でも「信じて待つ」と決めたなら、焦ってたところで仕方ないもの

September 22 [Tue], 2015, 13:13

結婚年齢の幅が広がり、最近は「適齢期」といった言葉もあまり聞かれなくなってきました。しかし、どうしても出産年齢を考えると、「結婚を急ぎたい」と思ってしまう女性は少なくないと思います。女性用媚薬総合トップの最新コラム 相談を見ていても、「今すぐに結婚したい女性」と「まだ先でいい、と考えている男性」という結婚の”時差”問題は非常に多く見られます。この時差が原因で別れるケースもありますが、とはいえ、好きな彼を「今すぐ結婚できないから」という理由だけで切り捨てるのは、かなり苦渋の決断でもありますよね。「結婚はまだ先で」と彼に言われたら、待つのか、待たないのか。皆さんならば、どうしますか?

時差があっても、その彼を待ちたい場合の心がけ
10年前に人気を博したドラマ『anego』でも、「今すぐ5分で結婚したい33歳OL」と「あと数年は遊んでいたい22歳男子」という“時差カップル”が描かれていました。ドラマでは、主人公が若い彼の成長を待つ形で終わっていましたが、原作の小説では二人は結ばれず、彼のほうは若い女性と結婚するという結末でした。ドラマ版の脚本家・中園ミホさんも「原作のほうがよっぽどリアル」と述べ、“時差カップル”の現実の厳しさを指摘しています。

それでも、「この人しかいない」と強く思えるとか、「いつか必ず結婚しよう、と言う彼を信じたい」という場合。「彼を待つ」という選択をするならば、以下のような心構えを持っているといいのではないかと思います。

1)「年齢」にとらわれない精神を育てること
2)出産については悩みすぎず、目下は「健康体をキープすること」に励む
3)家、女友達、趣味など、精神的に「拠るべきもの」を持っておくこと
4)できるだけ親の心配を減らせるよう、働きかけること
5)もし別の男性から求婚されたときには、その都度、自分の結婚願望と相談すること

まずは1から。年齢が上がっていくと、「この彼ともし結婚できなかったら、もう自分を選んでくれる相手はいないかも」なんて焦りを感じがちですよね。でも「信じて待つ」と決めたなら、焦ってたところで仕方ないもの。2も同様、色々と考えてしまうこともあるでしょうが、今自分にできるのは「健康な産める体をキープしておくこと」くらいです。規則正しい生活をして、とにもかくにも健やかでいることを目指しましょう。

続いて3。万が一にも結婚が叶わなかったときに「人生のすべてを失った」などとならないよう、彼だけに執着しない生き方は身につけておくこと。自分の足で立つ訓練はしておいたほうが、精神衛生上いいと思います。4については、「我が子の幸せ」を願う両親を心配させないよう、結婚がまだでも幸せに元気に生きている姿を見せる、この彼なら大丈夫だと安心させる、といった配慮はできるだけしておきましょう。最後5、「彼を待つ」と決めたとしても、もし別の結婚のチャンスが到来したときには、自分の幸せをしっかり優先させて決断する、くらいの姿勢は持っておいていいと思います。

「時差があるなら待たない!」という場合の心がけ
続いて、時差があるなら待たない、つまりすぐには結婚できない彼とは別れ、結婚のタイミングが合う男性を新たに探そう、という場合。この場合は、以下のような心がけがおすすめです。

1)別れる理由はきちんと告げ、すっぱり別れるなり、距離を置くなりすること。<
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wgweherhrt
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wgweherhrt/index1_0.rdf