軽規格廃止B

January 17 [Tue], 2012, 2:57
米国が米国の経済を守りたいが為の米国による日本の法律改革B改悪mかにね。
米国の広大な現時唐ナの広大な白nでは、350kg積載の軽トラでは役不足だなぁ。
その軽トラを日本は米国では市場とは思ってない筈多分だって、メタボ野郎2人で積載重量に達するもんね。
そういった市場に日本の自動車メーカーは参入している訳で、それが米国にとっては大迷惑って事なんだなぁ。
米国自動車産業は大きな車を造る。
日本の自動車産業は大きな車も造る。
そういった中で、米国人は選択肢が出来るのである。
では、日本はどうか狭い道路、山間部の橋脚や路面は軟弱な場所は少なく無い。
軽規格の大きさでさえ、ヒヤヒヤする場面も少なく無い。
そうなんです。
米国さん。
日本人にはその軽規格以下の車しか選択出来ない場所が少なく無い。
っと言えば仕方なく割と割高であっても、実質的なエコに反してもその車を手に入れないといけないのです。
そこで米国ビック3の車屋流出画像さんに提案。
現状の軽規格サイズで、いまの日本の軽四より安くて壊れ無くて経済的で洗練された車なら、日本人の選択肢も増え、高圧力の政治手腕の手助けを受ける事無く、経済活動できるのではないかいな。
日本の為にも頑張ってくれ。
言わずして米国の為でもあるから。
日本の軽は不合理廃止を米自動車大手読売新聞01月14日2138mediaid20
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wfv13kyq33
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wfv13kyq33/index1_0.rdf