ラクして痩せる!ただ○○するだけの超簡単ダイエット法

January 13 [Mon], 2014, 16:39
精力剤精力剤


 



好きな食べ物を我慢したくない、運動は疲れるからイヤ。でも痩せたい……その気持ちわかります。できることなら、ラクして痩せたいですよね。そんなあなたのために、とっておきの方法があります。


それはなんと、寝ること。寝てばかりいたら、痩せるどころか肥りそうですが、どうしてダイエットに効果があるのか、その理由を紹介します。



よく寝ることが飢えから遠ざける


これまでに発表された、睡眠と体重変化に関する多くの学術論文を概観すると、一つのことがみえてきます。それは、睡眠時間の少ない人は胃などから分泌されるホルモンの一種であるグレリンの分泌が増大し、脂肪をコントロールするホルモンのレプチンが減少するという結果です。


グレリンは、通称ハンガーホルモン(飢えホルモン)とよばれ、食欲を増進させる働きがあることが知られています。つまり、睡眠不足になると、グレリンの分泌が増加し、いつも“お腹が空いている”状態をつくってしますのです。


また、 レプチンは食物摂取を減らして体重減少を促す働きがあります。そのレプチンの分泌が少なくなるということは、痩せるチャンスを失わせているということを意味するのです。



必要以上のカロリーが肥る原因


なぜ、人は肥るのでしょうか。あたりまえの話ですが、生活に必要なエネルギー以上を摂取すれば、身体に蓄積されてしまいます。残念ながら、必要以上に摂取したから排泄、というわけにはいかないんです。


マリピエール医師らの研究によると、睡眠が短い人々は、より多くの脂肪分が高い食物を食べることがわかっています。睡眠時間が短いから、運動しているというわけではないため、エネルギーの過剰摂取になることは間違いなく、やはり睡眠不足が結果的に肥る原因となってしまうんです。



運動の秋とはいうものの、身体を動かすのが苦手というあなた。まずは、しっかりと眠って、ホルモンのバランスをとることからダイエットをはじめても良いかもしれません。グレリンが増加して、いつもお腹が減っている状態で食欲の秋を迎えると、ダイエットどころか気づいたら体重が増えていたってことにもなってしまいますからね。


以前に「“いいムードのお店で食事すると痩せる”科学で証明される」で紹介しましたが、リラックスできる居心地の良い環境で食事をすると痩せることがわかっています。食欲の秋、カレとゆっくりと食事を楽しんで、しっかりと睡眠をとる。それだけで、ダイエットに効果的なんです。



【ダイエット特集】


※ 絶対やめて!ものすごく不健康なNGダイエット法トップ10【前編】


※ 絶対やめて!ものすごく不健康なNGダイエット法トップ10【後編】


※ ダイエットを頑張っても「体重が減らない本当の理由」10個【後編】


※ ダイエットを頑張っても「体重が減らない本当の理由」10個【前編】



【参考】


※ Marie-Pierre St-Ongeら(2011)『Short sleep duration increases energy intakes but does not change energy expenditure in normal-weight individuals』(The American Journal of Clinical Nutrition)


※ Sanjay R. Patelら(2006)『Association between Rシアリス 通販ucシアリス Sleep and Weight Gain in Women』(American Journal of Epidemiology)

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/weqewd1sqa/index1_0.rdf