泳ぎの上手な人でも溺れると沈む

July 02 [Tue], 2013, 16:19
いったん溺れてしまうと、泳ぎの上手な人でもブクブクと沈んでいき、もはや水に浮いていることすらできなくなります。

 しかし、子どものころ、水泳を習うときには、人間のからだは基本的に本に浮くと教えられました。それなのに、いったん溺れてしまうと、その。基本さえもができなくなるのです。

 なぜかというと、これは肺にまで水が入ってくるためです。人間が水に浮くことができるのは、肺に空気をためているからです。肺に空気が入った状態なら、人間のからだは本の比重よりもかなり軽くなります。いわば肺の空気が、魚の浮き袋のような役割を果たしているわけです。

 ところが、溺れた状態では水を飲み込んでしまうため、肺から空気が抜け、加わりに水が入ってきます。こうなると、人間のからだは水の比重よりも重くなり、ブクブクと沈んでいくことになるのです。

 そこで溺れて水を飲んでしまうと、泳ぎが達者な人でも浮くことができなくなるのです。

 シトルリンXLでサイズアップしている人も体重が重くなっているかもしれませんね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:のぼるぼん
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/weweg523/index1_0.rdf