外相会談 ウクライナ問題、冷え込む独露 OSCEの

November 20 [Thu], 2014, 12:32




,プラダ財布スーパーコピー


 【モスクワ支局】ドイツのシュタインマイヤー外相は18日、モスクワでロシアのラブロフ外相と会談し、ウクライナ情勢について協議した,プラダ財布スーパーコピー。会談後の共同記者会見で、シュタインマイヤー氏は「現状を楽観できる根拠はない」との認識を表明。一方、ラブロフ氏は親ロシア派勢力がウクライナ東部で今月2日に強行した独自の「首長・議会選挙」の結果を考慮すべきだとの見方を示し、双方の意見の相違が浮き彫りになった。



 両外相は、親露派勢力の支配地域の境界線を明確に設定することや、欧州安保協力機構(OSCE)による停戦監視の必要性などでは意見が一致した。



 シュタインマイヤー氏はウクライナ情勢の緊張緩和を目指して訪露した。メルケル独首相は17日、訪問先の豪ブリスベンで、プーチン露大統領は「古い考え方」を持っているなどと非難。ロシアの行動は「決して成功しないと確信する」などと述べていた。独露の間では最近、両国に駐在する外交官を相互に追放し合う事態が起きたとされる,プラダ財布スーパーコピー



 ウクライナ東部では親露派の選挙実施以降、戦闘が再び激化。同国政府は9月の和平合意に違反しているとし、親露派の支配地域に大幅な自治権を付与した新法を今月14日付で撤廃した。ウクライナ政府は18日、和平合意以降、140人以上の同国軍兵士が死亡したと発表した。