「国民の意思を反映」オバマ大統領、イラク新政権を歓迎

November 16 [Tue], 2010, 21:15
【ワシントン=望月洋嗣】イラクで新政権が発足することについて、オバマ米大統領は12日、「包括的でイラクの国民の意思を反映した政府になる」と歓迎する意向を示した。オバマ政権は、来年末に駐留米軍をイラクから完全撤退させる方針。3月のイラク国民議会選挙後の連立協議の遅れに気をもんでいた。訪問先のソウルでの記者会見冒頭で語った。オバマ氏は政権発足に向けて「まだ乗り越えるべき課題はある」としつつ、「イラクをまとめ、未来を築く決意を示した」と強調。主要勢力が、マリキ首相の続投による挙国一致体制で合意した点を評価した。オバマ大統領はイラクからの米軍撤退を計画通りに進める考えだが、新政権発足の遅れから、実施を危ぶむ声も出ていた。ゲーツ国防長官は、イラク政府の要望があれば、撤退期限の延期に関する協議に応じる考えを示している。
アイオン RMT信長の野望 RMTFF14 RMTFFXIV GIL
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fvfsdf
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wer2pooo/index1_0.rdf