桜色の奇跡

March 02 [Wed], 2016, 15:49
貴女を守る道具。感情も、全て捨ててきた…と思っていたのにーー。




桜色の奇跡



麻帆良学園。桜並木の道を歩いていると、前からお嬢様…私の護衛対象者が歩いてくる。隣には甘橙色の長髪で、鈴の形をした髪飾りでツインテールにしているご学友の姿。楽しそうに談笑している。

お綺麗になられた。

その笑顔に気持ちが高鳴る。近寄って話したい、側に居て触れたい。

そんな気持ちが私の中に芽生えてしまう。律せ。その為に修行してきたのだ。

彼女は私の姿を見るなり、今にも泣き出しそうな顔付きになっていた。ご学友もそんなお嬢様の気配に気付き私に視線を向けてきた。

「せっちゃーー

嗚呼、ダメです。呼ばないでください…そんな表情をしないでください。私がそうさせているのは分かっている…貴女は私の主。禁忌の翼を持つ私は貴女を影から守る道具…もう昔には戻れないのですから。


一礼して貴女の横を通り過ぎる。


追っては来ない。突然の再会。こんな態度では喜べるはずもないだろう。それで良い。私は幼馴染でも友人でもない、貴女の護衛。








普通の女の子としての生活を送れるように貴女を守り抜く。それが私の使命。












「このちゃん……」


愛しい貴女の名前を呟く。空を見上げれば美しいスカイブルーが広がり、雲は優雅に流れていく。目を閉じ無心になる。小さく吐いた溜息を止めて一歩、歩き出す。
















これから壮大な出来事が待ち受けていること、更には貴女との関係も近くなるなんて、今の私は想像もしていない。










fin




---------------------------------------
後書き


初めまして。いきなり暗い感じになりました(笑)
このせつが来年結婚ですかぁ…しみじみ


突如このせつが再熱してssのみではありますが書き綴っていけたらと思います。


UQも謎が謎を呼んでるので…このせつは結婚…してますよね…新居買うくらい頑張ったんだもん、内定したんだもん…。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:紅
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/whitecrow0117/index1_0.rdf