誰が正義か

July 17 [Tue], 2012, 0:15
なんだかこの事件は本当に色々考えさせられます。
確かに被害者の子どもはとても痛ましい亡くなり方だったし、遺族の方の気持ちも僕達の想像を絶する物だと思う。
でも一方で気になったのは、拡散希望なんてタイトルで加害者の住所、名前、顔写真、関係者の個人情報をネットに晒して、且つこいつらは犯罪者だから一生涯糾弾されるべきだなどのメッセージ。
この事件に対する怒りや悲しみ、学校や教育委員会に対する不信などは僕だって感じてます。
子どもだからって許される事でないのもわかってる。
でもそれとこれとは別問題。
一時的な感情に身を任せ、正義の鉄槌を自分達で下しているつもりなのか。
ネットワーク上でなら何をしても良いと考えているのか。
加害者を擁護するつもりはまったくないですが、もしこのネットワークを介した情報の拡散を機に加害者の子どもや家族が亡くなったら、自分達もその陰湿な加害者の一部になるのだと思います。
実際、被害者の同級生の中にも、傍観していた事を後悔している子どももいると聞きます。
自分も加害者ではないのかと悩んでいると聞きます。
人の生死を軽く語る事。
誰が死ぬべきで誰が生きるべきなのかなんて決して誰にも決められません。
残念ながら昔も今も、そしてこれから先もいじめはなくならないと思う。
でも減らす事や手を差し伸べる事は出来る。
正義という言葉の意味を取り違えると、とても恐ろしい事に繋がります。
言葉を刃物として軽く振りかざすのではなく想いを伝えるために、ネットワークはその意志を共有するために使って欲しい。
これ以上、こんな痛ましい事件が起こらないためにも。
自殺前の2週間処女にいじめ集中、アンケートで判明読売新聞07月13日0750mediaid20
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wflk9jn94z
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wflk9jn94z/index1_0.rdf