アキラキラと松島

December 09 [Fri], 2016, 11:38
看護師の職場といえば、病院という想像が普通でしょう。

しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも様々あります。

保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の仕事です。それと、福祉施設には医師常駐のところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても変わります。職場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。
産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのはほぼ不可能です。

興味がある人は看護師転職サイトを活用してください。
そういうサイトなら、産業看護師の募集も掲載されることが多いです。


看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。

また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。

未来の自分の姿を明確に思い描いて、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も数え上げておきましょう。

看護師の夜勤は、16時間などの長い拘束時間となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。



勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になる人が多いのも、長続きしない看護師が多い理由の一つかもしれません。

高校入学時に衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。


また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。



高齢化社会が進み、福祉施設でも看護師のニーズは増してきているのです。


加えて、大会社になると看護師が医務室などにもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを手がけています。

こういった場合には、その企業の社員として入社するといったこともあることでしょう。



看護師になるための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を推移しています。

看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に沿う条件での求人があるとは限らないものです。看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。


できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない場所で働きたいとほとんどの方が思っています。望み通りのところに転職するには、たくさんの情報を収集することが大切です。



修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。

病院以外の場所で働くのであれば、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウセイ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる