射手座の満月と天王星の牡羊座入り

May 28 [Fri], 2010, 0:00
みなさん、こんばんは。

先日は、文学フリマへの応援や、あたたかいメッセージをありがとうございました。
おかげさまでいろいろな出逢いがあり、今後の楽しみもまた増えて充実したひとときを過ごすことができました。


さて、雨が降っていると月を目でみることはできませんよね。
でも、目に見えなくてもちゃんとエネルギーを感じることはできるんです。

今日(5月28日)は、射手座の満月(午前8時7分)です。
そして、長らく魚座にいた(2003年3月から。途中水瓶座に戻ったりもしていますが)天王星が7年ぶりに星座を変え、牡羊座に移動します。

月は約2日半で星座を移動していくのに対し、天王星は84年かかって12星座を一周りするので、ひとつの星座に7年もいるのです。
その天王星が、12星座のスタートである牡羊座にまた戻ってくるのですから、何か大きな切り替わりをイメージさせますよね。

とはいえ、今日何かが起こる、というものでもありません。
長い年月をかけて星が動くように、徐々にわたしたちの内面にも変化が訪れるのです。
でも、その兆しはおそらくもう感じられるのでは?

天王星は「変革」の星、満月はものごとの満ちるタイミング。
さて、あなたは何を感じ、どんなアクションを起こすのでしょうか?

約半年前の射手座の新月(2009年12月16日)にお願い事をした人は、振り返ってみてみましょう。
どのくらい叶っていますか?
その頃の願いは、今も願っていることでしょうか?
その頃と今では、想いが変わってきているかもしれません。

満月や新月の頃は、体調を崩しやすい人もわりと多いです。
特に、新月のときは「こころ(精神)」のバランスが、満月のときは「からだ(肉体)」のバランスが崩れやすいようです。

どうぞ、今日も素敵な一日となりますように!





今日は『小満』、【上弦の月】です。

May 21 [Fri], 2010, 23:05
こんにちは。

今日は、二十四節気の1つ、『小満』ですね。
小満とは秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)すると言う意味だそうです。
田畑を耕して生活の糧を得ていた時代には、農作物の収穫が生死にかかわる問題だったため、麦などに穂がつくと「今のところは順調だ、よかった」と満足したことから小満と言う名前が付いたと言われています。

また、自然界のすべてのものが次第に満ちてくることから、『小満』と言われるとも。
木々や草の緑が濃くなり、動物たちも活発に動くようになり、多くの植物も花を咲かせるときです。

小満 - Wikipedia


さて、先日、5月16日(日)の夜空は格別でしたね。
三日月と金星のランデブー、みられましたか?
わたしは、友達からメールが来て慌てて外に出てみました。

ほんとにロマンチックでうっとりでした。新月から数えてちょうど3日目の、本当の【三日月】。
空の色がまた、暮れかけの美しいブルーでいっそう金星と三日月が映えていました。

あれから月は少しずつ膨らみ、今日は【上弦の月】。
満ちてゆく(満月に向かう)半月を、【上弦の月】と言い、欠けてゆく(新月に向かう)半月を【下弦の月】と言いますが、半月は太陽と月が90度の角度にあるときです。
太陽が西の空に沈む頃、ちょうど南の空の高い位置に見えるのが【上弦の月】。
真昼の月は白くて、夜見る月とはまた違った顔で、とても綺麗ですね。
ちなみに、新月は太陽と月が同じ位置(つまり、0度)、満月は太陽と月が真向かい(180度)にあるとき。

新月から満月になるのに約2週間かかるので、上限の月はそのだいたい真ん中だから新月から約1週間たった頃です。


みなさん、新月のお願い、しましたか?
この上限の月の頃は、ちょうど新月で願ったこと、あるいは計画をたてたことがどんな状態なのかちょっと振り返ってみる頃に当たります。

このままでいいのか、あるいは方向性がちょっと違っていたから軌道修正したほうがいいのか、など、少し考えてみましょう。
そして、1週間後の満月に向けてさらに歩を進めてゆきましょう。
満月はものごとの完成、満ちるタイミングに当たります。


最近、なんとなく風が変わってきたように感じます。
水星の順行に伴い、少し流れが良くなってきたかな、とは思っていましたが、おかげさまでようやく体調も元に戻り、公私ともに忙しくなってきています。

昨日、5月20日は金星がふたご座から、かに座へ移動しました。
そして、今日、太陽が牡牛座から、ふたご座へと移りました。
このあたりも大いに関係しています。

体感はもちろん人それぞれなので、いちがいには言えませんが、それでも今までなんとなく波に乗れてないなぁ、と思われていた方はこれからが勝負だと思います。

みなさんに素敵なことがたくさん訪れますように!

いつもありがとうございます。

手相とパワースポットについて

May 19 [Wed], 2010, 21:49
みなさん、こんにちは。
今日は、今流行りの手相とパワースポットについて、わたしの思うところを少し綴りたいと思います。
少し長くなると思いますので、お暇なときにどうぞ。。。


☆ 手相
  手相に興味を持ち始めたのは、子どもの頃だった。
  手相の本を何冊も買っては、自分の手相を読み解いていた。
  初めて手相をみてもらったのは、20歳のとき。
  友達から、よく当たると評判のひとを紹介してもらった。
  手相だけでなく、人相もみるというそのひとの占いは、今思えば単なる占いを超えていた。
  そこでみてもらった結果は、まるで未来予知とも言うべき内容で、ズバズバ当たっていった。
  

☆ 《神秘十字》

  テレビでよく手相占いを見かけるが、必ずといっていいほど出てくるのが《神秘十字》。
  感情線と頭脳線の間にできる十字の線のことだが、この線がわたしは両手にある。
  この線を持つ人は神秘的なコト、例えば占いや宗教に対して興味を持つ人が多いとされている。
  信心深い人でもあり、神仏の加護が強いとも言われている。

  特に運命線とクロスする《神秘十字》は最強で、正夢を見たり、予知能力や霊感があったり、厄災を自然と回避する能力を授かっていたりするそう。
  まさに、その運命線とクロスする十字が両手に!

  そのおかげだと思うが、不思議と困ったときに助けてもらえたり、もうダメだと思っても難を逃れたり、大難が小難で済んだり……。いつも不思議な何かに護られている気がする。
  そして、神秘的なコトが大好きで、占い好きだったりもする。
  宗教にのめり込んだことはないが、小さいとき近所に教会があったので、日曜学校には毎週通っていた。

☆ 《あげまん線》《幸運の女神線》

   感情線の先がフォークのように、三つに分かれている線を《あげまん線》と呼ぶらしい。
  周りの運気をどんどん上げられ、周りを明るく元気にできる女神さまのようなひとにできる線ですって! (もちろん男性にもできる線)。
   パートナーの気持ちを支えることで、相手の隠れた才能や魅力をどんどん引き出すことができるそう。
  このネーミングはお笑い芸人(手相芸人)、島田秀平さんのもので、もともとはコミュニケーション能力が強いことを示す線らしい。

  というわけで、相手への気配り力も素晴らしいようだ。実は、この線も出ているんです(^_-)-☆


☆ 《仏眼》

  これは、親指の第一関節に出来る眼の形をしたもの。
  この相を持つ人はある種の念力とか、超能力・霊能力の持ち主。
  また記憶力が良い人に現れるとされている。

  うふふ、これもあるんだなぁ♪


☆ パワースポットの特集テレビを何気なく見ていたときのこと、手相もやっていてそのとき、「《神秘十字》と《仏眼》のあるひとは、今すぐパワースポットに行ったほうがいい」と言っていた。

  言われるまでもなく、そこがパワースポットだと知らずに訪れていた場所がたくさん取り上げられていてびっくりした。


☆ いつも「ふと」とか、「なんとなく」思いついたことはそのまま実行してきたが、そのパワースポットへもふと行きたくなって行ってみただけのこと。
  その後、すごくテレビで話題になっていて「そうだったのか」と思う、そんな感じ。
  きっと、《神秘十字》と《仏眼》に導かれて行っていたんだね。

  パワースポットがもてはやされているけれど、この前見ていたテレビでは「欲望を叶える」という言い方をしていたので、妙に引っかかってしまった。
  神さまにお願いするのはいいと思うけど、「欲望」はちょっと違うんじゃないかな。
  煩悩を払うための除夜の鐘もあることだし。

  パワースポットは、誰でもそこへ行きさえすれば欲望が叶う、そんな便利な場所とは違う気がする。
  自分がその場所を訪れたとき、どんな感じがするか、そこの「気」(エネルギー)と調和している気がするか、居心地が良いか、元気になったり、癒されたりするか……
  そんな場所なら今の自分に合っている、本当の意味での「パワースポット」なのだろうと思う。


  よく神社の敷地内に入ると、区切られたようにそこからピタッと空気が変わって、神聖な、身が引き締まるような感覚になることがあるが、すべての神社でその感覚が起こるわけではない。
  中には、陰気で近寄りたくないような、入ってはいけないような「気」を放つ神社もある。
  もちろん、そういった場所へは近寄らないことにしている。
  運気が逆に悪くなってしまう可能性もあるから。

  自分の五感を大切に、自分のこころとからだからのメッセージを素直に受け取る、そして、そのとおりに行動してみる。
  すると、不思議なご縁を感じる、シンクロもどんどん起こってくる。


  ・・・これがわたしの日常でございます。。。

  最後まで読んでくださって、ありがとうございます。





今日は盛り沢山です♪ 水星順行と5月の新月情報、そして6月の『新月のお話会』のお知らせです。

May 11 [Tue], 2010, 18:40


みなさん、こんにちは。

今日は盛り沢山です♪ 水星順行と5月の新月情報、そして6月の『新月のお話会』のお知らせです。

いよいよ明日5月12日(水)は、約3週間にわたって逆行していた
水星が順行になります。

今までコミュニケーションのトラブル、すれ違いや誤解など、なぜかすんなりいかなかったなぁ、と思っていた人も少しずつ 《 イイ感じ♪ 》 を実感できているのでは?

また、体調を崩されていたかた(わたしです・・・苦笑)も、段々良くなってきていると思います。
これからは滞っていたことが、ゆっくり動き始めますよ。



そして、お持ちかね、5月14日(金) 午前10時4分は、牡牛座の新月です。

牡牛座は「気持ちのイイコト、美味しい、綺麗、うっとり」など五感を味わう星座です。
また、お金や所有物なども牡牛座の得意とする分野です。

では、牡牛座で新月が起こるとき叶いやすい願い事とは、どんなものでしょう?
     
たとえば……
  
 ・ お金
 ・ 官能的喜び
 ・ 満足
 ・ 忍耐
 ・ 自分の存在価値を認める
 ・ 解放する
 ・ 頑固さ
  
などのキーワードが挙げられます。

これらは、ジャン・スピラー『魂の願い 新月のソウルメイキング』より抜粋したものです。
     

毎月、新月にお願いをしている人もそうでない人も、明後日の朝はちょっと意識してみませんか?
太陽(意識)と月(無意識)がピッタリ重なる新月は、1ヶ月に一度自分自身と向き合うのに最適なとき!

お願いをする人は、必ず、新月の時間を過ぎてからすることをくれぐれもお忘れなく(^^)
   


そして、6月の『新月のお話会』の詳細です。

今まで第2日曜日に開催することが多かったのですが、6月は12日(土)が新月のため、一週早い6月6日(日)になりました。
前にお知らせした「今後の予定」では、13日(日)になっていたと思いますが、日時が変更になりましたので、よろしくお願いします。


日時 : 2010年6月6日(日) 午前11時30分〜午後1時30分(予定)
場所 : 元町 (最寄り駅、みなとみらい線:元町・中華街駅。JR根岸線:石川町駅。
      詳しい場所はお申込されたかたにお知らせします。)
会費 : 4500円(消費税込)
      軽食、ドリンクも付きます。      
内容 : 月の満ち欠け、月の星座と太陽星座(生まれ星座)の違いなど占星術のお話も
      まじえながら、新月のパワーで願いを叶える方法をお話します。
      そのほか、質問などありましたらお気軽にどうぞ。。。


お問合せ・お申込先 : こちらのメールフォームへどうぞ♪

日曜の昼下がり、ちょっと優雅にアフタヌーンティーをいただきながら、本当に叶えたい願いを、一緒に叶えてみませんか(^^)



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:white_moon811
読者になる
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント