ノートパソコン・バッテリー・トラブル奮戦記 

October 03 [Wed], 2007, 18:20
新しいパソコンを購入したため、SHARPのPC-BJ140Mと言うノートパソコンを、1年以上バッテリー装着の儘1年以上放置してたら、電源が全く入ら無くなってしまいました。
こりゃ駄目だとまた長いこと放置してたのですが、ある時バッテリーを外して電源を入れてみたら、なんとWindowsが立ち上がりました。
それ以来バッテリーを外して使用してきたのですが、バッテリーがないとやはり不便で、この程バッテリー修復に挑戦してみました。
先ずは、バッテリーBOXをバラさなければなりません。ネジは使ってないので、接着と考え何とか開けられないかとあちこちカッターナイフとマイナスドライバで探ってみました。
表面的には張り合わせ箇所が分からないので苦戦しましたが何とかバラせました。
瞬間冷却剤を使うと接着剤が堅くなり綺麗に剥がせると言う記事を見ましたが、手元にもなく入手先も不明なので
カッターナイフを主としました。
バッテリーはSANYO製の9.6V4000mAhニッケル水素バッテリパックで、8本の電池が納められてました。
バッテリー制御回路から電池を外し、更に1本切り離しました。
テスタ−で当たると0ボルトでした。過放電ということでしょうか。
交換用の電池を探して見ましたが見つかりません。
そこで、単3、単4用充電器で充電してみましたところ、ある程度充電出来ました。
では8本繋いで充電してみることにしました。
問題は充電器ですが当然の事ながら手元に有りません。そこでえいやばかり自動車のバッテリー充電器を使って1時間ほど充電してみました。
若干充電出来た様なので、制御回路に接続し、バッテリパックをパソコンに装着し、電源スイッチを入れて見ました。
驚くなかれ、電源が入りWindowsも立ち上がりました。充電ランプもつきました。
時間は記憶がありませんがやがて充電ランプも緑に変わり、コンロールパネルの電源オプションにある電源メータも100%となりました。
目出たし、目出たしです。
放電寿命は30分強ですが、全くないより使い道が開けました。
助かりました。ご参考になればと思い一筆しました。



P R
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whitehat
読者になる
Yapme!一覧
読者になる