ニキビ痕を残さないようにするためには?

December 28 [Sun], 2014, 16:53
ニキビ痕を残さないようにするリプロスキンとは?



ご存知でしたか?

ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水に
「リプロスキン」という化粧水がありリピーターも増えているようです。

ニキビ跡にずっと悩んできた方には、
この化粧水は朗報です。


ニキビ痕の肌トラブルを具体的に挙げますと、

・ニキビのできた部分が赤くなり、数が多いと顔全体が赤くなる。
・シミや黒ずみが痕として残る場合があります。
・同じ箇所にできるニキビをつぶしたりして、顔にデコボコができる。

など…、

このような肌のニキビ痕は、
人の目にも目立つので、化粧だけでは隠し切れない、
という場合が多いようです。

そうならないようにするのは、
なかなか自己療法では難しかったりします。
市販薬でも、肌の相性があるため、
余計悪化するということもありえるようです。



「リプロスキン」の成分は、
当然日本製で、無添加で医薬部外品となっている、
導入型柔軟化粧水です。


ニキビが治った後の顔の不安を解消することができるうえ、
外出時や、お化粧にも手間取らない綺麗な肌を取り戻す作用が期待できます。


とりあえず試してみて、効果が高いと感じたら、
そのまま継続して使用することができるだけでなく、
初回限定の場合において、
60日間の返金保障が付けられています。


ちゃんと効果が期待できる化粧水であるからこそ、
返金保障というサービスを付けて、使ってみて欲しい、
ということです。



ニキビ痕を残らないようにするには、
まず、専門医に行って正しい治療を行うか、
このリプロスキンをつかってみるのも良いでしょう。

リプロスキン



やっかいな肌トラブル・ニキビ跡3

November 18 [Tue], 2014, 20:04
やっかいな肌トラブル・ニキビ跡3



ニキビを発生させる要因は8つあり、
それらを分類分けすると、

・心理的要因
・物理的要因


の二つがありました。

前回は心理的要因のストレス緩和について説明しました。
今回は物理的要因という部分についてです。

「物理的要因」は目に見えて実行することが可能な方法が多いです。

たとえば、人間の体には体温調節機能が備わっており、
発汗などがその一例ですが、

エアコンなどで、その季節を無視する室温調整が、
逆に人間の体の体温調節機能を狂わせ、
自律神経が正常に働かないといったことです。
それだけでなく、やはり季節の変わり目でも、
気温の上下によって自律神経に良い影響を
与えないといったことがあります。

それから、物理的な要因として、満員電車、騒音、悪臭など、
仕事に起因するものも含まれます。

仕事に関係する要因はどうしても避けることができなかったりします。
そういう場合はできる限りそういった環境に身をおかない
ようにするしかないです。

一番の対処法は、寒暖差がある場所では、
着る物を変化させるなどして、常に体温を一定に保つ
ようにするなどが理想です。

それから、顔が汚れたり、汗をかきすぎたりすると、
空中に浮遊するばい菌などが、顔に付着したりします。

こういう場合は、
顔を洗うなど衛生的な状態を
肌に与えること
が重要と言えます。



では物理的要因を除くにはどうすればよいのか?
その対処法として、

寒暖差がある場所の移動はなるべく避ける、
温度変化を考慮した服装を心がけるなど
といったことに注意するだけでよいと思います。

洗顔も汚れたり、外出から戻ったときは、
なるべく行うようにするとよいです。


この寒暖差による物理的要因は、
自律神経の安定がそこなわれて、交感神経が活発になり、
男性ホルモンが増加して肌が固くまっていき、
皮脂の多い『ニキビが出来やすい状態』
になってしまう体質に変化するということです。

物理的と言っても、人間の体の内部に与える影響なので、
おろそかにせず対処する必要があります。

リプロスキン


(続く)


やっかいな肌トラブル・ニキビ跡2

November 18 [Tue], 2014, 19:21
やっかいな肌トラブル・ニキビ跡2



ニキビを発生させる要因は8つあり、
分類分けすると、

・心理的要因
・物理的要因

の二つがありました。

まず、ニキビを予防するのがベストと考えましょう。

予防という観点からすると、
「心理的要因」を減らすことがまず大事になります。

そして厄介なのがストレスです。
これによって交感神経が刺激され余分な皮脂分泌を促してしまい、
ニキビができやすい脂漏性の肌になっていくことが問題です。

しかし、現代社会でストレス無しの生活なんか無理!
と思われる方もいらっしゃると思います。

まずは予防するという観点からストレスを溜めないような
生活スケジュールを決めることが需要です。
まあ、あたりまえですね。


ストレス対処には様々方法があります。
そのなかで基本的な対処法が3つあります。

・Rest(休息)、
・Relaxation(リラクゼーション)、
・Recreation(レクリエーション)、


この3つを実行することでストレスを緩和させるのです。

・十分な睡眠と規則的な睡眠サイクルを維持すること。
・適度に運動し代謝を良くする体にしていくこと。
・趣味の時間に没頭すること。


これら3つ方法を3Rと呼ぶようです。
これらを意識するだけでだいぶストレス緩和に役立ちます。

理由はこれらの行動によって、人間の副交感神経が優位に働きます。
副交感神経が働く状態が上記の3Rなのです。

人間はストレスを感じているとき、交感神経が働きます。
これを防ぐため副交感神経を働かせてあげることで、
ストレスを緩和できるのです。

リプロスキン



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リプロスキン降臨
読者になる

リプロスキン降臨
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リプロスキン

リプロスキン