にわか雨の午後 

June 22 [Sun], 2008, 23:30
雨音が心地良いですね。雨のお陰で気温も下がってちょうど良いです。布団の表面が適度に冷えて,ゴロゴロしがいがあります。

テストが近いって言うのに千と千尋を見てしまいました。この映画は何か自分の空っぽの部分を埋めたいときに見たくなります。どうしても後半(の特に千尋達が電車に乗るところ)からハンパない郷愁に駆られます。凄まじいです。いつか一人で田舎の方の電車に乗ってどこまでもどこまでも行ってみたいです。付いた先が海だったり山だったりしたら尚更いいな。つまり簡単に言うと強く現実逃避したいと思っています。

また明日から学校です。早く寝て早く起きる作戦でいきたいと思います。

明日、晴れたら 

June 21 [Sat], 2008, 23:05
さっき,廃品回収の人が門標を勝手に開けて玄関まで押し入って来たのでびっくりしました。きっと母が捨てきれずに駐輪場に置きっぱなしにしていた雑誌の山が欲しかったんでしょうね。何回断っても聞こえないふりをして粘ったあげく,舌打ちをして帰っていきました。なんだか怖かったです。こういうことから犯罪に発展したりしないですよね‥?こういうことに対して物凄くビビりです。

いつから私は人に対して媚び諂うようになったのでしょうか。私が私だと信じていたものは何だったのか,分からなくなりました。今私の体に罅が入ったようです。

ビックリマークって,真剣な文章の最後に一つ付けるだけでとても滑稽になるのですね。愉快ですね。

滑らない話,好きです。なんだか学校で友達と談笑してるときの雰囲気に似てませんか?そう言う楽しさが好きですね。皆さん話し方が上手ですね。本職だから当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。あんな風に噛まずに喋ったり,上手い間の取り方が出来るようになりたいです。

少し絵が書きたくなったので今日は2枚絵を描きました。今までよりずっと自分のイメージにあったものが描けるようになっていて吃驚しました。久しぶりに描いたりするとレベルアップしてるときってないですか?今までにない感じのイメージが湧いてきたので,この機会にそれを描ききってしまいたいです。

夜のY字路 

June 20 [Fri], 2008, 23:39
今,スピッツのワタリって歌が一番好きです。気持ちがこんな風に強ければ良いなって思います。理想のような感じです。後,草野さんの伸びやかな声が好きです。私は父親の影響でスピッツと宇多田ヒカルで育ってきたので,草野さんの声を聞くとすごく落ち着きます。

私の体は思っていたよりずっと,睡眠と休息を欲していたようです。哀しいくらいに体も頭も働かなくて,今日も学校を休んでしまいました。一人でいると何も考えることをしないで,ただただぼーっと時間を無駄に費やすだけだと分かっているんですけれど,体がうまく言うことを聞かないんです。後少し頑張ればいいものを頑張らないんです‥。
こんな事は高一の頃にもありました。だから解決法は知っています。だから後少し,何も言わないで欲しい。何も考えさせないで欲しい。
結局こうして逃げている。

嫌いにはなりたくないけれど好きにはなれない,複雑すぎて手に負えない,この気持ちはどこに置いたらきちんと収まるのでしょうか。

私は優しいと言われる人では無いんですよ。心から思って行動しているわけではなくて,ただ,自分の思い描く優しい人を演じているだけなんですよ。
私は心が広いわけではないんですよ。全てを許して,受け入れているわけではなくて,ただ何も感じないから,私の中に置いているだけなんですよ。
騙してしまって,ごめんなさい。

家の前の工場から,規則正しい,心臓の鼓動のような音が聞こえてきて,ギクリとしました。生きているようで,とても気持ち悪くなりました。

よくしゃべる頭です。自己完結型なので,よく鬱ぎたくなります。

汗でべたつく彼の皮膚の感触をまだ私は覚えているのです。

何でもないようにたまに煙草をふかす姿って,素敵ですね。

芸術ってただの思いつきなんかじゃなくて,自分をさらけ出すことなんですね。今の私には,とても難しいことで,したいと思っても何が出来るのだろう,と思いました。

私は最近好きなはずの音楽を聞くことがうんざりしてしまうのです。いつも最後まで聞ききることなく止めてしまったり,次の曲に飛ばしてしまうのです。けれど,原因が分かりました。私が音楽を聞くとき,いつも周りがうるさいのです。それは例えば,通学途中の電車の中の人の声や,テレビから垂れ流しの雑音であったりするのですが,私は静かな,人の吐息が聞こえるような場所で,そっと音楽をかけて聴くのが好きなんです。それに気づいた今は,忙しさにかまけて,適当に聞き流すことばかりをしたくはないと思いました。

六角ハート 

June 18 [Wed], 2008, 23:29
乗り換えた電車が始発だったので,ゆっくり広々と乗ることが出来ました。これだけでもストレスフルな毎日からすると,随分ストレスがなくなりますね。些細な幸せってやつかもしれません。

いい映画を見ました。中でも印象深かったのは,自分が周りと違っていても,それを恥じることはないと言うことと,過去も未来もない,ただ今が続いているだけだ,今日は他の日に成り得ない,という考え方でした。借りてきて見たのですが,いつか自分でDVDを買いたいと思いました。音楽もすぐに大好きになりました。何回見ても素敵な話だと思います。何回も見るべき作品だと思います。

きっと知ろうともしなかった 

May 23 [Fri], 2008, 0:37
もっとしっかり思いを言葉に乗せて出すことが出来れば、きっと楽なんでしょうね。お別れは寂しいものです。未来も分からないまま、卒業だってあっという間なのでしょう。

ケータイに文章を打ち込む作業は文字の積み木をひとつひとつ積み上げるようですね。私はよく積み上げた党を平手で崩すんですけどね。

スカートの中にパンツ一枚っていうのは涼しいですけどなんとも心許ないですね。今まで履いていた体操服のズボンは意外にスルリと脱げてしまいました。風も強いのでおしとやかに歩きます。
なかなか手を付けずに少し冷めた餃子は、私と同じ温度のように思えました。それより更に冷えた味噌汁は、いつかのホテルの朝食で、白く堅いテーブルクロスの引かれた席に座って無言で味噌汁を啜る幼い私と、向かいに座る父の優しい目を思い出させました。ただ寂しくなるような思い出は、今はあまり欲しくはないです。

試しておいで 

December 31 [Mon], 2007, 13:22
君の知らない嘘は星屑に紛れて無くなったから。
帰っておいで僕の隣に。
P R
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:whim-lair
読者になる
Yapme!一覧
読者になる