エンジンルームについて

July 13 [Wed], 2011, 12:03
ドライブのデートをしていれば、初めてのデートでトラブルになるかはわかりませんが、きちんとした普段の車のメンテナンスによって、トラブルは未然に防げるものもあることでしょう。車の整備は基本的には定期的に行い、運転の際などには点検するなどして、良くない点があるならば改善していかなければなりません。車を所有しているとこうしたことは当たり前になってきて、車が好きな人はカーショップへ行って必要なものを買ったりして自分で行います。時間がない人や面倒な人は販売店へ連絡してやって貰うことになります。

それでもやはりトラブルは起きてしまうもの。それはある意味では仕方がないことで、走っていれば当然車という機械を使っているのですから当然です。オーバーヒートもそんな避けがたいトラブルの1つでしょう。オーバーヒートしてしまった場合には、まずは通行の邪魔にならない場所に車を停車します。そしてボンネットを履けてエンジンなどがあるエンジンルームを冷やします。風などがあるといいです。エンジンは特に切らないで、そのままでエンジンルームを冷やします。

注意点としては、エンジンルーム内のファンが回っている場合にはエンジンは切らないままにしておきます。ファンが止まっている時にはエンジンも切ります。そしてラジエータ、リザーバタンクのふたはエンジンが冷めるまでは開けないようにします。こうしたトラブルの際にもきちんと対処できるようになっておくのが望ましいドライブの作法とも言えます。



SNSで出会おう



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あきあきっぽ
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/wekoe1/index1_0.rdf