60車査定の前にはこんなことに気をつ

May 02 [Mon], 2016, 21:57

60車査定の前には、こんなことに気をつけてください。





一社のみの査定で、安易に売却してはいけません。簡単に利用できる一括査定サイトもあるので、いろいろな車買取業者を比べて損はありません。




現物査定前に、高く売れるように清掃をしておくのがベターです。





そして、現物査定の際には車検証と納税証明書を必ずチェックされるので、忘れず準備しておきましょう。車の査定は走行した距離が少ない方がプラスの査定になります。




走行した距離が多い方が車が悪くなってしまうからです。そう言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんすると詐欺になりますから、走ってしまったものは仕方ありません。



今度から、いつかは車を売りに出すことも頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。



動かなくなった車はどの買取業者であっても売れる訳ではありません。





買取してくれない中古カーセンサーの車買取業者もある訳ですから、ご承知置きいただくのが良いでしょう。





逆を返せば、走行不能者や事故車、水没車などの車を、積極的に買取してくれる買取専門業者もあったりもするのです。


専門業者に売ることができれば、価値のないように見える車でも高値で売却できる可能性はあります。いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に掃除くらいはしておきましょう。


車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。





カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。ボディがきれいなら埃を払う水洗い程度で構わないでしょう。




洗うとしても普通のカーシャンプーでスポンジ洗いすればOK。



以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、塗装ごととれる可能性もあるので、頑張り過ぎないことが大事です。


ホイール周りやルーフは汚れが残りやすいので、忘れないようにしてください。バケツの水とスポンジくらいでもだいぶきれいになります。石ハネ部分をタッチペンで修正したり、タール汚れを無理にとるのは営業さんもオススメしていません。