書に書いてあって、はっきりしろよ!と怒っていましたが、今日なら許す!!(何様)一番見られたくない母は、可哀想な事に今日はお仕事でしたので、見られることもありませんでした・・・心底安心しています。2006年の初危機は、何とか乗り越えました。
で、年賀状の感想。
一目見た瞬間・・あの・・レイシンだと・・・思った・・・
なんつーか、シンがね、異常にかわいいの。別にいいのよ、かわいくたってね。
ただね、シンレイ者としてはちょっと寂しいって言うか、切ないって言うか・・
久々にレイたんに合った幸せと、その切なさとの間で揺れつつ暫く呆然と年賀状を手にしていました。
でもですね。
今思うと、シンのかわいすぎるロリロリな微笑が、計算された攻め攻めしい笑顔に見えてくるので不思議です。可愛い子ぶってレイたんに甘える気満々ですよあの子は。手を振るポーズも腹黒く見えてきます。すごいぞ人間の心理というものは。
・・今気づいたけど名前の順はシンレイだ・・・イエーイ!!!そりゃぁシンのほうが主人公ですもんね・・・
始業式に持っていく気満々の変態女ですよ、私は。

レイたんの髪形のどこが可愛いって、そりゃぁ全てが可愛いのですけれど、特に一箇所上げるなら、ちょこんと耳が見えるところですよね。
あと、あの指の先は女にしか見えないです。あの細さしなやかさ・・・あり得ないvv
可愛い系と美人系、二人でユニットでも作ったらどうですか。
本気で男性陣に、「どっちの子が好み?」と聞いてみたくてたまりません。ちなみに私はレイたんが好みですよ。

前々からずっと思っていた事。
シンレイを喩えるならt.A.T.u.(書き方あってるかな・・)ですよね。
制服ジャケットとか、エロエロキスPVとか、今見せられたら少し困ります。

新年明けましておめでとう御座います。 

January 01 [Sun], 2006, 15:16
来てしまいましたよ2006年・・時が経つのは早いですね・・おー怖い怖い。
日々が知らぬ間に終わっていくこの感覚が最近妙に恐ろしくて仕方ありません。
そんな私ですが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

思えば2005年は、素晴らしい年でした。
日常生活でも本性を表に出す生き方が2年目に突入した昨年は、多くの素敵な方との交流を通じ、ある意味一回りも二回りも成長した気がします。
普段のなんでもない時間が妄想に侵食される割合も格段に大きくなり、その妄想自体も突飛さと気持ち悪さを増し・・・まさに行き着くところまで来た!って感じ。
嬉しいんだか悲しいんだか・・・どっちかっていうと嬉しいですね(笑)
2006年も更なる心身の発展を遂げられますように。
皆々様が、幸せな日々を送られますように。
そして私自身、何より常に平穏無事で健康に過ごせますように。
今年1年も、我が身の秘密を親家族友達に知られることがありませんように。

運命シンレイ年賀状。今日必死で家族の中で誰よりも早く年賀状の束を手にしたのですが、その中に無くてどうしたものかと驚いていました。
が。
あれが届くのは1日〜11日のいずれか、ということになっているらしいです。恐ろし過ぎます。
2006年初めて迎える危機脅威。
果たして私は乗り越えられることが出来るのかー!?(乗り越えられなかったら本気でやばいです)
明日私1人出掛けるんですよ・・・頼むから明日は無しよレイたん。


あ、おみくじは末吉でしたー。(どうでもいい)

どうしても叫びたい 

November 21 [Mon], 2005, 20:53
すみません時間ないのでホントに一言だけ!
http://store.yahoo.co.jp/tj-grosnet/c-hcl02.html
ブレイズザクファントム(レイ専用機)→ピンクと白かよっ!!やってくれるわー!!!

おっ買い物〜☆ 

November 03 [Thu], 2005, 20:38
本日は母と買い物して遊んできましたvvあれ?なんかつい最近も行ったよね私。(笑)でも今回はコースが違うのです!難波&心斎橋界隈をうーろうろ。可愛い物見ると心が癒されますvv
私はこんな変態女ですが、実は普通に買い物好きだったりします。服飾品総じて好き。服も靴も鞄もアクセもなんでも見てて楽しいです。引きこもりの癖にー、着る時ない癖にー、遊びに行くといったらメイトかカラオケの癖にー。(笑)
今年の秋冬のコンセプトは『外国人のお坊ちゃまがしてそうなかわゆいカッコvv」です♪(もうちょっと良い命名はないものか;)ハイ、なんかこの人考えてますねー。というかこれじゃあ魂胆見え見えですねー。一体脳のどれだけをレイたんの為に使ってるんでしょうね私は!(死)
いやね、だってすっっっごく楽しいんですよ。レイたんは私なんかより100億倍可愛いんだから、何着ても似合うし!16歳時点でのカッコってなかなか想像できないんですが、幼少期ならいろいろ思い付けますvvなんたって議長閣下のチョイスですから、可愛さ無限大の天使が出来上がるに違いないのですよ!!!
チェックのハーフパンツとかさー、真っ白のセーターとかさー、結構深めのキャスケットとかさー、先のまぁるいブーツとかさー、すっぽり包まれちゃうコートとかさー・・・(以下永遠)やっべ、鼻血出そう。
まぁだからといって、なんでそういう恰好を自分がしたくなるのかはよくわかりません。(笑)キモいの自分でもわかってるんで、病んでると思って大目に見てやってください。m(_ _)m
レイたんには秋冬が似合う気がします。春夏には弱そう。暑いの嫌いそう。あ〜でも寒がりだろうな・・多分どっちもかなり苦手なタイプと見た!だからい〜っぱい着込むの!んで着膨れして真ん丸くなるんだよ!(悦)

なんたって完璧ですから!(笑) 

November 02 [Wed], 2005, 18:23
荒みきった心に差し込む一筋の光が現れましたよ・・・コンプリートベスト届いてました!嬉しいですよ・・なんかこんなに喜んでいーんか?ってほど嬉しいです。明日が休みで嬉しいけど、すっごい疲れた・・という所に舞い込んで来ましたからね!やっほい!!!
本編終わってからも妄想は随時し続けていたのでこういうのもおかしいかもしれませんが、なんか久しぶりな感じがしました・・長い間会えずにいた最愛の人に再会した気分です。(笑)
レイたん・・私はどれだけこの日を待ちわびていた事か・・君に会えなくて私の心は荒れ果ててしまったよ・・でももう大丈夫!レイたんがいれば私はどこまでも頑張れるから!共に幸せな未来を築こうではないか!(誰)
事実、公式(?)のレイたんと会うのは久しぶりだったりします。最終回の衝撃で、10月1日から今迄録画ビデオも見ていないので。眼の耐性が弱まってしまったのでしょうか、美しいレイたんの姿に意識がトびそうでした。
金銭的に流石にかなりの痛手ではありましたが、私にとってはそれ以上の価値アリな気がします。これだけ元気出た辺りそうとしか言いようがありませんね!デスティニーパワー万歳!!!

軽く衝撃的だったこと。第一期エンディングってギルバート様いらっしゃらなかったのね!?初期はここまでハマっていなかったので気付いてなかった・・・愛の力で人って変わるものですね。(笑)

辛い・・・ 

October 28 [Fri], 2005, 19:19
いきなりぽつりと本音。外に出るのが辛いです。
特に何って無いのですが・・うーん、とりあえず青年期ですかね。すいません、私みたいな適当な人間が「青年期なんだよー」とか言っててもは?って感じなのはわかります。なにほざいてんだこんにゃろーですよね、うん、そうなんですけどねー。
ぶっちゃけレイの所為だよ。
さっき真剣に「いつからこんなに社会にでるのが駄目になったんだろう」という話をお母さんとしてました。思い浮かぶのはそう、運命の出会い・・・
一遍記憶喪失でもした方が自分の為ですかね、私の場合(笑)

セ○カチ○ー計画再び。 

October 22 [Sat], 2005, 6:43
かんなりシンレイだった。
小説では玉砕しましたが、今回は大成功です。唯一の失敗は、模造に必死になりすぎて素直に感動できなかった所でしょうか。(意味無)「助けてください!」のシーンでさえ私は涙一つ見せず真っっっ剣に頭を回していました。
でもでも、めっちゃ感動しましたー!私は小説よりも映画のほうが好きかなぁと思いました。小説には無い素敵なシーンがたくさん盛り込まれててvv
まぁ欲を言えば、大人版律子の存在は別に必要なかったかと思いますけどね。柴咲コウを出演させて一般受けを狙うのは仕方ないと思うんですが、最後らへん二人が空港で再会した後の会話に不満が残りました。
「アキは君を恨んじゃいないようんたらかんたら」(がっかりしすぎて細部覚えてない;)のところは、「アキは君に感謝してるよ。今僕は君がいて幸せだから。」って言うべきだと思います。(ウワーなんかこの人妄想してるよリアタイで)それをママンに言ったら、感動されてしまいました。そんな妄想でよければ貴方の娘は四六時中していますわよvv(笑)

○事前情報通りピアノ弾くシーンは果てしなくレイたんでしたvv
○アキのレイたん度よりも朔太郎のシン度が目立っていた。
○「勉強できて、スポーツ万能で、人気があって・・なんかちょっと上にいる感じ。ここらへん。芸能人になるんだろ?」誰に言ってるんですかアナター!!!!
○陸上部のユニフォームにハァハァ。
○微妙にださい制服にハァハァ。
○白いワンピースにハァハァ。
○オレンジ色の水着に真っ白な素肌ハァハァ。長澤まさみよかった。
○「まだ大丈夫だよ・・私、まだ生きてるよ・・!」シンレイで考えればいつでも泣けそうです。
○カセットテープ会話万歳。あのネタどっかでいつか使いたい。
とにかくかなり良かった!シンレイがいっぱい!!
余談ですが、朔太郎を殴り、後には「なにもしてやれない・・」と泣いたアキの父親。あれにギルを重ねると笑えて仕方ありません。特に殴るところ。すみませんあのシーン思わず笑いました(不審)

久々。 

October 21 [Fri], 2005, 21:05
試験終わったー!!うおー!!!!これで自由だー!うわっほい★★
ホントは昨日既に終わってるのですが・・あまりにテンション高すぎてブログ書く余裕もなく1日終わっていった・・(笑)試験中より夜更かししてどうする自分♪うん、でもそういう自分を受け止めてるよ自分♪(死)
今回の試験中は、ストレスが爆発しました。むしろ暴発?(どう違うのよ;)月曜病とあいまって、月曜の午後からタイヘンな事になってましたよ・・・本当やばかった。脳が見ること全てを拒否する感じ・・数学ならまだしもまさか現社のノートが暗号化されてしまうとは。
でも実際鬱病になる前にすっぽかしてしまえる自分にエールを。あのまま行く所まで行ってしまった場合より、確実に結果はいいと思います・・多分ね多分。

で、今日は授業もなく♪太鼓ですよ太鼓。和太鼓〜!
腕の動きの美しい事・・衣装の素敵な事vv妄想し放題最高!腐女子って、場合によっては普通の人よりも日々の生活を100倍楽しめる人種なのだと思います。寝るつもりで行きましたがそんなの論外でした。
隣がハニーで良かったです。ニヤニヤしながら見てるの、かなり不審ですもんね〜(^^;いやでも、衣装がさ!金髪サンいたしさ!どうするよこれー!!!あの囃し声と、視線の合わし方がキます・・ほんと、正直困ります。(笑)
ちらりとですが三味線もありましたvvレイたん三味線習うのですね・・太夫さんみたいで素敵vvとか思っていると遊郭ギルレイで頭が沸きました。昼からR18・・・げふげふ。

まだまだ語りたいこといっぱいあるのですがね!とりあえず一旦終了〜♪
今から世界の中心で愛を叫んできます。ずっとやりたいと思ってた・・長かったよ今迄!(感涙)待ってて純愛!!!
さすがにお母さんのお隣でメモはとれそうにないですが、私の記憶力もそういう部分においてはまだまだ捨てたもんじゃないので(^^)

無題。 

October 03 [Mon], 2005, 6:51
ギルはレイに、「君は君だ」とは言ってくれなかったのかな。
シンも、打ち明けられた後、レイに何も言ってくれなかったのかな。
言ったのは、最後の最後のキラ様だけ?本当にそうだったの?だから、自分の手でギルを殺したの?そんなの、悲しすぎる。
あれが正しい結末だと言えますか。
有り得ないよ。有り得ていいわけない。私は認めない。
なんで、そんな悲しい事になるの?自分は自分なんだって、誰にも教えてもらうことなく、自分は作られたいらない命なんだって想い続けて、それでも今迄ああやって生きてきたの?どんな命でも、生きられるのなら生きたいから?
あの子が幸せだった瞬間は、果たして一度でもあったのでしょうか。
運命の設定が、「レイは自分の命は自分だけの物であるとキラの言葉で始めて悟る」だとしたら、それが一番許せない。あの子をそんな不幸な状況に追い込んだ奴らを許さない。どこにも救いがないじゃない。
誰かがもっと、レイをレイとして愛してあげてても良かったんじゃないですか?
自分は自分だと気付いたレイを、生かしてあげても良かったんじゃないですか?
せめてほんの少しの救いを。神から彼に、差し伸べられる手を。
違う方向に導いて、レイにギルを撃たせたあの人も、レイを助けてくれなかったじゃん。声もかけずに一人で逃げた。誰も、レイにレイとして生きる事を教えてくれなかった。
なんだよそれ、無責任だよ。最後にまた見捨てるくらいなら、放っておいてあげてよ。信じるもののために戦い、信じるもののために死なせてあげた方がましだったよ。最後のシーンでのレイの葛藤、苦悩、涙、絶望―そんなものが一気に圧し掛かります。
別に誰が悪いんじゃない。悪いのは監督とか脚本の人。私が言ってるのは・・まぁキラさまの事なんですが・・・メサイアから出る時のキラのあまりの急ぎっぷりに、彼を恨むべきではないと想いました。というか彼がかわいそうになりました・・製作者の勝手な思惑で、酷いキャラに仕立て上げられてるもの。

自分が謎。 

October 02 [Sun], 2005, 18:59
昨日のテンションは何処へ。あの意気込みは何処へ。
もうなにもする気が起こりません。
明日学校に行ったら、普通でいなくちゃいけなくなる。できるのかな、私に。自分の周囲に在る物、全てが恐い。
全てをシャットダウンしたい。眠って、そのまんま目覚めたくない。明日になって欲しくない。なんにもしたくない。
1年前に戻りたい。忘れたい全部。

今迄はきっと、誰が凹んでやるかとか思ってた。何が起こったって自分は自分の中でなんとかできる、妄想で好きなように補完できるって思ってたの。自分を過信してた。それとも、甘く見てた?
私は何がしたい?何が欲しい?
私が想うあの子、あの人、あの子は本当に存在してたのかな。
死んでしまった。でも最初からいなかった。もう会えない。でも会った事なんてない。
本当は何にも知らなくて、此処には何もなくて、私が見ていたのは全部、私の想像だった。でももうそれすら見えないや。思い出そうとしてもなんだかぼやけてるんだもん。
望めたのは、可能性があったから。憤れたのは、その先があったから。
もう終わってしまった。消えてしまった。未来も何にも無い、ただの真っ暗な行き止まり。
どうしようか、これから。
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whitenight-r
読者になる
Yapme!一覧
読者になる