心が読める?

August 02 [Thu], 2012, 21:08
さて、自分は、最近は少なくなってきたのですが、心に思った事はどこかで記録されてたり、心理分析をしたら必ず、思った事の真相がわかると、信じている節があります。
まあ、これが、統合失調症にある主な症状なのらしいです。
でも、最近は、プライベートを大事にしてることもあって、絶対、自分の思考は理解できないだろうと思ったりしています笑ゲームで必死に真剣に限界までレベル上げとか普通の人が見ても理解できないですもんね。
さて、それはともかく、実は、うつが治り始めると、どうやら、人の心が若干読めるようになります。
これは、一字一句思った事を言い当てるとか、たまに偶然にシンクロするとかではなくて、接し方の部分での読心という部分です。
例えば、完治後の人が、今、ちょっとだけうつなんですよと伝えると、帰ってくる反応で、うつについて知っているか、理解してるか、心得ているかなど、ぱっとわかってしまいます。
ただ、うつについて知らなくても、それでも優しさを持ってる人がいたりするのも事実です。
ようするに、うつというモを通して、優しさがわかるというのが心が読めるという意味合いかもしれません。
もうちょっと詳しく言うと、今、ちょっと気分が落ち込んでてと、遠まわしにうつであることを伝えると、鬱について理解のある優しい人は、探偵オペラミルキィホームズ今は仕方ないよというスタンスでしゃべってくれます。
鬱について理解のない優しい人は、私にはわからないけど、ゆっくりやればいいよと言います。
それでいて、無意味にがんばれとは何気に言いません。
鬱について解らなく自分で精一杯の人は、私もがんばってるからあなたもがんばってと励まします。
鬱について解らないで冷たい人は、気合いでなんとかなる、甘えるなと言います。
と、まあ、ざっくり解りやすい回答にしてますが、これらのパターンに当てはまるカテゴライズがたぶん、うつというワードひとつで、人の心を読みすかすことが出来ることがあり、これが何に役立つかと言うと、ズバリ、人の優しさを知れるというところです。
鬱になる人は、よくいわれるのは、自分に厳しく、孤独を感じ、絶望してる時が、うつのループ状態なのですが、理解のある優しさが増えれば、最近ニュースで多い、うつを通り超えて、すぐに自殺してしまう件なんかも、かなり防げると思います。
ようするに、ボクが思うのは、人を理解してあげることの大切さがわかるそれが実は、うつなのです。
ボクがどうしてうつになったのか、要因が多すぎて、いまだにどれが原因なのかわかりませんが、きっと、この人を理解してあげることの大切さを学ぶためになったと思っています。
人の心が読めるというタイトルですが、結局のところ、人の心は、他人からは、解っても、1ミリもしくはそれ以下くらいしかわからないものです。
でも、理解するスタンスがあれば、きっと、ゼロにはなりません。
もっと、優しく人とコミュニケーションがとれるようになれたらいいなと思うDJふっしーなのでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:wfcjsvxgzi
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wfcjsvxgzi/index1_0.rdf