あけましておめでとうございます

January 09 [Mon], 2017, 20:33
謹賀新年

今年もよろしくお願いします


ところで、、、

ふとユーチューブを見て
「なぜペットは自分のところに来たのか」というのを見ました。

ロッキー。。なんで我が家に来たの?

長女が13歳 長男が11歳 次女が5歳のときに
ロッキーは我が家に来ました。

ウィペットという 犬種もわからぬ私達のところへ


それでもなんとかロッキーは
私達と遊び 打ち解け 楽しい日々

病気は一切せず 怪我だけはするロッキーでした

夜寝るときは 必ず次女のベッドで寝て
次女が寝入ると 私のベッドに潜り込み寝る

それが毎日のことでした

子どもたちも成長し
長女は専門学校に進み 看護師を目指し
長男も同じ専門学校に進み 看護師を目指し
残るは まだ中学に行っている次女

その時ロッキーはシニア時代に突入していました

そう。。。あの病気に侵される前です。

次女が高校に入学
ロッキーは 相変わらず 腰をやられたり
立てなくなったりした時もありましたが
なんとか 元気に散歩もしていました。

そして 次女が高校3年生になる年の1月
ロッキーは 膀胱がんを発症していたのです

その時私は 動物病院でバイトをしていたんです。

『おしっこが間に合わない』

たったそれだけのことで 検査をしたんです。
本当に たまたま時間があったので
超音波を診ようとなって 診たんです

大きな影がありました

獣医師共々 院長を始め スタッフの顔がこわばりました・・・

そこからロッキーの闘病が始まるわけですが
病院スタッフということで 膨大ながん治療を 最低限に抑えてもらい
なんとかロッキーは頑張っていました

忘れもしないあの日。。。

お姉ちゃんと夏蓮ちゃんも 我が家にいて
看護師として働いていた長男も「明日夜勤だから
今日はロッキー一緒にいるよ」と
次女は 2学期の中間試験の真っ最中

きっとロッキーは

お姉ちゃんも夏蓮ちゃんと元気だし
遼ちゃんも今日はいてくれて嬉しいし
みーたんも 無事高校を卒業できそう!

そう思ったのでしょう

私と夫の仲は冷え切り
私は ロッキーが逝くまでは 離婚できないと思っていました

でもロッキーは 私より子どもたちのことを心配してたようです。



私と子どもたちが見守る中
私の手の中で ロッキーは旅立ちました

あーロッキーは 私の子どもたちのもとに来たんだ
と思いました。

今ロッキーは虹の橋で 私達のことを見守ってくれてるんだろうと思います

お姉ちゃんは 2人目の子供 楓ちゃんを産んで
遼ちゃんも 結婚して
みーたんも 病院で元気に働いていていてくれます

成長した子どもたちを 虹の橋で見守ってくれてるんだね


ロッキー いつまでも愛してるよ



12月になりました

December 09 [Fri], 2016, 17:51
12月になりました

この度新しく プリンターを購入し

今 年賀状の郵送の準備を始めていますが・・・


送れるはがきが 20枚弱・・・



_| ̄|○ ガクッ



それもそうですよ。。。
最後のはがきが 平成25年、、、


3年も放置してたんですから
当たり前です。。。(´;ω;`)ブワッ



とりあえず 今わかる住所の方には 送らさせていただき

もし「え!教えたら送ってくれるの?」という方は
ヤフーのメールで教えていただきたいです


メルアドがわからなければ 直接コメント下さいませ
めるあどをここに貼らさせていただきます!w

かなり放置してました( ̄∇ ̄υ)

November 18 [Fri], 2016, 22:10
間もなく2016年も終わろうとしていますが・・・

なんと。。。。。



HPが消えてました


確かに もう10年位は ブログだけの更新だったんですけど
しかも無料のHPサイト

消えちゃうなんて。。。・゚・(ノ∀`)・゚・。


さてさて。。。いったいどうしたもんだか




でもって 今年の10月で ロッキーが虹の橋に旅立って

5年が経ちました


今でも 虹の橋を私が逝くまで走り回ってるんだろうなと思うと
泣けてきますね。。。


そして一人暮らしを初めて5年かぁ〜〜
暮らすのに必死で
せっかく頂いた年賀状も返すことができなくて
申し訳ないと思ってます




今年こそは プリンターを買って
出したいと思っています


「おや?珍しい人から・・」って思っていただければ 嬉しいです

(あっ、出したという仮定でw)


またまた・・・

March 25 [Wed], 2015, 19:13
ロッキーの仲間が旅立ちましたと言う
連絡を受けました

病気が発症して以来 色々手をつくし
飼い主さんの腕の中で虹の橋に逝ったというお話です

それこそ本望ですね♬
ロッキも半ば そういう状態で逝きましたし・・

こないだも書いたと思いますが

一杯食べれるときは食べさせろと。

食べれなくなるんです。。。
そうなる前に 食べちゃって〜〜♬ってことです。


話は変わりますが。。。

本日久々に ウィペットをヾ(゚◇゚*) ナデナデしました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

みーたんの中学時代のお友達のところで
ウィペットを飼っているのは知っていたのですが
なかなかお会いできずにいましたが
今日念願かなって♬

女の子2頭ですが メッチャフレンドリ〜〜〜〜❤

つかの間の幸せ気分でした♬

謹賀新年

January 02 [Fri], 2015, 10:40
あけましておめでとうございます


新しい年 いかがお過ごしでしょうか?

寒さも厳しいお正月ですが 
風邪を引かないよう お気をつけ下さい

そ〜いえば年末。。。

みーたんがロッキーの夢を見たそうです。
(内容は忘れましたが‥・)

今頃虹の橋で 何やってるのかなー‥・ロッキー

また・・・

December 01 [Mon], 2014, 21:18
ロッキーの仲間が 虹の橋に旅立ったと

報告を受けました


思えば10数年 ロッキーの仲間として
私の友人としてご報告を受けたというのは
とても嬉しいことですが‥‥


1つの時代を感じます


合掌

やっと!

November 07 [Fri], 2014, 23:49


やっとやっと!ロッキーが夢に出てきました!

なんだったかな‥‥‥

忘れたけど ロッキーが夢に出てきたんです!
も〜3年も経つのに。。今頃w

嬉しかったなー♫


生誕16歳

September 18 [Thu], 2014, 16:40

今年2014年9月12日 ロッキーは生誕16歳になります

生きていれば よぼよぼのおじいさんで きっと足腰が立たないんだろうなーと
思っていますけどね。


いつもロッキーの誕生日と 虹の橋に逝った日を思い出しているのですが
全くいつもと変わらない姿で逝ったロッキー
素敵でした

痩せこけて 寝たきりで 褥瘡(いわゆる床ずれ)が入ったロッキーを見なくてよかった
また そういう姿にしまいと決め いっぱい食べさせてよかった

老年期に入ったウィペットとと過ごしてるあなた

頑張って太らせましょう


悔いのないように・・・

January 31 [Fri], 2014, 18:28


更新がかなり出来てませんでした(;・∀・)

もう2014年になってしまいました。
こないだ みーたんと話をしてて
やっぱりロッキーの話になるんですね〜〜

恐るべし ロッキーの思い出!!!!!!

とりあえず なんだかんだと言いながら
13年もロッキーと一緒に生活していたので
思い出すなという方が無理です・・・はい。

ところで今回は 

「ウィペットと一緒に生活をして後悔しないようにするためには」

まぁ、これはどの犬種でも当てはまりますが。。

とにかく愛犬が どのようなリスクを背負っているのか
犬種によってどのような既往症があるのか

これを踏まえて考えていけばいいと思います。

皆様 ちゃんと健康診断を受けていますか?
遺伝が絡む 既往症はないでしょうか?

ロッキーの場合、股関節形成不全+心疾患

これがあったために 繁殖を諦めなくてはいけませんでした。

僧帽弁閉鎖不全症

いわゆる 心室の弁が完全に閉じないために
血液が逆流してしまうんです。
詳しくは ググってください

スポーツドックにはありがちです。

この病気をちゃんと抑えていかないと
(薬の投与が必要ですが一生飲まなければいけません)
徐々に新機能が弱っていき 
最後には 肺気腫などの病気を併発し
かなり苦しみます。

ここを理解してください。

ロッキーは初期の頃にわかったので かなり長い年月
薬を飲んでいました。
なので 闘病中も一切心臓の負担はなかったです。

最終的には 多臓器不全だったんですから。。

ところで。。。
今回はとあるウィペットの話をします。

ロッキーと変わらない年の子。

飼い主が言うには 血液検査もちゃんとしてるとのことでした。
これは若い頃の話です。

シニアになると 人間同様年1回より 2回の検査が必要だと考えればいいと思います。

動物は 素直です。
具合が悪いと元気がなくなるし
ちょっと良くなれば元気に活動します。

体の中の変化は わかりません。

その子は 内蔵も大丈夫だと飼い主は言ってました。

そしてシニアに入って数年後
とある変化が起きたのです。

ちょっとした下痢でした。
環境の変化によるものだと、みんな思っていました。

その直前 健康診断を受けていたのですが
ちょっと肝臓の値が悪かったんです。

その時の飼い主の気持ちはわかりません。。残念ながら‥‥

私は当時動物病院にいたので 整腸剤を持って帰って
飲ませましたが、一向に良くなりませんでした。

その後かなり衰弱していったので 検査を薦めました。
かかりつけの病院にいって 血液検査したところ
肝臓と心臓の機能がかなり低下し
下痢とは全く違うところで病気が判明しました。

急所心臓のエコー検査と 肝臓の薬の投与が始まりました。
ご飯も肝臓病の処方食に切り替わり‥‥

のち・・・

その子は 心臓がかなり悪い状態でいることがわかりました。

肝臓の検査の結果も 薬を飲んでいるのにもかかわらず
一向に良くならない。
増して 心臓もかなり最悪な状態に居る。

数週間後・・・

いきなり倒れました。

夜間救急センターに運びました。

心筋が薄くなり 「肺水腫」を引き起こしてる

肺水腫・・・・
心臓の血液の循環がうまくならないため
体の水分が 肺に滞ってしまう

「肺にはガス交換のための毛細血管が無数に走っている。毛細血管には元々小さな穴が開いており、血液中の水分(血漿)が血管外に染みだして灌流することにより、周囲の細胞に酸素や栄養分を補給し、老廃物を回収している。正常な状態では染み出す量と戻る量はつり合っているが、何らかの原因でバランスが崩れて染み出す量が上回ると、細胞のまわりは水浸しになり、やがて肺胞や気管支に水が溜まっていく。この状態が肺水腫である。」


肺に水がたまってしまうんですね。

こうなると 呼吸もかなり苦しくなります。
入院もしましたし その時は酸素吸入もしました。

本当に苦しいんです。
私は苦しませたくないですね‥‥

肺の水を出す注射や 心臓‥肝臓の薬も投与です。

でも・・・その前にできることが合ったんじゃないか

この子は心臓もかなり弱っていたということも踏まえ
肝臓‥心臓の薬をちゃんと飲んでいれば
苦しまなくてよかったんじゃないか‥‥


今となっては遅いんですよね。


そうなる前に皆さん
ちゃんと健康診断を受け 投与されるべき薬は
ちゃんと飲んで欲しいです。




後悔しないために。。。。。。



あっという間の2年

October 18 [Fri], 2013, 2:05


ロッキーが 虹の橋を渡って2年が経ちました。

2年前の今の時間 まだ生きていましたが
苦しそうに「ハァハァ」としたい気遣いが聞こえていました。

ちょうど遼ちゃんが 夜勤前だということで 私達は
一瞬の睡眠をとることが出来たのですが。。

このあと1時間後に息を引き取るとは思ってもみませんでした

お姉ちゃんが 中学1年
遼ちゃんが 小学校5年
みーたんが まだ5歳の時 ロッキーは我が家にやって来ました

子どもたちに「優しさ・我慢・責任感」を教えてくれたロッキー

お陰で 子どもたちは立派に育ちました

ロッキーがきてくれたおかげで 動物・・・生き物に対するおもいやりを
教えてくれたロッキー

私はいつまでも忘れないよ ロッキー

2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新ご意見
アイコン画像ロッキーママ@管理人
» 謹賀新年 (2015年01月23日)
アイコン画像大門ママ
» 謹賀新年 (2015年01月11日)
アイコン画像whippet_rocky
» やっと! (2014年11月14日)
アイコン画像るーまま
» やっと! (2014年11月09日)
アイコン画像whippet_rocky
» 生誕16歳 (2014年09月26日)
アイコン画像大門ママ
» 生誕16歳 (2014年09月23日)
アイコン画像ロッキーママ@管理人
» あっという間の2年 (2013年11月02日)
アイコン画像ルーママ
» あっという間の2年 (2013年10月31日)
アイコン画像ロッキーママ@管理人
» 2年前の今 (2013年10月02日)
アイコン画像ariespapa
» 2年前の今 (2013年10月01日)
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
愛犬ブログランキング
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whippet_rocky
読者になる
1998年9月12日生まれ
2011年10月18日
AM3:25 虹の橋に渡りました
享年13歳

愛犬ブログランキング

↑   ↑   ↑   ↑          よろしければ、ポチッとしてくださいませ ┏○ ペコーリ   
メールフォーム

TITLE


MESSAGE