いろいろと考えること。4 

March 29 [Thu], 2007, 20:53
朝のことに関しては、私に非があるのは確かだ。
だから、出来る限りの努力はしていきたい。

けれど、八つ当たりで怒られるのだけは勘弁して欲しい。
ぐちぐちと私に怒る前は、必ず物に当たる。
それが怖くて、萎縮してしまう。

親との関係は、きっといつまでたっても私の中での一番の難問だろう。

今通っている学校は、あまり好きではないが、家に微妙な空気が流れているときは、早く学校が始まって欲しいと願ってしまう。
学校という逃げ場にいけるのだから…

逃げることはよくないとわかってはいても、逃げられずにはいられないこの気持ち。
理解できる人がいればいいなぁ…

もし、こんなことを書いていると親が知れば…いったいどんな気持ちになるだろう。
そう思うとまた、何か悲しい…


----*----*----*----*
ここにだらだらと思ったことを書いて、少しすっきりした。
ずっと、ずっと吐き出さずに溜めておいたことを言葉にするだけで楽になる。
きっと、文字ではなく口でこれを誰かに言えたならば…もっと楽になるんだろう。
でも、それはしたくないなぁ…
たぶんそうしたくないのは、私の見栄。

こういうのを話せる友達はちゃんといる。
だけど、きっと話し始めたら止まらない。
愚痴にしか聞こえない話を友達にするのは気が引ける。
それに話しちゃえば、友達に頼ろうとしてしまうから。

これがちゃんと私の中で解決して、いつか「こんなことがあったんだよ〜」って話せるようになれるようがんばりたい。

いろいろと考えること。3 

March 29 [Thu], 2007, 20:38
さて、親に対する愚痴ばかりが続いてしまっているが…それはまだまだ尽きることはない。
それが、また何か悲しい。
親に対して、愚痴や不満しかない自分自身が。

感謝していることもある。
むしろ感謝すべきところが多いはずだ。
けれど、それを素直に表に出さず、ただ反抗してしまう私自身。
それをどうにかしなければ、親との関係は上手くいかない…そう思う。

父親いわく、私と母親は天敵同士みたい、らしい。
母親も祖母とは天敵同士みたいなところがあったようだ。
これは遺伝なのだろうか?
とすれば、嫌な遺伝だ。それをこのまま続けていくべきではないことくらい、簡単に分かる。

ならば、私自身が変わるしかない。

否、変わる…というよりは、親の前でも気を張り続ける。というのに近いかもしれない。
悲しいかな今の私にはそれ以上の良い考えが思い浮かばない。

甘えられる存在に気を張り、気に食わないことはできるだけしない。
手伝いは進んでやり、親がいなくても出来ることを増やす。
そうして、自分の自由になるお金、つまりはバイトをがんばる。
そうすれば、必然的に親と顔を合わせる時間は少なくなるから…

今はこうして、少しずつ距離を開け、冷静になれる時間を増やすしかないと思う。


でも、何より先に解決すべきは…私の朝寝坊かもしれない。
ただ、朝寝坊…とはいっても、怠け癖ではない。
私は低血圧で、朝目が覚めても布団からなかなか出てこられない。
冬眠中の動物みたいによく寝る。
これは、今の私にはどうしようもないことなのだ。

目覚ましを5分おきに5回鳴らしても起きられない。
学校があるときは、もう必死だ。
遅刻、だなんて絶対に嫌だから、なんとしてでも起きようとする。
それでも自転車を飛ばすことは多い。電車の時間にギリギリだ。

このことに関しては、諦める…と親は何度も言うが、実際は諦められないのだろう。
だからこそ、何度も何度も叱られる。
そのことを引き金にして、いろいろ叱られる。

続く…

いろいろと考えること。2 

March 29 [Thu], 2007, 20:26
叱られるとき、確かに私自身が悪かったときもある。
けれど、半分八つ当たりの時も多いと…私は思う。

だが、それを親…母親に伝えれば、逆切れされる。
図星をつかれてのことなのか、子どもに口答えされたことに対してのことなのかそれは定かではないが…

家に私と母親だけの時、それは多い。
二人だけになるときは、なぜかタイミングが悪い。
父親の行動が母親にとって気に食わないとき、弟の行動が母親にとって気に食わないとき。
そんなとき、その二人は決まって、仕事や部活へと向かう。

そして、矛先を向けられるのは私だ。
そんなときは、できるだけ関わらないように、気に障らないように…と気をつけるものの、何かしらミスをしてしまう。
そうして、いつもなら些細なこと、となることも、その日に限っては違う。
父親と弟の分が重なり、3倍以上で怒られるのだ。
叱られるのではない、キーキー叫びながら、怒るのだ。

その時に、何か言おうとするものなら、手が必ず飛んでくる。
そして、何か言ったものならば、「もう聞きたくない!」と全てを拒否する。

私にとっては何がなんだか分からない。
ただ、そのよく分からない怒りが収まることをひたすら祈るだけだ。
そうして、父親も弟も何食わぬ顔して家に帰ってくる。
ほとんどの怒りは、私に向けられている。そう思うことも多い。

唇をかんで、母親が仕事へ向かうのを待つだけだ。
家に一人になると、ようやく落ち着ける。
親のいる、しかも機嫌の悪いとき、二人きりというものほど耐えられないものはない。
特に母親と二人は…かなりきつい。
助けを求めようにも助けてくれる人はいない。
何度、母方の祖母に電話しようと思っただろうか…

続く…

いろいろと考えること。 

March 29 [Thu], 2007, 20:14
まず、私自身も自覚していること。
それは、私自身年相応ではない、ということ。
自分でも自覚のあるように、私は周りの私の歳の人と比べると随分と幼い。
それは、自覚している。
自覚し、直していくべきところだと思っている。

けれど、親の前ではどうしても甘えからか幼くなった自分が出てしまう。
家の手伝いに関しても同じ。
甘えと、めんどくさいという気持ちが表に出て、手伝いをしようとしない。
だけど、それじゃダメだと分かっているから、せめて慣れていることだけでも…
そう思って、出来る限り洗濯物を取り込み、たたむことはしようとしている。
もちろん、今日だってした。

だが、それだけではもう親は満足しないようになっている。
もっと、他に、何か別のことを…それだけを求めてくる。
で、私がそれに答えようとすれば、時間のなさからか、叱られる。
邪魔者扱いされる。

それが顕著に表されるのが、料理の手伝いだ。

洗濯物より料理の手伝いをして欲しい。
そう言われて、手伝い始める。
が、時間がないことも重なり、いつもたいてい叱られる。
それが続くと、しだいに私は料理の手伝いをするのが嫌になってきた。
手伝っても、手伝わなくてもどちらにしても叱られる。
なら、手伝わない方がましだ。

そう、思うようになった。

何かを新しくする、そのことに対して私は人より遅いらしい。
観察力が人より乏しいのだ。
だから、それを養おうと家の外では気を張っている。
それは、私にとって自分自身を守るための一つの方法だから。

でも、家ではそれが緩む。
そうすれば、歳相応のことすらできなくなる。
叱られているときには、頭に血が上っていて、冷静に物事を考えることが出来ない。
けれど、夜、一人部屋にこもっているとき考えれば、間違っていた…と気づくことも少なくない。

続く…

久しぶりの投稿。 

March 29 [Thu], 2007, 20:07
ここしばらく、ここには何も書いていなかった。
けど、私の知り合いの誰も知らない場所が欲しかった。
特に親が見ていないブログが欲しかった。

某所は大手だから、友達も見てるし親も見てるだろう。
それに、私が主に更新しているブログも「見て欲しくない」そう言っても、見てる。

ぐだぐだ、だらだらと誰に気兼ねすることもなく、言葉をつづれる場所が欲しかった。
愚痴を書いてもいいかな?と迷うことなく愚痴を書ける場所が欲しかった。
愚痴だけじゃない、思ったことを素直に出せる場所が欲しかった。

その為にこの場所を作った。
そうして、しばらくはここに何も書かなくても過ごせる日々を送れた。
でも、今またここに書きたいことがたくさんでてきた。

それは、主に親に対しての考えることと不満。
これをもしもうひとつブログに書けば、きっと関係がギクシャクするだろう。
それに、どちらも居心地が悪くなると思う。

だから、ここに吐き出して、関係を出来るだけ悪くしないように努力したい。

出来ない 

September 05 [Tue], 2006, 23:03
なんでかわかんないけど、このブログ、表示できない。
っていうか、アクセスが〜とかいうのがでてくる。
なんで?

チャット1 

August 26 [Sat], 2006, 23:14
只今チャット中・・・だけれど、やっぱり無理っぽいです。
楽しい、ことは楽しいんだけれど・・・なんか微妙です;;

私ほっといて勝手にしててくれって思っちゃって・・
せっかく来てくれた人たちなのに・・・駄目ですね、そんなのじゃ。

胃がきりきりする。
素直に楽しめない。

もう、こんな自分やだ・・・

分からないけど、なんか苦しい
やっぱり、開くべきじゃなかったかもしれない

今来てくれてる人との関係・・・きっとサイト閉じればすぐに切れる関係だろうなぁ・・
私、基本的にメールとかしない人だし

人との関わりが嫌になり始めたのっていつからだろうって思ったら
ある友達が少し関係あるのかも・・と思いました。
その子は私の友達だけど、よく人との関係を絶ちたがります。
そのくせ、友達は大事。ってよく言う。
悪い子じゃない・・・悪い子じゃないけど・・・

私は、周りにいる人の人間に影響されやすいから・・・
それが駄目なんだと、わかっているけど
まだ治ってない

だから、たぶん今嫌になってるんだと思う
その子に当たられたりとかよくする
別に構わないけど・・・・疲れちゃう

ここ知らないから言えることだけど・・・
もし知られたら・・・どうなるんだろうなぁ・・・

お話2 

August 26 [Sat], 2006, 15:05
やったこともないのに、人から聞いた話で勝手に判断したり
好き勝手なこと書いたり

どうなんだろ〜って感じです。
そのゲームにはシリーズがあります。
一番新しいので、かなりの人気が出ました。
すると、前のシリーズにも興味を持ってプレイした人たちがいるんです。
それはとっても嬉しかった。興味を持ってもらってプレイしてくれたんですから。
(もうここまで言ったら何のゲームか分かる方もいらっしゃると思います)

でも、新作と比べるのはおかしい・・と思いました。
新作は新しいシステムとか入ってて、確かに楽しめます。
けれど、旧作(?)だって楽しめるものはちゃんとあります。
新しい作品しかしらなくて、全部が同じだと思って期待はずれで嫌。
何それ?って思いました。
一番最初からそれを好きだった人のことも微妙にかかれてて・・・うわぁ・・って感じです。
切ない・・・

そして、何よりマナーが悪くなったのが一番辛い。
幸いなことに私のサイトには、そこまでマナーの悪い方はいらっしゃらないのですが・・・
最近増えてきたみたいです。それで閉鎖するサイト様も少なくありません。
人気になったからこそ出来ることもあるけれど、マナーが悪くなるなら人気にならなくてもいい、って思いました。
イベントのマナーも年々悪くなっているようですし・・・
本当に好きな人だけが、その作品を大切にする方が私は好き。
簡単に染まる人は、結構簡単に飽きたりする人もいるから・・・

なんだかよく分からないこと書いちゃったんですが;;
何度考えても、やっぱり私は少ない人数でひっそり交流して、作品を大切にする方が好きみたい。
だから、最近その話をされるとちょっと疲れる。
私自身があんまり好きじゃない人まで、はまったみたいだし・・・

人と関わるの、ちょっと自粛しようと思います。
メールもメッセも全部、自粛。
ここ知ってる人いないから、書いてもあんまり意味ないんですが
私からメールするの止めます。てか、ほとんどしてないけど・・・

後、サイトもどうしようって考え中です・・・
閉鎖するかもしれない・・・

お話1 

August 26 [Sat], 2006, 14:40
今、人との関係が、正直めんどくさいです。
メール返すのもめんどくさいと思ってしまいます。

そんなめんどくさいなぁと思っている私が、今夜久しぶりにチャットを開きます。
人、来るかどうか・・・まぁ、来ても常連だけだろうなぁと思いつつ
自分で開くくせに参加したくないと思ってたり・・・

なら、開くなって話なんですけれど、開くと決めたときは元気だったんですよね。
けど当日になって、微妙な感じ。
でも、だからといって止めます、なんて言えないし・・・

前回開いたときに、チャットが私の負担になりました。
今までは楽しかっただけなのに・・・
それ以来開いていません。
でも、久しぶりに元気になってきたし、落ち着いてきたので開こうかなと思ったのが間違いだったのかもしれないと思ってます。
そのチャットは、あるゲームのことを話したりするチャットなんですが・・
最近特にそのゲームが人気になってきて・・・

正直、私はあんまり人気になるものは好きじゃありません。
人気がなくても本当に好きな人はいるわけで、そういう人たちと密かに交流したいと思ってます。
けれど、人気が出てきてからはなんだかとっても微妙。
ゲーム事態に不満はありません。不満があるのは人の方。

少し話し相手が欲しいなぁと思ったのが私の間違いでした。
話せる人がオフではいなかったので、少しそう言うのに興味がありそうな友達に見せてみました。
そしたら、簡単に染まっていきました。
まぁ、そこまではまだいい・・・けど、次第にその子を中心にどんどんと知ってる人が増えてきて・・・
増えるのが悪いことだとは思いませんし、逆にゲームのよさに気づいてもらえたなら嬉しいことなんですけど
なんか、すごく微妙な感じ・・・

大学(3) 

August 23 [Wed], 2006, 13:38


私が編入を考えているのを知っているのは、ほんの数人です。
両親を入れて・・5人もいません。
高校の友達では、2人かな・・
本当にそれくらいです。
もちろん、大学の友達になんて話してすらいません。
話す必要性なんて感じないから。
3年生からの編入だから、2年間はどうしても過ごさなくてはいけない。
それでも3年からの2年間で、編入できたとしたら・・・きっと、私はまた一つ成長できるんじゃないかと思います。
新しい環境に慣れることくらい、今の大学での生活を考えたら簡単なことです。
大学の2年間・・・それを目標に、ひたすら好成績を保ち、編入の対策をし、なんとしてでも今の大学から出たい。
受かることが出来たなら、2年の最後の最後で大学で知り合った人に言えばいい。
お別れ会・・とか、言いそうな人たちですが・・・そんなのされたくない。
夏休みだって、遊ぼうとか言われたけど、適当にかわしたし、前期の時だって遊びに行ったことなんてない。
大学内でいるだけでも疲れるのに、一緒に遊びに行ったりしたら・・・
無理です、耐えれません。

そんな大学生活のせいか、今まで夏バテというのを体験したことがないのに
今年初めて体験しました。
体重は簡単に減っていって、もともと小食だったのに、更に食べなくなって
親や友達に心配されて・・・
夏休みに入ると、少しマシになったんですが、それでも大学のことを考えると
最近また、食べる量が減ってきて・・・確実にもう4キロほど減りました。
確かに痩せたい・・とは思っていたけど、一ヶ月もしないうちに4キロ・・は体に良くないので
食べようとするのですが・・・厳しい。

とにかく今は、編入の対策+体調の管理+友達との関わり(大学以外の)

を大切にしようかと思います。
やっぱり、高校の友達とかは、落ち着くから・・
同じ空間にいるだけで、ほっとする。

家に閉じこもってばかりじゃなく、誰か気の許せる友達と
同じ時間を過ごすのも大事かなぁ・・と思いました。

2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whine
読者になる
Yapme!一覧
読者になる